こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

フィルムカメラが真っ暗です

家にあったフィルムカメラを覗くと真っ暗です。

カメラ初心者で詳しくないので原因など全然わかりません。

ペトリFTEです。

壊れてジャンク品でしょうか??
レンズは取り外しできなそうなカメラです。

何かわかるかた教えてください

投稿日時 - 2019-04-06 16:56:22

QNo.9604185

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

追伸
ペトリFTE の説明書をペトリのホームページからダウンロードできます。
https://www52.atwiki.jp/petri/pages/17.html
P25 レンズの交換の仕方 を参考に(画像添付しました。)
レンズを外しミラーが見えなければミラーが跳ね上がって上部に貼りついた状態です。
下記URL 一眼レフカメラの構造も参考に
http://madaminu.cocolog-nifty.com/came/2005/12/post_c539.html
原因は多くの場合モルトといるスポンジが劣化しベトツキミラーが張り付き
本来の位置に戻らくなっています。
爪楊枝などをミラーの手前に引っ掛け下に引っ張ればモルトから剥がれ元の位置に戻るでしょう。

モルトを自分で交換する器用な人もいます。
https://tokyoaltphoto.com/2016/09/filmcamera-maintenance/
こちらも
http://camera-business.com/2016/10/14/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%83%A0%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9%E3%81%AE%E3%83%A2%E3%83%AB%E3%83%88%E4%BA%A4%E6%8F%9B%E6%96%B9%E6%B3%95/

投稿日時 - 2019-04-07 11:57:07

ANo.7

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.9

「覗いた時点」で明るかったら「フィルム」が感光して撮影出来ません。

投稿日時 - 2019-04-07 13:46:05

ANo.8

#6さんの回答にもあるとおり、ペトリFT(に限らず、この年代のカメラの大半)はフルメカニカルカメラなのでシャッターの動作に電池は不要。
電池があっても動くのは露出計だけ。その露出計も経年的に測光精度も落ちているだろうから電池を入れない方がマシかも知れない(^-^;

ミラーアップしたままで固着したと思われるけど、そうなるとシャッター廻り、巻き上げ系もグリス切れや固着がある可能性が高い。
失礼ながら、質問者サマが修理しようとしても状況を悪化させることはあっても好転することはないと思われるから、よく分からないまま手を付けるくらいならオブジェとして残すことをオススメしたい。

幸いなこと(なんだろうか?)に、メカニカルカメラは「(機械部分なら)部品を作っても直す」という業者が存在するんで「クラシックカメラ 修理業者」で検索して、見つけた業者に相談してみるのも手・・・カメラ業界的に言う”沼”に嵌まっても責任は持てないけどね。

投稿日時 - 2019-04-07 13:10:47

ANo.6

レンズキャップを外してもファインダーを覗くと真っ暗ですね。
絞り込みの状態になっているも無いとは言えませんが
ミラーがアップしたままなのかも?
https://pchansblog.exblog.jp/3506620/
カメラを持ってカメラ屋に行けば色々教えててくれるでしょう。

尚、電池が無くても露出計が動かないだけですね。
メカニカルシャッターですから
ASA(現在ISO)感度や露出をデータシートを参考に設定すれば
それなりに撮影できます。
ISO400のフィルムなら
https://fujifilm.jp/support/filmandcamera/download/pack/pdf/datasheet/ff_superiapremium400_001.pdf
ISO100
https://fujifilm.jp/support/filmandcamera/download/pack/pdf/datasheet/ff_fujicolor100_001.pdf

昔は露出計が無いカメラが多かったようです。
そんな撮り方で撮影しました。
http://photozou.jp/photo/show/138850/221851023

投稿日時 - 2019-04-07 07:45:42

お礼

回答ありがとうございました。
ミラーを下ろしたら上手く戻って、ファインダー覗いてみたら汚れはありますが使えそうです!!すごい、感激です!!

