こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

PCに古い写真のとりこみ整理

フイルム時代の古い写真が多くあるので、プリンター(EPSON EP-808)にスキャンして保存する。再度、きれいな写真として印刷するという方法は取れますか。
また、何かそのようなソフトとか色、シミなどをとる修復するソフト(できればフリーソフト)というのはありますか。
システムはWindows10です。
宜しくお願いいたします

投稿日時 - 2019-05-04 09:36:33

QNo.9613372

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

退色復元までならプリンタに付属しているアプリケーションでできます。

Colorio活用ガイド「昔の写真、もっときれいに楽しもう」
https://www.epson.jp/products/colorio/guide/fukugen/index.htm

シミを取るとなるとフォトレタッチソフト(Adobe Photoshop ElementsやCorel PaintShop,GIMP等)が必要ですが、高機能過ぎて勧められません。

もし大量ならサービスを利用する方法もあります。プリントされた写真でも、ネガフィルムからでも可能です。下のURLは富士フィルムとキタムラのものです。

http://fujifilmmall.jp/conversion/scan/
http://fujifilmmall.jp/conversion/scan_film/
http://www.kitamura-print.com/cd_writing/negaphoto_cd/

投稿日時 - 2019-05-04 11:35:44

お礼

良いことを教えていただきました。
勉強不足で知りませんでした。
大変ありがとうございます。

投稿日時 - 2019-05-04 18:30:40

ANo.5

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

個人的にはGIMPがお勧めです。
https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/gimp/

それと取り込む時は
解像度(dpi)を上げましょう。
多少は容量は食いますが
画面が大きいと何かと良いですよ。

投稿日時 - 2019-05-04 11:34:50

お礼

素晴らしいです。
大変ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-05-04 18:32:30

ANo.3

>「きれいな写真として印刷するという方法」
印刷用紙の大きさが判りません。(Lサイズ~A4)

また、「フリ-ソフト」も数多く有りますが、一長一短なので、世界的に有名な「フォトショップ・エレメンツ(1.2万円位)」をお薦めします。

投稿日時 - 2019-05-04 11:23:08

補足

そうですね。
印刷用紙はその写真に合わせてサイズ決めたいと考えています。
L版~2L版くらいが多いと思います。

投稿日時 - 2019-05-04 18:34:46

お礼

「フォトショップ・エレメンツ」調べてみます。
良い情報をありがとうございました。

投稿日時 - 2019-05-04 18:35:36

ANo.2

1~4万円くらいで、写真用のスキャナーが売ってますからそれを購入してスキャンすればいいと思います。プリンターのスキャナーはそんなに性能は良くないです。画質が悪くても残せればいいというのならいいと思いますけどね。
ネガが残っているなら、ネガからスキャンしたほうがずっと画質はいいですよ。紙に焼いたものはいうなればコピーしたものですからね。必要なアプリはスキャナーに添付していると思います。

ただプリントし直すなら、昔の紙焼きのほうが味があるんじゃないかなと思いますけどね。昔のお店プリントで使われていたプリンターって、なんだかんだで一千万円もするような機械だったんですよ。今のプリンターって6色プリンターでもせいぜい数万円でしょ?

投稿日時 - 2019-05-04 11:11:28

お礼

そうですか。
写真用スキャナー検討してみます。
推奨メーカー、製品などあれば教えてください。
大変ありがとうございます。

投稿日時 - 2019-05-04 18:38:51

ANo.1

簡単に言ってしまうと、画質は劣化すると思います。

写真をスキャンしたものを再度印刷する事は可能です。

質問の根幹にあるのはアナログとディジタルの違いですが、アナログとは五感で感じることができるものそのものです。
ディジタルは、決まったルールに当てはめたものと考えると良いと思います。

ディジタルのメリットは決まったルールに基づいたデータになるので、ディジタルからディジタルであれば劣化することがなく無限にコピーが出来るところです。

アナログからディジタルとなるときのイメージですが、決まった大きさの四角形に切り分け、それぞれを決まった色で塗りつぶした情報に変えます。

極端な話、資格の大きさが写真より大きく、色が白と黒の二色しかないルールでディジタルにしたら、白か黒の四角になってしまいます。

これでは困るので、四角を出来るだけ小さい四角に、色を出来るだけ多い色になるようにしたのがスキャナーです。

つまり、性能で出来る限りの細かい四角でしか切り分けられないから、その中間の微妙な違いはなくなるし、無限な色もないので、存在しない色は近い色に置き換えられます。

性能が高いものほど、アナログの元のものに近づくことになりますが、同じになることはありません。

質問にあった、『きれい』という表現ですが、こちらは人間の感覚でしかありません。

人によりきれいだと感じたり、劣化したと感じたりします。あなたがどう感じるかはわからないので、まずは一枚試されるのが良いかと思います。

画像を修復するソフトは、まずは標準の『フォト』を試されてはいかがでしょうか。

下記は参考です。
https://dekiru.net/article/13631/

こちらも含めてシミの気になる元の写真を使って編集し、印刷してみるのが一番です。

投稿日時 - 2019-05-04 10:24:21

お礼

これは良いものを教えた頂きました。
大変ありがとうございます。

投稿日時 - 2019-05-04 18:41:47

あなたにオススメの質問