こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

英文を日本語訳して下さい。

The initiative held by the Germans in August was not recovered as all troop movements to the right flank were piecemeal. Until the end of the Siege of Maubeuge (24 August – 7 September), only the single line from Trier to Liège, Brussels, Valenciennes and Cambrai was available and had to be used to supply the German armies on the right, while the 6th Army travelled in the opposite direction, limiting the army to forty trains a day, that took four days to move a corps. Information on German troop movements from wireless interception, enabled the French to forestall German moves but the Germans had to rely on reports from spies, which were frequently wrong. The French resorted to more cautious infantry tactics, using cover to reduce casualties and centralised command as the German army commanders followed contradictory plans. The French did not need to obtain a quick decisive result and could concentrate on preserving the French army by parrying German blows.

The Battle of La Bassée was fought by German and Franco-British forces in northern France in October 1914, during reciprocal attempts by the contending armies to envelop the northern flank of their opponent, which has been called the Race to the Sea. The German 6th Army took Lille before a British force could secure the town and the 4th Army attacked the exposed British flank further north at Ypres. The British were driven back and the German army occupied La Bassée and Neuve Chapelle. Around 15 October, the British recaptured Givenchy-lès-la-Bassée but failed to recover La Bassée.
German reinforcements arrived and regained the initiative, until the arrival of the Lahore Division, part of the Indian Corps. The British repulsed German attacks until early November, after which both sides concentrated their resources on the First Battle of Ypres. The battle at La Bassée was reduced to local operations. In late January and early February 1915, German and British troops conducted raids and local attacks in the Affairs of Cuinchy, which took place at Givenchy-lès-la-Bassée and just south of La Bassée Canal, leaving the front line little changed. From 17 September to 17 October the belligerents had tried to turn the northern flank of their opponent. Joffre ordered the French Second Army to move to the north of the French Sixth Army, by moving from eastern France from 2 to 9 September and Falkenhayn ordered the German 6th Army to move from the German-French border to the northern flank on 17 September. Next day, French attacks north of the Aisne led to Falkenhayn to order the 6th Army to repulse the French and secure the flank.


La Bassée ラ・バセ

投稿日時 - 2019-04-11 02:52:09

QNo.9605592

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>The initiative held by the Germans in August was not recovered as all troop movements to the right flank were piecemeal. Until the end of the Siege of Maubeuge (24 August – 7 September), only the single line from Trier to Liège, Brussels, Valenciennes and Cambrai was available and had to be used to supply the German armies on the right, while the 6th Army travelled in the opposite direction, limiting the army to forty trains a day, that took four days to move a corps.
⇒8月にドイツ軍が維持していた主導権は、全軍隊の右側面への移動がすべて断片的だったため、回復しなかった。モーベージュの包囲戦が終了するまで(8月24日-9月7日)、トリエーからリエージュ、ブリュッセル、バレンシエンヌ、そしてカンブレーまでの1本線のみが利用可能で、(もっぱら)これが右翼のドイツ軍への補給のために使用された。一方、第6方面軍は反対方向に移動したが、1日40列車に制限されたので、1個軍団の移動に4日かかった。

>Information on German troop movements from wireless interception, enabled the French to forestall German moves but the Germans had to rely on reports from spies, which were frequently wrong. The French resorted to more cautious infantry tactics, using cover to reduce casualties and centralised command as the German army commanders followed contradictory plans. The French did not need to obtain a quick decisive result and could concentrate on preserving the French army by parrying German blows.
⇒無線の傍受によってドイツ軍の移動に関する情報が入ったので、フランス軍はドイツ軍の移動を未然に防ぐことができた。ドイツ軍はスパイからの報告に頼らざるを得なかったは、それはしばしば誤報であった。フランス軍は、ドイツ軍司令官が対抗する計画を続けたため、より慎重な歩兵戦術を採用して死傷者の削減と中央集権の指揮を計った。フランス軍としては、迅速で決定的な結果を得る必要はなかったので、ドイツ軍の打撃を回避してフランス方面軍の保護に集中することができた。

>The Battle of La Bassée was fought by German and Franco-British forces in northern France in October 1914, during reciprocal attempts by the contending armies to envelop the northern flank of their opponent, which has been called the Race to the Sea. The German 6th Army took Lille before a British force could secure the town and the 4th Army attacked the exposed British flank further north at Ypres. The British were driven back and the German army occupied La Bassée and Neuve Chapelle. Around 15 October, the British recaptured Givenchy-lès-la-Bassée but failed to recover La Bassée.
⇒「ラ・バセの戦い」は、1914年10月にフランス北部でドイツ軍と仏英軍によって戦われた。それは、敵対相手の北側面隊が展開する方面軍を抑えようとする試みの期間で、「海への競争」とも呼ばれた。英国軍団が町を確保できる前にドイツの第6方面軍がリールを奪取して、第4方面軍はイープルでさらに北に露出された英国軍の側面を攻撃した。英国軍は後退し、ドイツ方面軍がラ・バセとヌーヴ・シャペルを占領した。10月15日頃、英国軍はジバンシー-レ-ラ・バセを奪還したが、ラ・バセの回復には失敗した。