投稿日時 - 2019-04-09 11:21:27

ANo.5

写真の中央のレンズに嵌っている「丸いキャップ」を外します。
「丸いキャップ」を外しませんと光が通過しませんので、裏面の
接眼部を覗いても何も見えません。
「丸いキャップ」を外した状態で覗きます。
また、新しい電池を入れませんとシャッターなども動作しません。
新しい電池を入れても時間が経過していますので、正常に撮れるか
どうかも不明です。

投稿日時 - 2019-04-06 22:36:58

ANo.4

ペトリFTが現役だったころを知らないと「壊れている」と結論づけちゃうんだろうけど、この辺の世代のカメラを知っている人間には、もう1つ思い当たるフシがある・・・

イマドキ(と云っても40年以上前からだけど・・・)の1眼レフは、レンズの絞りを開放にしたまま適正露出を測定して、シャッターを切るときだけ所定の絞り値に絞り込まれるという「開放測光」を採用しているけど、このペトリFTは
 絞り込んだ状態で適正露出を測定する「絞り込み測光」
のカメラなので
 レンズが絞り込んだ状態
で保管されていたのではないか と。
レンズのマウント側(カメラ寄り)の「・・・2 2.8 4 5.6 8・・・」と数字(絞り値)が並んでいるリングを回してみよう。

>レンズは取り外しできなそうなカメラです。
この時代のペトリ1眼レフはレンズ交換式だけど2段階の操作で脱着する「スピゴットマウント」のカメラなので、カメラ側の銀色のリング部分を回した上で、レンズ本体を回さないと外れないようになっている(付けるときは逆に、レンズ本体、リングの順に回す。面倒だけど精度面で有利なマウント)。
まぁ、年代的に固着しちゃっている可能性もあるから、回らないときは無理はしないで、クラシックカメラの修理業者に依頼した方が良いかもしれない。

ところで「ペトリカメラ」って、戦略ミスで変なイメージが付いちゃったこともあり、他社との競合に負けてしまったことで「ミランダカメラ」とかと一緒に日本のカメラ史の1ページに埋もれちゃったメーカーだけど、ボディ前面に生えたシャッターボタンに代表されるような独創的、斬新なメカニズムで、未だに根強いファンが”ひっそりと”いたりする・・・

投稿日時 - 2019-04-06 21:58:33

お礼

ありがとうございます!
レンズはずせました!!けど、ミラーがなかったです泣

おじいちゃんがくれたカメラなので、せっかくなら使いたかったのですが、、
調べたらペトリって全然出てこなかったのですがステキなカメラなんですね、大切にします

投稿日時 - 2019-04-07 12:03:30

ANo.3

現段階(黒いカバーを外しても真っ暗)では、プリズムの破損か、ミラーが無い(破損して取り外した)と考えられます。レンズを外すとミラー(薄い鏡)があるはずです。シャッターを押すと、それが上下して「パシャ!」という音がします。

「シャッターが押せる」とか「ミラーが有るか」などで、真っ暗な原因も変わりますので、レンズを取り外した写真と、ファインダー(のぞき窓がある)側の写真を掲載して頂いた方が、より良い回答を得られるでしょう。

投稿日時 - 2019-04-06 21:48:03

お礼

ありがとうございます!
レンズはずしたところ、ミラーがなかったです
もしかしたらミラーが上がっているのかもしれないので説明書見ながらやってみようかなと思います

もしミラーがなかったら、売ってたりしたらいいのですが。泣

投稿日時 - 2019-04-07 12:05:31

ANo.2

はじめまして♪

大きくて精密なレンズを守るために、黒いレンズカバーが付けられています。
利用時にはこのカバーを外します。

レンズを塞いでいる状態では何も見えませんが、ナニカにぶつけてレンズに傷を付けたりしないようにするため、利用時以外はカバーをはめておきましょう♪

投稿日時 - 2019-04-06 18:12:18

お礼

キャップを外しても暗かったので質問しました。

回答ありがとうございました

投稿日時 - 2019-04-06 20:17:12

ANo.1

レンズの前にキャップが付いているじゃないですか?
それを外して覗いてみては?

左右の出っ張りを指で押さえてとるだけ。
それでも真っ暗ならば、壊れてます。

投稿日時 - 2019-04-06 17:39:53

お礼

ありがとうございます
キャップを外しても暗かったので質問しました!
壊れてるんですね、残念です

投稿日時 - 2019-04-06 20:16:15

あなたにオススメの質問