こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

EaseUs Todo Backup 復元できない

EaseUS Todo Backup Free 9.2で
バックアップしたデータが復元できなくて困っています。

以前にWindows10のCドライブ全体を
EaseUS Todo Backup Free 9.2
でシステムバックアップしましたが、これを、
本ツールのブートディスクで復元しようとしたら
The layout of original disk is not the same as to target
disk, please recover to an empty disk or you can use the
feature of Disk and partition recovery to recover system.
というエラーになり復元できません。

復元先のディスク全体は1つのパーティションになっていて
データを消した状態でも上記のエラーになります。
試しに、ディスク全体を未領域にしてみましたが
そうすると認識されなくなり復元先として選択できなくなります。

復元先のディスクは1つのパーティションですが、
Windows10はデフォルトでCドライブが
プライマリ(ブート)
システム予約
未割当
の3つの領域に分かれています。
(バックアップ時の各領域のサイズは不明)

このような場合、どのようにすれば復元できるのでしょうか。

投稿日時 - 2019-05-03 18:18:08

QNo.9613178

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

<バックアップした時のディスクの状態

それはディスククローンなのでパーティション復元とは少し違いますよ。

あくまでパーティション復元はバックアップしたパーティションを上書きまたは作成なので、システム領域であるBIOS領域のパーティション復元をしても新たに「システム領域」のようなパーティションを作ったに過ぎず、起動領域フォーマットしなければ起動可とはなりません。
システム領域として認識されているBIOS領域に対して上書きした場合は認識したまま復元されるので問題はないのだと思います。
わかりにくいとは思いますが簡単にはそんなところです。正確に書くと混乱すると思いますので下に書きます。

領域作成後の調整を自力でできないなら、windowsを新規インストールするのが一番かんたんです。
https://tb.rg-adguard.net/public.php
ここでバックアップしたものと同じバージョンのISOをダウンロードし、インストールディスクを作成(windowsの起動が必要)して新規インストールした方が安心できます。
復元はそのあとです。

リカバリー(購入時復元)なら知識も何も必要とせずに元の状態にもどせますが、リカバリーディスクを作っていないなら上記では、多少は知識と起動可能なPCが必要です。

そのほかに、windows復元ディスクを作成してあれば、準備も知識もいらずにこれだけですべての修復が可能になっています。

windows10のビルド番号の上位2桁(19〇〇の19の部分)はメジャーアップデートといって、以前のwindowsのバージョンのような7→8や8→10といった別バージョンなので、古いバックアップが戻せないことの方が多いです。(パーティションを消す必要がある)
さらに、システムパーティションを削除した場合は起動できなくなる上に、復元してもBIOSに認識させないとシステム領域として働きません。認識させたとしてもドライブ構成が以前と違えば起動できない。
EaseUSのシステムバックアップでは、重要な起動ドライブシステム情報を消すわけにいかないので、消してしまったシステム領域が正常でない場合は復元しないのではないかと思います。

ここまで書きましたが、説明が必要だったのでしょうか?

投稿日時 - 2019-05-05 21:21:40

補足

詳しい説明ありがとうございます。
理解するのに少し時間がかかりそうなのでしばらく時間をください。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2019-05-05 21:56:34

お礼

Windowsのバックアップツール(*1)では、
バックアップしたデータは、
新規のハードディスク
(ディスク全体を未領域にしたもの)
に復元できますが、

EaseUS Todo Backup Freeでは、
(Windowsのバックアップツールのように簡単には)
新規のハードディスクに、
(ディスク全体を未領域の状態でも、ボリュームを作成した状態でも)
復元できないということですね。

一般に、ハードディスクが故障して起動しなくなった時は、
新しいハードディスクに復元すると思われます。

新しいハードディスクには復元できない
(余分な手間をかけないと復元できない)
EaseUS Todo Backup Free
ではなく
新規のハードディスクにも復元できる
Windowsのバックアップツールで
バックアップするようにしようと思います。

ありがとうございました。


(*1) 設定/更新とセキュリティ/バックアップ/[バックアップと復元]に移動/システムイメージの作成

投稿日時 - 2019-05-12 11:08:09

ANo.5

話が戻りますが。

>復元先のディスクは1つのパーティションですが、
Windows10はデフォルトでCドライブが
プライマリ(ブート)
システム予約
未割当

これは物理ドライブが1つで、パーティションが2つで、未割り当てが1つで、論理ドライブが1つですよ。

パーティションを全部消してしまったんですよね?
起動領域と管理領域も消してしまったのなら、PCのリカバリーが必要です。
別の起動可能なPCがあればリカバリーしなくても修復ディスク作成から復帰できますが、クリーンインストールで起動環境を修復するのが先です。
システム領域は絶対消してはいけません。

投稿日時 - 2019-05-05 11:43:58

お礼

回答ありがとうございます。

EaseUS Todo Backup Freeの仕様の確認ですが、

EaseUS Todo Backup Freeは、
バックアップ時に、
通常のデータ領域とシステム領域(起動領域、管理領域)のデータと
これらの構造をイメージとしてバックアップして、
復元時に、
このイメージ通りの構造に、
通常のデータ領域とシステム領域(起動領域、管理領域)のデータが
復元されるのではないのでしょうか。

