こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

父の死。皆さんはどう思い受け容れましたか?

皆さんこんばんは。

今日のお昼頃、父が息を引き取りました。

急激に悪くなったのですが、きょうだいの中で私だけが死に目に間に合いました。

お葬式は火葬場の関係で5日後にしか予約が取れず、お通夜なしの家族葬にすることにしました。その時にはもう父の死に顔は本当に死人の顔になっていると思われますが、霊安室での父はまるでまだ生きているようでした。
今にも起きて「fs64ちゃん」と言ってくれそうでした。

そんな父を葬儀社の保冷庫に残し、自宅へ帰って来ました。

親御さんがもう他界された方、死に目に立ち会うことのできた方にお伺いします。

どうやって親御さんの死を受け入れましたか?
いつまでも悲しかったですか、すぐに立ち直れましたか、歳だから仕方ないと割り切れましたか?

もう一つ、人の死を悼む名曲がありましたら教えてください。
私は音楽で乗り越えようと思っています。

https://www.youtube.com/watch?v=yGAlh4CjpgI

投稿日時 - 2019-03-09 20:52:33

QNo.9595227

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

こんにちはfs64vvzさん

もう一度だけお邪魔させていただきます
前回は質問の回答にもなっておりませんし
私の父が逝ったのは昭和56年ですから40年近くになります
膵臓ガンでした
顔には黄疸が出ておりましたしお医者様からも長くはない
母の姪やら父の姪などが交代で付き添っておりましたが
私も仕事がありますので傍にもおれません

母からすぐ来てと連絡がありまして
駆けつけた時にはお医者さんが心臓マッサージをしておられた
父は13人兄弟の次男坊でしたから兄弟が多いものですから
もう駄目かも?と思い連絡したのでしょう
近くにいる人は皆駆けつけてくる

お医者様が御臨終ですと言えば
伯父さん兄貴と母ともども泣きすがる
私は一人黙って眺めていたような記憶が?少し離れて
涙も出なかったような?
親父、本当に死んだのかなあ?現実味がないのですねえ

通夜、葬式も終わりまして
皆さん帰られてから親父と向き合って、ああ親父死んだのか
ようやく受け容れたのでしょうねえ
骨箱を抱いて私は号泣したのです母もそうでしたが
こんな箸にも棒にも掛からぬ馬鹿息子の最高の理解者でした
今でも忘れない言葉に
「お前の人生だ好きにすればいい、ただ人の痛みを分かってやれるような人に」

最近ねえ夢に良く父と母が出ましてね
そろそろ又一緒に暮らそうか?
嫌だ❗もう少し先にしてくれアハハハ

投稿日時 - 2019-03-10 14:20:52

お礼

kamejirouさん、再度のご回答ありがとうございます。

私は、祖母が亡くなった時には亡くなってから対面していて死に際に間に合わなかったのですが、同じようになんだか現実味がありませんでした。
そして、これまたKamejirouさんと同じように、火葬場で焼かれて骨を拾う段になって、小さな髑髏になってしまった祖母を見て「ああ、もう会えないんだな」と実感して泣いたものです。
きっと、父が骨になった時もまた号泣するのでしょうね。

父からもらった言葉は数知れませんが、子供達宛の遺書と書かれた物に、「お墓に骨を入れても、私はそこにはいません。骨は粉骨して海などに散骨してください。もし私を父として懐かしく思うのならば、声に出さずとも写真を見て想ってくれれば私の心に届きます」と書いてあるのを今日読みました。

まさしく「千の風になって」のような、父らしい言葉だと思いました。

>最近ねえ夢に良く父と母が出ましてね
そろそろ又一緒に暮らそうか?
嫌だ❗もう少し先にしてくれアハハハ

最後に笑わせてくださいましたね(笑)
少し心が和んだ気がします。

ご回答、ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-03-11 18:05:06

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(14)

