こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

英文を訳して下さい。

The retirement was assisted by French artillery-fire, which slowed the German advance despite a 2 mi (3.2 km) gap and the isolation of a battalion near Fromelles. At midnight the 19th Brigade fell back to a line from Rouges Bancs to La Boutillerie and dug in. German troops of Infantry Regiments 122 and 125 of the 26th Division appeared to be unaware of the retirement, having strayed southwards after the capture of La Vallée earlier in the day. In the 6th Division area, field defences were far less developed than on the 4th Division front, since piecemeal retirements had led to positions being abandoned and new ones dug from scratch several times, from which artillery observation was unsatisfactory. Many German attacks were made from 22–23 October, particularly against the 16th Brigade, which held a south-facing salient with Le Quesne at the apex, 3 mi (4.8 km) south-east of Armentières. At dawn on 23 October, a German force exploited a dawn mist to infiltrate British positions and it was only repulsed after costly hand-to-hand fighting. The 10th Brigade extended its front south to La Chapelle-d'Armentières, taking over from the 12th Brigade, which was moved into reserve at the divisional boundary and then on 24 October, the brigade relieved the 17th Brigade of the 6th Division as far as Rue du Bois, extending the 4th Division front to 8 mi (13 km). By 22 October III Corps and the 19th Brigade held a line between French and British cavalry units, about 12 mi (19 km) long from Rouges Bancs, 5 mi (8.0 km) south-west of Armentières to Touquet, La Houssoie, Epinette, Houplines, Le Gheer, St Yves and the Douve river, facing the bulk of the German XIII Corps with the 48th Reserve Division in reserve, XIX Corps and I Cavalry Corps. The XIII Corps had begun moving southwards from Menin on 18 October and had attacked the 19th Brigade at Radinghem on 21 October. It was anticipated that it would attack the area between III Corps and II Corps, which it did on 23 October and drove out the French from Fromelles, leaving the right flank of III Corps dangerously exposed until 24 October, when the Jullundur Brigade of the Lahore Division arrived and filled the gap, the French I Cavalry Corps going back into reserve.
French gave orders for the III Corps to dig in and maintain its positions, which was relatively easy for the 4th Division, after the recapture of Le Gheer on 20/21 October, because German activity was limited to artillery-fire, sniping and minor attacks until 29 October. Opinion in the 4th Division was that with rifle-fire, machine-gun fire from the flanks and artillery crossfire, any German attack could be repulsed. Control of the artillery was centralised, to be brought to bear on the divisional front and further north in the Cavalry Corps area at Messines. As dawn broke on 24 October, the 6th Army made a general attack from La Bassée Canal to the Lys and on the III Corps front was repulsed, except on the 16th Brigade front, which was enfiladed from the east.

投稿日時 - 2019-04-11 02:30:01

QNo.9605582

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>The retirement was assisted ~ artillery observation was unsatisfactory.
⇒この(守備隊の)退却はフランス軍砲兵隊の砲撃による支援を受けて、2マイル(3.2キロ)の間隙とフロメイェ近くの大隊の孤立にもかかわらず、ドイツ軍の前進を遅らせた。第19旅団は、真夜中にルージュ・バンからラ・ブティレリーまでの戦線に戻り、塹壕にこもった。ドイツ軍第26師団の第122、第125歩兵連隊は、その日の朝のラ・ヴァレーの占領後に南方に迷走していて、この退却に気づいていないようだった。第6師団地域では、断片的な退却によって陣地が放棄され、新たな陣地で何度も最初から塹壕掘削をしていたのでそこからの砲兵隊による観測も不十分なため、戦場の防衛開発は第4師団の前線よりもはるかに劣っていた。

>Many German attacks were ~ Division front to 8 mi (13 km).
⇒10月22日-23日、特にアルマンティエールの南東3マイル(4.8キロ)のル・ケネーを頂点とする南面の突出部を保持する第16旅団に対して、ドイツ軍からの攻撃が多く行われた。10月23日の夜明けに、ドイツ軍は明け方の霧を利用して英国の陣地に潜入したが、高くついた肉弾戦の末に追放されただけであった。第10旅団は、南前線をアルマンティエール礼拝堂まで伸ばして、師団の境界地で予備に移された第12旅団を引き継いだ。そして同旅団はその後の10月24日、第6師団の第17旅団をボワ通りまで救援し、第4師団の前線を8マイル(13キロ)拡張した。

>By 22 October III Corps ~ going back into reserve.
⇒10月22日までに、第III軍団と第19旅団はフランスと英国の騎兵部隊の間にルージュ・バンから約12マイル(19キロ)の長さの戦線を掌握した。それは、アルマンティエールの南西からトゥケ、ラ・ウソワ、エピネッテ、ウプリン、ル・ゲール、そしてドゥーブ川まで5マイル(8キロ)を結び、ドイツ軍第48予備軍師団を予備として擁する第XIII軍団、第XIX軍団、および第I騎兵軍団に面していた。第XIII軍団は、10月18日にメニンから南下し始め、10月21日にラディンゲムで第19旅団を攻撃した。(同軍団は)あらかじめ第III軍団と第II軍団の間の領域を攻撃することになっていたが、それは10月23日に行われた。フロメイェからフランス軍を駆逐して10月24日まで第III軍団の右側面を危険にさらさせたが、その日にラホール師団のジャランダー旅団が到着してギャップを埋め、フランス軍騎兵隊は予備(控え)に戻った。

>French gave orders for ~ enfiladed from the east.
⇒フランス軍は、第III軍団に塹壕を掘ってこもり、その陣地を維持するよう命令した。それは、10月20/21日にル・ゲールを奪還した後の第4師団にとって比較的容易であった。なぜなら、ドイツ軍の活動が10月29日まで砲火、狙撃、および小規模攻撃に制限されたからである。第4師団内の見解は、いかなるドイツ軍の攻撃も側面隊からの小銃射撃、機関銃射撃、および砲兵砲撃で撃退することができる、というものであった。砲兵砲撃の統制が集中化され、メシーヌの騎兵隊地域内の師団前線と、さらに北方で持ちこたえる力をもたらした。第6方面軍は、10月24日明け方になってラ・バセ運河からリィスまでの総攻撃を行い、東から守られていた第16旅団前線を除いて、再度第III軍団戦線を追放した。

投稿日時 - 2019-04-12 07:35:21

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-04-13 15:07:50

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)