こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Microsoftの新元号(令和)対応について

【環境】Microsoft Windows 10 Enterprise 2016 LTSB

【ご教示いただきたい点】
1.新元号(令和)対応について、Microsoft Windows 10 Enterprise 2016 LTSBについては、「KB4469068」で提供されるということでしょうか。
提供予定時期について、マンスリーロープアッププログラムが提供される第2火曜日を過ぎていますが、いつ頃提供されるかの情報はありますでしょうか。
下記のサイトをみましたが、提供予定時期は見当たりませんでした。

Windows 用の日本の新元号対応更新プログラムについて - KB4469068
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4469068/summary-of-new-japanese-era-updates-kb4469068

投稿日時 - 2019-04-12 22:52:45

QNo.9606146

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

https://mabomabo00.com/archives/3739
↑こちらをどうぞ、
大昔の「西暦2000年問題」は
覚えていますか?
結局は対応が遅れるのです。

管理しているのは
マイクロソフトですが
アメリカの会社です、
日本だけでなく
他の国の事も面倒みてますから
日本だけが特例で
とはなりにくいのでしょう。

それと関係ないかもですが
自分は教会へ毎週行っており
東南アジアの方々との
お付き合いありますが
例えば礼拝の準備も
一週前から当人に声をかけても
日曜日の朝にドタバタする事が
かなりの頻度であります、
結論としては
「日本人以外は自分が中心」
そう言った面も考えれば
office系のソフトも
単に「令和」すれは良いではなく
アップデートを管理している
諸事情が絡んでくるのでしょうね。

投稿日時 - 2019-04-17 08:31:15

お礼

ありがとうございます。

「西暦2000年対応」のときはよく覚えています。

上司からの指示でコンパックのサーバー(ProLiant)を使用しているお客様において、バックアップ装置が導入されていなかったので、「西暦2000年問題」によってデータが失われてしまう可能性があるので万が一に備えてバックアップを行ったほうがよいということでヒューレット・パッカードのテープ装置(Surestore DAT8i)を作業費(サーバーにテープ装置を接続およびバックアップ設定)込みで10万円で販売したことがあるので、よく覚えています。
確か、そのときに初めてPowerPointを使用して提案資料を作成して、お客様に説明した覚えがあります。
「テープ装置(Surestore DAT8i)を導入して事前バックアップも行ったけど、結果 何も起こらなかったね」とお客様から言われたので、印象深く記憶に残っています。

英語などだと、文字と文字の間にスペースが入りますが、日本語などは特別でスペースを含まないのですが、Microsoftのワードブレークの見直しによって、検索しても検索結果に表示されないこともあり、日本を特例としなくなったことは存じています。

以下は、ShrePointですが、Windowsの検索機能でも日本語のワードブレーク飲み直しをしています。
https://www.sharepoint.jp.net/2015/12/25/%E7%99%BB%E9%8C%B2%E3%81%97%E3%81%9F%E6%96%87%E6%9B%B8%E3%81%8C%E8%A6%8B%E3%81%A4%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%84-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%96%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%AF-%E6%A4%9C%E5%87%BA%E8%A8%80%E8%AA%9E%E7%B7%A8/

Microsoft社のWindows Updatebは、アカマイ・テクノロジーズのサービスを使用しているので、いろいろ調整等が必要なのかもしれませんね。
そのほか、調整等もあるかもしれないですね。

投稿日時 - 2019-04-17 23:26:09

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

「KB4469068」はサポート技術情報の文書番号ですのでプログラムの提供はありません。
今は自動更新されるまで待つしか無いと思います。
情報としてはすでに見ておられるかもしれませんが下記がまとまった情報かと思います。
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4497197/how-to-prepare-windows-and-office-for-the-may-2019-japan-era-change

投稿日時 - 2019-04-13 06:55:45

補足

ありがとうございます。

個人利用ではなく、法人利用になるので、Windows Updateではなく、WSUSサーバー経由での更新になります。

評価等があるので、焦ってはいますが、待つしかなさそうですね。

投稿日時 - 2019-04-16 22:36:16

お礼

ありがとうございます。

残り2週間くらいなので、まだかなと思っていますが、待つしかなさそうですね。

投稿日時 - 2019-04-14 22:44:02

ANo.1

すいません、
多分、誰も未来は推測出来ません
恐らくは来年の
東京オリンピックが始まる
前後ぐらいには
Office系のソフトウェアも
含めて新年号が
対応するんじゃない?

アップデートなら
今年の夏かな、
ま、気長に待つ事です。

投稿日時 - 2019-04-13 05:59:33

補足

数か月程度は一般的に4~6ヶ月前後程度を指すことが多いので、2019年5月1日時点でサポート対象なMicrosoft製品すべての対応が完了するのがそれくらいだと思いますが、Windows10,Officeについてはもう少し早いのではと思っています。

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4470918/updates-for-may-2019-japan-era-change

2019 年 4 月 1 日に新元号の名称が発表されました。弊社のエンジニアリング チームは、段階的に実稼働環境用の更新プログラムをリリースしていきます。完了するまでに数か月程度かかることがあります。

投稿日時 - 2019-04-16 22:48:48

お礼

個人で使用するならば、特段 改元には影響がないのですが、客先のユーザーから問い合わせが来ているので、何か情報がないかと思っています。

2019年5月1日に即位正殿の儀が行われますが、オリンピックは2020年(令和2年)7月24日から8月9日までの17日間に開催なので、そこまで待たないと対応されないというのは遅すぎだと思います。

投稿日時 - 2019-04-14 22:48:25