ANo.14

fs64vvzさん
こんばんは
お父様のことで お気持ちがいっぱいの時に
わざわざコメントをいだだきありがとうございました。

お名前の後に さん を付けないでしまい大変失礼しました。ごめんなさいね。

今は、しっかりしなければと気が張っていて
あまり涙が出ないと思います。少し時間が経つと本当の悲しみがやって来て それが次第に思い出に変わります。

死は受け入れられます。

投稿日時 - 2019-03-11 19:05:55

お礼

お礼を少しづつ書いていたので気づかず、締め切った後に読みました、すみません。
再度の暖かいご回答、いたみいります。

確かに、今は葬儀の段取りやお金の工面、残された母のための役所手続きなどに追われ忙しく、簡単には涙が出ません。

ですが父のいた実家のベッドでうたた寝している時に、そうした忙しさは悲しみにワンクッション置くために神様が用意してくれたものなのかもな、となんとなく思いました。

>死は受け入れられます。

心強いお言葉、ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-03-12 00:40:55

お父上のご冥福をお祈りいたします。

私の父の時は、認知症を発症していた上、心臓や脳にも梗塞があったため、ある程度の「覚悟」は、亡くなる数か月前からありました。立ち直るかどうかよりも、亡くなってからのいろんな手続きに忙殺されたので、「悲しんでいる暇がない」というのが正直なところでしたね。

>人の死を悼む名曲
私の父は「俺の葬式にはこれをかけろ」と常々言っていたので、出棺の時にモーツアルトのレクイエムのCDを持参して演奏させました。明らかに斎場のスタッフは迷惑そうな顔をしていましたが(笑)。

投稿日時 - 2019-03-11 12:50:12

お礼

lolipop-sapporoさん、こんばんは。

え!?
モーツァルトのレクイエムが迷惑!?
まさにそのための曲のようなものなのに・・・

私も音楽をかけることを希望しました、若い頃ギターの流しをやっていた父が自分で弾き語りした曲たちです。
演歌やムード歌謡が多いのでそっちの方が迷惑がられる気がします(汗)

認知症と内臓疾患の併発は父も同じでした。
でも、半年で急に容態の変化が進み、遺族である私たちは「えっ!?」という感じでした・・・。

母がとにかく悲しんでいて親戚への連絡やお葬式の段取り、相続の手続きなど(負債しかありませんので私が継いで自己破産する予定です)出来そうもないので私がやっていますが、悲しいのは同じです・・・。

これくらい忙殺された方がそれはそれでいいのかも知れませんね。

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-03-11 18:39:45

ANo.12

こんにちは
お父様のご冥福をお祈りいたします。
大丈夫、
きっと乗り越えられますよ。

https://www.youtube.com/watch?v=gGi8wjv8I78

投稿日時 - 2019-03-11 10:28:35

お礼

MJさんこんばんは。

この曲も人の生と死を歌った曲ですね。
ジブリ作品の中で私が一番好きな作品が「千と千尋の神隠し」です。

またいつか、父に会えると想ったら悲しみは乗り越えられそうです。

父は海洋散骨を望んでいました。
海を見ればいつも父に会えます。

寂しいと考えないことにします。
出棺時にかける曲の候補にしたいと思います。

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-03-11 18:27:29

ANo.11

同じ年に両親が亡くなっております。
fs64vvzのお気持ちを思うと言葉になりません。

https://youtu.be/ISHlrDfxy-A

投稿日時 - 2019-03-10 20:09:46

お礼

Kabotan502さん、こんばんは。

享年80歳、充分頑張ってくれた人生でした。
心からありがとうとお疲れさまを言いたいです。

荘厳な曲が心に染みます。

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-03-11 18:18:39

ANo.10

死に化粧とかしてあると普通に眠っている顔ですよね。
家の場合は突然というものではなかったですし、お互い年齢的にも覚悟が出来る状態でしたので・・
納骨が終わった後だと「千の風になって」あたりではないでしょうか。