EaseUS Todo Backup Freeでは、
新規のディスク(1つのパーティションの状態)に対して、
バックアップした時のディスクの状態
(物理ドライブが1つで、パーティションが2つで、未割り当てが1つの状態)
に復元することはできないのでしょうか。

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2019-05-05 19:14:46

ANo.4

システムバックアップのイメージとしたら、現状の不具合のあるOSに上書き復元になるのでしょうか。
起動できない場合でもOSがインストールされているパーティションへの上書きになります。
まずはためしてみましょう。
windows10 を新規インストールしてから復元してみてください。

バックアップファイルを再バックアップすることもできますが手間がかかる最終手段になります。
これはwindows10(別のPCでもいい)上で、EaseUSでバックアップファイルをマウントして、マウントしたドライブをドライブバックアップしてアンマウント。PCをEaseUSで起動しドライブバックアップしたパーティションを復元します。
マウント中はパーティションサイズを変更することができます。

バックアップファイルをマウントできない場合は、バックアップファイル内のパーティション部分を仮想ディスク形式に変換する必要があります。
仮想ディスク形式であればパーティションを直接上書きできますが、起動システムが作成されないのでwindowsをインストールしてから起動パーティションに上書きすることになります。

投稿日時 - 2019-05-04 22:27:24

お礼

回答ありがとうございます。

>システムバックアップのイメージとしたら、現状の不具合のあるOSに上書き復元になるのでしょうか。

ディスクの管理でいったんボリュームを削除してハードディスク全体を未割り当てにした後、再びハードディスク全体を新しいシンボルボリュームを作成した、フォーマット直後の何もデータがない状態のハードディスクへの復元です。
これは、今回の不具合とは関係ないのかもしれませんが、以前、
古いOSが残っていると復元がうまくいかなかったことがあり、
ディスク全体をまっさらな状態にしたら復元ができた経緯がありましたので
それ以後は、まっさらな状態にしたディスクへ復元するようにしています。

>windows10 を新規インストールしてから復元してみてください。

Windows10はWindows7を無償アップグレードしたもので、
このアップグレードした直後にバックアップしたデータしかありません。
新規のwindows10のデータはなく、このバックアップデータが、
Windows10の最初のデータになります。

>起動できない場合でもOSがインストールされているパーティションへの上書きになります。
から
>windowsをインストールしてから起動パーティションに上書きすることになります。
までの部分(特にマウントとか仮想ディスク形式に変換する部分)がよくわからないのですが
(何をしたらよいのかがよくかからないのですが)

これまで、(マウントや仮想ディスクを意識しなくても)
Windows7では、今回と同じ手順で、
バックアップと復元が問題なくできています。
(Windows10になってから復元ができなくなっていますが?)

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2019-05-05 00:00:19

ANo.3

もしかして復元先を間違えていませんか。
EaseUSで起動したとき、復元先のドライブレターはCとは限りません。
ドライブ名ではなく領域サイズで確認してください。

投稿日時 - 2019-05-04 16:26:59

お礼

回答ありがとうございます。

PCにはバックアップデータのあるディスクと
復元先の空のディスクの2台のみを接続しています。
ブートディスクで起動した後、
最初にバックアップデータのあるディスクの中の
復元するバックアップデータを選択しますが、
この時に2つのドライブが表示されるので
データのあるドライブと空のドライブを確認しています。
次に復元先として空のドライブの方を選択していますので
復元先を間違えているようなことはありません。

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2019-05-04 18:17:00

ANo.2

ググってみたけど、手順には間違いはないですよね。
対策があるとしたら、現バージョン11.5で試してみるぐらいしか思いつきません。
https://jp.easeus.com/backup-software/free.html

投稿日時 - 2019-05-04 03:28:32

お礼

回答ありがとうございます。

11.5でもメッセージは違いますが同じ個所でエラーになります。
Not enough unallocated space on the target disk. To make sure
the boot ability of target disk, please delete partitions on there
first.  (0x1B417975)

このメッセージでは、容量が足りないと言っていますが、
バックアップ前の容量はディスクの3分の1程度の容量で、
復元先のディスクの容量はバックアップ前のディスクと同じ容量で、
全体を未割り当てにした後にシンプルボリュームを作成した
直後の全く空の状態です。

また、このメッセージでは、
パーティションを削除するようにも言われていますが、
パーティションを削除するとは未割り当てにするという意味でしょうか。
未割り当てにすると復元先のディスクが検出されなくなり選択ができなくなります。

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2019-05-04 14:02:38

ANo.1

ディスクの起動領域の形式が切り替わっているのかもしれません。
MBRとGPTが切り替わっていませんか。

ディスクをMBRまたはGPTに初期化する方法
未割り当ての新しいハードディスクはWindowsディスクの管理とMiniTool Partition Wizardの両方で行うことができます。

投稿日時 - 2019-05-03 22:32:28

お礼

回答ありがとうございます。
バックアップ元のディスクも、
復元先のディスクもMBRです。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2019-05-04 09:27:13

あなたにオススメの質問