こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

atok2014 令和 アップデートモジュール

ATOK2014を使用し一太郎2014を利用しています。今日、「あさって」と入力したら変換候補の一つに「平成31年5月1日(水)」と表示されてしまいました。
atok2014 令和 アップデートモジュールは、提供されるのでしょうか。どのようにすれば、令和と変換できるようになりますか。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2019-04-29 08:26:40

QNo.9611681

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

Justsystem製品で対応するのは、標準サポートがある2017までの製品です。そのため、ATOK2014~2016では対応の見込みはありません。
https://www.justsystems.com/jp/info/new-era/one.html

ジャストシステムのサポート情報は以下で確認できます。保守は大体3年サイクル(または、新バージョンから2世代後、長期間後継がなければ5年程度で終わります)となります。後継の投入サイクルが早い分、マイクロソフトのOfficeより保守期間が短いのでお気をつけください。
http://support.justsystems.com/jp/list/


そのため、変換日付対応が必要なのであれば、
一太郎2019(最新版)、一太郎2018(在庫限り)を購入するか、単体のATOK2017(販売されているパッケージ版は2017迄です。ATOK for Windows単体の保守は後継品がでていないため、満了日が決まっていません。)に買い換えるか、ATOK Passport(月額制のサブスクリプション)の契約を行うことで、アップデートモジュールが利用できるようになります。

投稿日時 - 2019-04-29 09:19:10

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

#さんも仰っていますが…ATOK 2014? 古っ! おまけに、サポート終了です(ジャストシステム個人向けパッケージ製品のサポート期間は、発売日から3年か、販売終了から1年のどちらか遅い方です)。

諦めて、買い切り最終バージョンのATOK 2017を買う(いつまで販売するかは不明です)か、ATOK Passport契約するか、一太郎2019買ってきて、そっちに同梱のATOKを使う事!

投稿日時 - 2019-04-30 07:12:45

あなたにオススメの質問