投稿日時 - 2019-03-10 17:35:43

お礼

sakura-333さん、こんばんは。

死化粧は予算の関係上もしておりませんで、火葬当日になったら本当にヤレた顔になっていると思われます。

我が家の場合は去年秋頃から急激に認知症と肝不全が進み、認知症の専門病院に回された後の急変でまた総合病院に送られ、1日経たずに亡くなりました。

他の方のお礼にも書きましたが、今日子供達宛の遺言書に「お墓に骨を入れても、私はそこにはいません。骨は粉骨して海などに散骨してください。もし私を父として懐かしく思うのならば、声に出さずとも写真を見て想ってくれれば私の心に届きます」と書かれていて、まさに「千の風になって」のようだと思いました。

ご回答、ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-03-11 18:14:55

こんにちは!(´・ω・`)b

大変でしたね。お疲れ様です。御父様の御冥福を御祈り致します。
m(_ _)m

私の父はガンで治療開始半年間で亡くなりました。
なんというか・・・この間はなぜもっと親孝行しておかなかったのか、後悔ばかりの日々でした。かつ、家族の大切さも痛感しました。
人はよく失って初めてその大切さを知ると言いますが、本当にそう思いました。

まだ悲しみは癒えてません。
親孝行したかったな・・・

投稿日時 - 2019-03-10 14:03:32

お礼

ん?HCBちゃんかな???
oshiri-ana012さん、こんばんは。

ガンで半年で亡くなられ、悲しみが癒えていないとのこと、とても共感できます。
私の父もガンではないから余命宣告がなかっただけで、去年秋からみるみる状態が悪くなっていきました。
病院をたらい回しになった挙句の死で、家族としてもっと出来ることはなかったのか後悔するときりがありません。
母はいまだに、「あの病院が悪かった。かわいそうなことをした」と言っては泣いています。
病院のせいにでもしないと収まらないのでしょうね。
おしどり夫婦でしたから、そんな母の涙を見るたびこちらも泣けてしまいます。

>人はよく失って初めてその大切さを知ると言いますが、本当にそう思いました。

本当にそうですね。
こんなに急激に容態が変わると思っていませんでしたからなおさらです。
親孝行の後悔は山ほどありますが、今は遺書どおり海洋散骨をして本人の希望に沿うことだけが出来る親孝行となってしまいました。

oshiri-anaさんの悲しみもやがて癒えますように、お祈りしています。
一緒に乗り越えましょう。

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-03-11 17:45:46

ANo.7

ある日 遠く離れた故郷からの電話
それは父の死を知らせるものだった。
「あっ そう」
それだけ。葬儀にも出席することはなかった。

投稿日時 - 2019-03-10 12:34:09

お礼

nagata2017さん、こんばんは。

ずいぶんとあっさりしておられたのですね。
お仲がよろしくなかったとか?

いや、nagataさんなりの受け入れ方だったのでしょうね。
それも分かる気がします。

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-03-11 17:29:54

ANo.6

そうでしたか・・・
私の父はガンでしたが、亡くなるまでの3ヶ月間は病院に通い詰め、時には泊まり込みで看病しました。
好転しないことは知っていたので、亡くなった時は比較的冷静に受け止めました。
弟が朝まで付き添ってから入れ替わりで私が交代して、ほどなくして看護師さんの回診で異変に気付いて担当医を呼んで、そのままでした。
なので、その場にいたのは私だけでした。
悲しいのは確かなのですが、その後の通夜や告別式の段取りをどうしようか、親戚にも連絡しないといけない・・・亡くなってからの諸々の段取りに忙殺されて、あっという間に数日が過ぎ去った記憶があります。
忘れられないのは、父親の身体が弱ってきてベッド横のポータブルトイレで用をたすようになってきました。
私はセッセとその片づけをしている時に父親が、“臭くないのか?”と聞いてきたことがあります。“臭くないよ、家族だもん”と言ったら、父親の目から涙が流れたのを覚えています。
それを見て、ちょっとは親孝行ができたのかなぁーと今更ながらに思っています。

