こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

メモモーション分析の語源

メモモーション分析の語源は何でしょうか?
メモモーション memomotion は低速度撮影?という意味なのかもしれませんが、
memoの語源がどう関係しているのか、わかる方教えていただけませんでしょうか。

投稿日時 - 2019-05-01 20:43:55

QNo.9612593

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

memo- の部分は、いわゆる memo (メモ) に通じるものがあります。メモは、後で参照するために用いられます。memomotion も、コマ送りが通常より多いので、一瞬のことに見える事象でも、その間の対象の動きや変化を後で確認することができます。体操選手の演技なんかでも、素人目には一瞬のこととしか見えないのですが、スピードを遅くした再現映像を見ると繰り出されている技を、なるほどと納得できたりしますね。あれも一種の memomotion といえるかもしれません。で、memo の部分は、要するに 「記録」 という意味合いがあります。memorandum という英単語は memorandus というラテン語が英語に入ったものなのですが、memomotion はその -randus の部分を -motion (動き) に置き換えた造語になっています。

投稿日時 - 2019-05-01 22:11:51

補足

一応、経営管理の動作研究の分野で出てくる、memomotion は低速度「撮影」(そのまま通常速度で「再生」すると、高速回転という結果となる)という意味になっていいます。例)
https://www.youtube.com/watch?v=wahI4wlcX8I
逆が、micromotion(高速度撮影→結果として、低速度再生)ということです。
で、memoには(この場合は、撮影において、かと思いますが)「遅い」というニュアンスがあるのでしょうか?
後で参照ということであれば、memomotionもmicromotion も同様に参照するわけですから。もし分かれば教えてください。

投稿日時 - 2019-05-05 21:22:35

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2019-05-01 23:11:04

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問