こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

会社外の非違行為による解雇

こんにちは。社外の非違行為による解雇について質問がございます。

社員(役職なし)が、社外で非違行為(公然わいせつ)を行い、略式起訴による罰金刑が課されました。初犯です。また、報道はいまのところされていません。

就業規則には「破廉恥な行為により刑事訴追を受けた場合」は解雇にあたると記載されています。しかしながら、解雇権濫用法理によれば、合理的な理由(就業規則による根拠)のほか、社会通念上相当であることが求められています。

この場合、社員が初犯で悪質性も低く、反省の姿勢をみせていることをもって、解雇未満の処分とすべきか、就業規則に該当するとして毅然とした態度で解雇処分をくだすか、どうすべきでしょうか。

なお、以前同様の犯罪を犯し、実名報道がされたものの不起訴となった社員(役職者)については降格としております。

今回は、罰金刑がつき、役職がないこと、報道がされていないことなど、若干差があり、同種の事例として扱っていいものか思料しております。

参考になるご経験、事例、判例等があれば、御教示ください。よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2019-03-09 21:00:22

QNo.9595229

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

こんにちは、こちらこそ
よろしくお願いします。

判例・・・参考になればいいのですが
とりあえず、ご紹介させてください。

http://roudoumondai.com/precedent/tokyo-metro-case

http://roudoumondai.com/precedent/odakyu-electric-railway-case

投稿日時 - 2019-03-09 21:23:40

ANo.1

 
社会通念上相当・・・わいせつ行為で解雇のニュースは良く見ますよ。
罰金刑になっという事は犯罪が認定されたのですから、規則に則り粛々と懲戒すべきですね、悪例を作るとモラルの崩壊が起きますよ。

不起訴になったのは有罪と認められない事ですから、解雇などはできないですね。
 

投稿日時 - 2019-03-09 21:13:44

あなたにオススメの質問