こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

英文を訳して下さい。

A coastal strip about 10 miles (16 km) wide,was near sea level and fringed by sand dunes. Inland the ground was mainly meadow, cut by canals, dykes, drainage ditches and roads built up on causeways. The Lys, Yser and upper Scheldt had been canalised and between them the water level underground was close to the surface, rose further in the autumn and filled any dip, the sides of which then collapsed. The ground surface quickly turned to a consistency of cream cheese and on the coast troops were confined to roads, except during frosts.
The rest of the Flanders Plain was woods and small fields, divided by hedgerows planted with trees and cultivated from small villages and farms. The terrain was difficult for infantry operations because of the lack of observation, impossible for mounted action because of the many obstructions and difficult for artillery because of the limited view. South of La Bassée Canal around Lens and Béthune was a coal-mining district full of slag heaps, pit-heads (fosses) and miners' houses (corons). North of the canal, the city of Lille, Tourcoing and Roubaix formed a manufacturing complex, with outlying industries at Armentières, Comines, Halluin and Menin, along the Lys river. With isolated sugar beet and alcohol refineries and a steel works near Aire-sur-la-Lys, the intervening areas were agricultural, with wide roads on shallow foundations and unpaved mud tracks in France, narrow pavé roads along the frontier and in Belgium. In France, the roads were closed by the local authorities during thaws, to preserve the surface and marked by Barrières fermėes signs, which were ignored by British lorry drivers. The difficulty of movement after the end of summer absorbed much of the local labour on road maintenance, leaving field defences to be built by front-line soldiers. The 1st and 2nd Cavalry divisions under General Allenby, covered the assembly of the III Corps at St. Omer and Hazebrouck from 10–12 October, to allow the III Corps to advance eastwards towards Lille. The cavalry was ordered to extend as far north as Ypres. In front of the First Cavalry Corps, was a line of hills from Mont des Cats to Mont Kemmel, about 400 feet (120 m) above sea level, with spurs running south across the British line of advance, occupied by the German IV Cavalry Corps with three divisions. On 12 October, the British cavalry advanced and found the Germans dug in on Mont des Cats and at Flêtre, on the road from Cassel to Bailleul. The 3rd Cavalry Brigade attacked Mont des Cats, up slopes covered in hop-fields towards a monastery on the hilltop, with dismounted cavalry attacking from the west and mounted cavalry with a battery of horse artillery from the south. Next day the cavalry advanced onto high ground east of Mont des Cats and occupied Mont Noir, 3 miles (4.8 km) north of Bailleul. On 14 October, the cavalry advanced north-eastwards, occupied Dranoutre and Kemmel against slight opposition and then reached a line from Dranoutre to Wytschaete, linking with the 3rd Cavalry Division of IV Corps, which had been operating in Belgium since early October.

投稿日時 - 2019-04-11 02:43:10

QNo.9605587

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>A coastal strip about ~ except during frosts.
⇒幅約10マイル(16キロ)の沿岸帯は、海抜がほぼ海面と同じで、砂丘に囲まれていた。内陸の地面は主に牧草地で、運河、堤防、排水路および土手道に築かれた道路によって仕切られていた。リィス、イゼール、および上流のシェルドは運河化されており、それらの間の地下(水路の)水位は地表に近く、秋にはさらに上がるので、水面がいっぱいになると水面は崩れて溢れる。(すると)地表はすぐに一様のクリームチーズ状に変わり、海岸では、霜の時を除いて、沿岸隊の活動は道路上に限られた。

>The rest of the Flanders ~ along the Lys river.
⇒フランドル平原の残りの部分は、森や小さな畑であって、栽培畑に植えられた木々や生け垣によって小さな村や農場が区切られていた。地形については、観測不足のため歩兵隊の作戦行動が困難であり、多くの障害物のために騎馬隊の戦闘行動は不可能であり、視野が限られているため砲撃は厄介であった。レンズやベトゥーン周辺のラ・バセ運河の南は、ぼた山(炭鉱の残岩)、坑道出入口、鉱山労働者の家でいっぱいの炭鉱地区であった。運河の北、リール、トゥルコアン、ルーベの各都市は工業団地を形成しており、リィス川沿いのアルマンティエール、コミーヌ、ハルイン、メニンには郊外産業が付随していた。

>With isolated sugar beet ~ by front-line soldiers.
⇒孤立したテンサイ(砂糖大根)畑、アルコール精製所、エール=シュル=ラ=リィス近くに製鉄所などの点在する中間部は農業地帯であった。フランス(域内)では、だだっ広い道路があって、それは薄い基盤の上に造られているか、さもなければ未舗装の泥道であった。ベルギーの国境や国内には、狭い舗装道路が走っていた。フランスでは、路面を保護するため、融雪(ぬかるみ)の間は地方自治体によって道路が閉鎖され、「バリエール・フェルメー」(閉鎖障壁)という標識が付いていたが、英国の大型トラック運転手には無視されていた。夏が終わった後は移動が困難なので、道路維持のために利用できる労働力の多くがそれ(道路補修)に吸収され、前線の兵士による戦場の防衛施設は手つかずのまま残っていた。

>The 1st and 2nd Cavalry ~ from Cassel to Bailleul.
⇒アレンビー将軍麾下の第1、第2騎兵師団は、10月10日-12日にサン・オメールとアズブルックの第III軍団の集結を援護し、第III軍団がリールに向かって東へ進軍できるように計らった。騎兵隊はイープルまで北方へ広がるよう命じられた。第1騎兵軍団の前には、モン・デ・キャッツからモン・ケメルまでの丘陵地帯があり、標高約400フィート(120 m)で、山脚が英国軍の前進線を横切って南に走っていたが、それをドイツ軍第IV騎兵軍団が3個師団をもって占領した。10月12日、英国軍の騎兵隊が前進してみると、ドイツ軍がカッセルからバイユールに至る沿道のモン・デ・キャッツとフレトルで塹壕を掘ってあるのを発見した。

>The 3rd Cavalry Brigade ~ Belgium since early October.
⇒第3騎兵旅団は、丘上の修道院に向かってホップ畑で覆われた斜面を上り、モン・デ・キャッツを攻撃し、下馬した騎兵隊は西から攻撃し、騎馬隊は騎馬砲兵1個中隊をもって南から攻撃した。翌日、騎兵隊はモン・デ・キャッツ東の高台に進入し、バイユールの北3マイル(4.8キロ)にあるモン・ノワールを占領した。10月14日、騎兵隊は北東に前進し、わずかな対抗を押しのけてドラノートルとケメルを占領し、その後ドラノートルからウィツシェトまでの戦線に達し、10月上旬からベルギーで活動していた第IV軍団の第3騎兵師団と合流した。

投稿日時 - 2019-04-17 19:24:08

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-04-18 23:09:17

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)