こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

回答受付中の質問

価値のない土地の相続

質問お願いします
私たちが住んでいない場所の人も住めない田舎の駐車場や農地にも出来ない価値のない無意味な土地があります
現在登記簿は父となっております。(父の父から譲りうけたものです)
毎年固定資産税を払っています。
父も高齢になり相続についてや土地について考えはじめています
土地だけ相続放棄は出来ないということで…

万が一の話です
父 母 兄 弟 の家族です

父が死ぬとして 相続をする場合 土地は配偶者である母へいくのでしょうか?
それとも母50 兄25 弟25とかになるのでしょうか?

投稿日時 - 2019-04-24 15:42:00

QNo.9610106

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

土地というものは、「共有」にしておくと、代を重ねるにつれて厄介物になります。何らかの理由で区画整理などを使用にも、相続人が多数いるとその消息を突き止めることが非常に困難で、すべての承諾を得ることなどほぼ不可能になります。存命中に主だった財産を分与してもらい、亡くなった後は全員が土地を含めて相続放棄するのが最善の策だと思います。直前なら相続逃れと勘繰られる可能性もありますし、一度にあまりに多いようだと贈与税の対象にもなりますからなるべく早く取り掛かることをお勧めします。

投稿日時 - 2019-04-24 16:59:19

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2019-04-24 17:25:31

ANo.4

僕からも書かせてください、よろしくお願します。

土地だけ相続放棄は出来ないということで…
ということですから
財産は、土地だけじゃない・・・と思いました。

ご指摘の 母50 兄25 弟25 は、目安
と考えてもいいかもしれません。
父の残した財産は、土地しかなくて
その土地について、母・兄・弟でしっかり話をしなかった。
それだったら、こんな割合になり
土地は、3人の共有財産ですよ。

のようなこと。

https://ja.wikibooks.org/wiki/%E6%B0%91%E6%B3%95%E7%AC%AC907%E6%9D%A1

この 民法900系、907条には

共同相続人は
次条の規定により被相続人が遺言で禁じた場合を除き
いつでも
その協議で、遺産の分割をすることができる。

と言ってます。

・いつでもいいですよ!
・相続人全員の協議、で分割していいですよ!

と言ってます。
相続人全員がいいと思ってるんだから
法律が、それダメ!・・・なんて言えないよね、です。

※母・兄・弟の3人で 
 相続人全員で 合意 があれば、目安を無視していい。

土地は、母だ
家は、弟に
兄である僕は、預貯金をもらうよ!

でもいいが、みんなの合意が必要です。

僕が思うのは、質問者様単独じゃなくて
3人で話し合われたら、どうでしょう?
実際、質問者様の自由にはならないのだし。

母50 兄25 弟25
その割合は、3人で自由に決めていい。

投稿日時 - 2019-04-24 16:47:53

ANo.3

税金さえ払っていれば放置でも良いのですが、相続を確定させるというか土地の名義を変更すると、そのたびに登録免許税なるものを取られます。相続だと割引になりますが、それでも土地の評価額が高いとそれなりの金額になります。もちろん、登記手続きを外注すれば手数料が数万はかかります。
なので、お母様の名義にするよりは、子の誰かにした方が、今後の相続手続きを考えると有利です。兄、弟、どちらかに決められないなら、土地の名義は故人のままで放置しておけば、お母様が亡くなった時は自動的に兄、弟に相続となりますので、結果同じ事です。相続人が増えてくると面倒ですが、価値の無い土地ならそのまま登記せずに放っておけば、代が変わるごとに順繰りに相続されていきますので、少なくとも、登録免許税だけは節約できます。
固定資産税はどうしようもありません。誰かが代表して払うという申請が必要になり、その人の所へ毎年請求書がやってきます。
それを払わないと・・・従来なら土地を差し押さえられる、、税金払わないで処分できて御の字、となるのですが、価値のない土地を差し押さえても自治体はメリットがありませんので、他の銀行預金などを押さえるでしょう、それはマズイ。
て、前に書いたような記憶が・・・?

投稿日時 - 2019-04-24 16:43:25

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2019-04-24 17:29:35

ANo.2

相続の手続きをしています。

今回の場合、法定相続分はおっしゃる通りの割合になります。
ですが放棄はすることができますので、それを検討されても良いかと思います。
ただし、一部のものだけを放棄という部分は難しい部分があるので、弁護士司法書士等に相談をしていただいた方が良いかと思います。
というのは、いわゆる法律上の放棄と、一般的に語られる文脈での放棄はかなり乖離があります。

簡単ですがご参考にしていただければと思います。

投稿日時 - 2019-04-24 16:08:02

ANo.1

相続の割合は相続人同士で好きに決めていいです
なのでこの場合は
1:お父様が無くなられたら100%お母様へ
2:その後お母様が無くなったら100%長男または次男へ
とするのがよいです
おっしゃる通りの分割にもできますが、そうすると不幸な相続人が増え、さらに土地の価値は減るだけです
一番やってはいけません

2の際に一般的には長男となります
長男が嫌だと言ったら以下の根拠に優先付けをし話し合う必要があります
・両親の土地に家を建てている+10
・子供がいる+5
・子供が何とかしてくれそうな+2
・問題のある借金のない人+2

投稿日時 - 2019-04-24 16:01:04

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2019-04-24 17:29:45

あなたにオススメの質問