こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

英文を訳して下さい。

The II Corps brigades in line (from south to north) were the 15th, 13th, 14th, 7th, 9th and 8th; at 7:00 a.m. the Germans attacked through a mist, mainly opposite the 7th and 9th brigades from Le Transloy to Herlies and surprised one company, forcing it back. The Germans widened the breach on the right of the 7th Brigade, but flanking units repulsed the German attackers. Elsewhere, the Germans maintained an extensive bombardment against the 9th Brigade but they did not attack, and one battalion at Violaines was able to fire in enfilade at German infantry, as they crossed its front towards Le Transloy. An infantry company and the 7th Brigade Signal Section engaged the Germans at 150 yd (140 m) as they apparently lost direction in the mist and more troops arrived to close the gap. As the mist dispersed British artillery fired on the German infantry who retreated at speed. A British counter-attack was made at 11:00 a.m. which retook most of the lost trenches. Most of the British reserves had been committed but German attacks at 2:30 p.m. and 4:00 p.m. were also repulsed, troops from all three regiments of the German 14th Division and one from the 13th Division being identified.
At 6:30 p.m. news of the retirement of the 19th Brigade from Le Maisnil arrived and the 3rd Division was ordered back from Herlies and Grand Riez for about 1 mi (1.6 km) to a line from Lorgies to Ligny and south of Fromelles, the junction with a French cavalry unit, which improved the line in the 8th Brigade area; later on the left flank of the 14th Brigade moved back to link with the 3rd Division at Lorgies. On 21 October II Corps had 1,079 casualties. During the fighting Smith-Dorrien had ordered the digging of a reserve line which was about 2 miles (3.2 km) in the rear on the northern flank, where the danger of envelopment was greatest. The line ran from east of Givenchy, east of Neuve-Chapelle to Fauquissart on ground easier to defend but had little barbed wire and the ground was too marshy for deep dugouts. The engineers of the 3rd and 5th divisions prepared the defences, with help from French civilians. Next day the French cavalry were driven from Fromelles and a retirement to the new line was agreed by French and Smith-Dorrien, for the night of 22/23 October. French ordered elements of the Lahore Division to move to Estaires, behind the left (northern) flank of II Corps, to support the French II Cavalry Corps (Général L. Conneau). Early on 22 October, the British were forced out of Violaines and German attacks began along all of the 5th Division front. On the night of 22/23 October, II Corps retired its left (northern) flank, to a line which had been reconnoitred from La Bassée Canal east of Givenchy to La Quinque Rue, east of Neuve-Chappelle and on to Fauquissart. A lack of labour, tools and barbed wire meant that the troops found little more than an outline of the position and began to dig in. The 3rd Division was on the left flank, at the junction with the French II Cavalry Corps and the 19th Brigade, which had closed a gap with the III Corps.

投稿日時 - 2019-04-20 14:59:34

QNo.9608699

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>The II Corps brigades ~ its front towards Le Transloy.
⇒第II軍団旅団の戦列は、(南から北へ向かって)第15、第13、第14、第7、第9、第8の各旅団が並んでいた。午前7時、ドイツ軍は、霧の中、おもにル・トランスロイからヘルリーまでの第7、第9旅団に対抗して1個中隊を急襲し、退却を余儀なくさせた。ドイツ軍は第7旅団の右側で侵略を拡大したが、隣接部隊がドイツ軍攻撃隊を撃退した。他の場所のドイツ軍としては第9旅団に対する大規模な砲撃を維持したが、それに対する攻撃をしない代わりに、彼らがル・トランスロイに向かって前線を横切った際に、ヴィオレーンの1個大隊がドイツ軍歩兵隊に縦射砲撃を浴びせることができた。

>An infantry company ~ the 13th Division being identified.
⇒歩兵1個中隊と第7旅団の信号部隊が150ヤード(140 m)間隔でドイツ軍と交戦したが、霧の中に明らかな方向を見失ったので、間隙を埋めるためにさらに多くの部隊が到着した。霧が飛散したので、英国軍砲兵隊がドイツ軍歩兵隊に発砲したところ、彼らは全速で後退した。午前11時、英国軍の反撃が行われ、見失われていた塹壕のほとんどが再び攻撃された。英国軍予備隊の大部分が参戦し、ドイツ軍も午後2時30分に攻撃した。午後4時、確認されたドイツ軍第14師団の全3個連隊と第13師団の1個連隊が撃退された。

>At 6:30 p.m. news of the retirement ~ envelopment was greatest.
⇒午後6時30分、第19旅団がル・メニルから退却したというニュースが到着し、第3師団がエルリーとグラン・リエから出て約1マイル(1.6キロ)幅でロルジーからリニーまでと、フランス軍騎兵部隊との交差地点であるフロメーユ南の戦線に戻るよう命じられて、第8旅団地域の戦線が改善された。その後に第14旅団の左側面隊が後戻りしてロルジーの第3師団と連繋した。10月21日、第II軍団は1,079人の死傷者を出した。この戦闘中にスミス‐ドリアンは、北側面隊の後方約2マイル(3.2キロ)地域にある予備戦線の掘削を命じたが、そこは包囲される危険がこの上なく大きかった。
※すみませんが、この段落はよく分かりません。誤訳の節はどうぞ悪しからず。

>The line ran from east ~ Cavalry Corps (Général L. Conneau).
⇒この路線はジバンシーの東、ヌーヴ・シャペルの東からフォーキサールまで防衛しやすい地面を走っていたが、有刺鉄線はほとんどなく、地面は深く掘り下げるには湿気が強すぎた。フランス市民の助けを借りて、第3、第5師団の工兵が防御施設を準備した。翌日、フランス軍騎兵隊はフロメーユから追い出され、10月22/23日の夜、フレンチとスミス‐ドリエンの間で新しい戦線への退去が合意された。フレンチは、ラホール師団に、第II軍団の左(北)側面にあるエステールに移動し、フランス第2騎兵軍団(L.コノー将軍)を支援するよう命じた。

>Early on 22 October, ~ gap with the III Corps.
⇒10月22日の早朝、英国軍はヴィオレーンから追放され、第5師団の戦線全域でドイツ軍の攻撃が始まった。10月22/23日の夜、第II軍団はその左(北)側面隊を、偵察しておいたジバンシー東のラ・バセ運河からヌーヴ・シャペル東のラ・クインク通りやフォーキサールの戦線へ退去させた。労働力、道具、有刺鉄線の欠如は、軍隊がその陣地について輪郭以上のものを見ることができないまま、塹壕を掘削し始めることを意味していた。第3師団は、フランス軍第2騎兵軍団と第19旅団との交差地点の左側面にあったが、これが第III軍団との間隙を埋めていた。

投稿日時 - 2019-04-25 20:40:05

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-04-25 21:53:53

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)