こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

これって、当たり屋?

知人が嬉しそうに話をしてきたので、聞いてみたら
道路を歩行中に前から走ってきた車にぶつけられて、人身事故となり救急車で搬送
骨折は無いものの、捻挫でしばらくは通院を余儀なくされるとのこと

でも、自分が入っている保険や相手の自賠責等で、軽く百万円以上の保険金がもらえるとのこと

事故の状況としては、
すごく狭い道に更に違法駐車車両があったので、車一台がギリギリ通れる道幅
道路右端を歩いていた知人は、前から走ってくる車が見えてはいたものの、歩行者優先が原則なのでそのまま歩いたら、やはりそのまま走ってきた車のドアミラーと左腕がぶつかったとのこと

ぶつかる前に立ち止まったりすれば余裕で回避できたけど、止まるべきは車の方
速度的にぶつかっても大怪我はしないことはわかっていたので、敢えて自分は立ち止まったりせずにそのまま歩いたら、案の定 ぶつけられた
とのこと

人身事故は初めてだそうですが、避けようと思えば用意に避けられる状況で、車が止まらず動いて向かってきているのを良いことに、敢えてぶつけられるって

しかも、大した怪我ではないのに(一応は本当に痛いらしいけど)相応の保険金をゲット

正に当たり屋って感じですが
皆さん、どう思いますか?

投稿日時 - 2019-05-01 13:50:16

QNo.9612453

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

道交法
歩行者が道路を横断しようとしているの見たら徐行しないといけない。
歩行者が道路を横断しはじめたら 停止しないといけない。
という決まりがあるのだから それを守らないほうが悪いのです。
交通弱者を守るためにあるのが道交法です。

投稿日時 - 2019-05-02 19:54:13

ANo.6

当たり屋だろうがなんだろうが、運転する側が義務を怠ったのは事実、動機はどうあれ正当な支払いと思う。

ただし、同じ事が繰り返されたら保険会社も調査をするので一回きりにしましょう。

投稿日時 - 2019-05-02 02:21:15

当たり屋でしょ

投稿日時 - 2019-05-01 16:17:36

ANo.4

まあ当たり屋的発想ですね。当たり屋としては実際に怪我してる以上未熟だし、バカのやる事としか言いようがないですが。

思ったより速度が出ていたとか、変な方向に捻られたとか、巻き込まれたとか、重篤な怪我に繋がる可能性も高い行為です。保険云々にしても、結局は保険料が上がったりと見えないコストは積みあがります。

まああえて言うなら「ラッキーだったね」とだけ。色々な意味で。

投稿日時 - 2019-05-01 16:09:51

ANo.3

「当り屋」のようですね。
だから、車の運転は、最悪の事を考えて、行動しないといけません。
「当り屋」も、最悪の事を考えるべきです。
貴方の運転中に、その「当り屋」が、目の前に出てくることも有ります。

投稿日時 - 2019-05-01 15:24:15

車一台しか通れない道路を通行者が歩いていたら、車が停車し通行人を通すのが交通ルール。
知人の行動が当然。

投稿日時 - 2019-05-01 14:40:13

お礼

ルール的には全くその通りですよね
私も車を運転する際は、そんな状況で止まって歩行者が通り過ぎるのを待ちます

知人は、そのルールを逆手に取って、保険金目当てで避けなかったみたいなんですが

投稿日時 - 2019-05-01 14:47:19

ANo.1

保険金目当てでやったわけではないようなので「当り屋」とまでは言えないでしょうが、「未必の故意」でしょうね。

投稿日時 - 2019-05-01 14:12:51

お礼

保険金目当てだったみたいです

そう聞いたら、嬉しそうにニヤニヤしてました

投稿日時 - 2019-05-01 14:31:05

あなたにオススメの質問