>German reinforcements arrived and regained the initiative, until the arrival of the Lahore Division, part of the Indian Corps. The British repulsed German attacks until early November, after which both sides concentrated their resources on the First Battle of Ypres. The battle at La Bassée was reduced to local operations. In late January and early February 1915, German and British troops conducted raids and local attacks in the Affairs of Cuinchy, which took place at Givenchy-lès-la-Bassée and just south of La Bassée Canal, leaving the front line little changed.
⇒インド軍団の一部であるラホール師団が来る前にドイツ軍の増援隊が到着し、主導権を取り戻した。英国軍は11月上旬までドイツ軍の攻撃を撃退し、その後は双方とも「第一次イープルの戦い」に自前の資源を集中させた。ラ・バセでの戦いは、局地での活動に絞られた。1915年1月下旬から2月上旬にかけて、ドイツ軍と英国軍の部隊は(互に)「キュインシー事件」で襲撃と局地攻撃を行った。それは、ジバンシー-レ-ラ・バセ、およびラ・バセ運河のすぐ南で起こったが、前線はほとんど変わらないまま残った。

>From 17 September to 17 October the belligerents had tried to turn the northern flank of their opponent. Joffre ordered the French Second Army to move to the north of the French Sixth Army, by moving from eastern France from 2 to 9 September and Falkenhayn ordered the German 6th Army to move from the German-French border to the northern flank on 17 September. Next day, French attacks north of the Aisne led to Falkenhayn to order the 6th Army to repulse the French and secure the flank.
⇒9月17日から10月17日まで、両対戦軍ともに相手の北側面に回り込もうと試みた。ジョフルは、第2方面軍に対して、9月2日から9日にかけてフランス東部から出てフランス第6方面軍の北に移動するよう命令した。それでファルケンハインは、ドイツ第6方面軍に対して9月17日にドイツとフランスの国境から北側面に移動するよう命令した。翌日、フランス軍のエーヌ北部に対する攻撃により、ファルケンハインはフランス軍を撃退し、側面を確保するよう(自軍の)第6方面軍に命じた。

投稿日時 - 2019-04-22 16:56:16

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-04-22 19:52:26

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

Google翻訳で読み込んだら
『8月にドイツ人が行ったイニシアチブは、右脇への部隊の移動がすべて断片的だったため回復しませんでした。モージュージュの包囲戦が終了するまで(8月24日 - 9月7日)、トリーアからリエージュ、ブリュッセル、バレンシエンヌ、そしてカンブレーまでの1本線のみが利用可能で、第6軍はドイツ軍に補給するために使用されました。反対方向に移動し、軍隊を1日40列車に制限し、軍団の移動に4日かかった。無線傍受によるドイツ軍の移動に関する情報により、フランス軍はドイツ軍の移動を未然に防ぐことができたが、ドイツ軍はスパイからの報告に頼らざるを得なかった。フランス軍は、ドイツ軍司令官が矛盾する計画をたどったため、より慎重な歩兵戦術を採用し、死傷者の削減と中央集権の指揮をとった。フランス軍は迅速な決定的な結果を得る必要はなく、ドイツ軍の打撃を受けてフランス軍を保護することに集中することができた。
LaBasséeの戦いは1914年10月にフランス北部でドイツ軍とフランス - イギリス軍によって戦われました。イギリス軍が町を確保することができる前にドイツの第6軍はリールを取りました、そして、第4軍はYpresでさらに北に露出されたイギリスの側面を攻撃しました。イギリス軍は後退し、ドイツ軍がラ・バセとヌーヴェ・シャペルを占領した。 10月15日頃、イギリス軍はGivenchy-lès-la-Basséeを奪還しましたが、LaBasséeの回復には失敗しました。
インド軍の一部であるラホール師団が到着するまで、ドイツ軍の増援が到着し、イニシアチブを取り戻しました。イギリスは11月上旬までドイツの攻撃を撃退しました。その後、双方はイープルの第一次戦闘に資源を集中しました。 LaBasséeでの戦いは現地での活動に絞られました。 1915年1月下旬から2月上旬にかけて、ドイツとイギリスの部隊は、フロント・ラインを少し変えたまま、Givenchy-lès-la-BasséeとLaBassée運河のすぐ南で起こったCuinchyのAffairsで襲撃と地域攻撃を行いました。 9月17日から10月17日まで、両親は対戦相手の北の側面を回そうとしました。 Joffreは9月2日から9日にフランス東部から移動することによってフランス第六軍の北に移動するようにフランス第二軍に命令し、Falkenhaynは9月17日にドイツとフランスの国境から北の側面に移動するようにドイツ第六軍に命令した。翌日、フランスのエーヌ北部への攻撃により、ファルケンハインは第6軍にフランスを撃退し、側面を確保するよう命じました。』
だそうです。

投稿日時 - 2019-04-11 16:02:10