投稿日時 - 2019-03-10 02:57:09

お礼

citytombiさん、おはようございます。

男性、それも長男は比較的冷静かも知れませんね。
弟が、涙はほとんど流さず葬儀費用の工面を早々に始めていました。

私の父は認知症と内臓疾患と両方あり、認知症がひどかった昨年暮れは意識混濁で総合病院に入院するも引き続きの入院を断られ認知症専門病院に移りました。
そこでは内科のドクターが週1日しか来ず、急変したときものんびりとした対応で総合病院に搬送された時は手遅れでした。

入院前は母がシモの世話をやっていましたが、私が手伝おうとすると「娘にこんな情けない姿は見せたくない」と言って拒否した父でした。
狭いマンションの実家にはいつも便の匂いが漂っていましたが、やはり身内なので気になることはあまりなかったのを覚えています。

citytombiさんは親孝行の思い出があって良かったですね。
私は不肖の娘でして、成人後もきょうだいで一番手のかかった子どもでした。
老後の親孝行はしたつもりですが、自分の病気で思うようにもいかず。
気持ちだけでも伝わってくれていればいいなと自分のエゴながらに思います。

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-03-10 07:33:09

ANo.5

親の年齢や闘病の有無でも、かなり違うでしょうが、若く、いきなりだと
ショックは大きいとでしょうね。
私の父は、70は過ぎていたのと、長く闘病していました。
何度か危ないと病院に行っては帰るの繰り返しでした。
最後は消毒をしないと部屋に入れない状態でアルコールアレルギーの
私は消毒できないので入れませんでした。

正直、いまだに入院しているような気持ちです。
勿論、葬儀は、しましたが亡くなった実感は有りませんし
伝えたいことが有ると夢に出てきます。
長い間、物件を探していたのですが見つからず父が亡くなってから
父が夢で「物件、出るぞ。用意しとけ」と。
その直後、物件、見つかりました。
なので今だに亡くなったも悲しいも無いままです。

投稿日時 - 2019-03-10 00:21:25

お礼

zabusakuraさん、おはようございます。

父は80歳まで生きましたが、晩年は認知症も進み内臓も老化していって何度も救急車で運ばれ、病院をたらい回しにされ手遅れになってからの総合病院への搬送でした。

一度は家に帰してあげたかった、愛猫にも会わせてあげたかったなど後悔が尽きません。

zabusakuraさんはいまだに心の中でお父様が生きていらっしゃるのですね。

もちろん自分の心の中に父はいますが、やはり死に目に会うと悲しさがこみ上げます。

>伝えたいことが有ると夢に出てきます。

そうなのですか・・・
私の父も夢枕に立ってくれるといいのですが。
世の中にはやはり科学で説明できないこともあるもので、私はこの直前から首の故障で仕事を休んでいるのです。
父が死に目に会えるよう呼んだのかも知れないと思っています。
さもなければ、毎日仕事で遠方へ行く毎日でしたから・・・。

ご回答、ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-03-10 07:18:50

ANo.4

fs64vvzさん、こんばんは。

大丈夫ですか。
辛いお気持ちよく分かります。
お父さんは、まだ若かったのでしょう、悔しいさや残念な気持ちは有ったでしょうが、fs64vvzさんに会えただけでも良かったですね。
これから葬儀やらでお忙しいでしょうが、ご家族や親族が会って、お父さんの思い出話や、集まった人たちとの交流も有るので、新たな結束もできると思います。

僕の親父が亡くなったのは、僕が60歳くらいで、親父が84くらいだったので、急ではありましたが、来るべく時が来たという感じでした。
男は、親父が死んで本当の大人になるという考えも有るので、家長としてもしっかりしなければという気持ちになりました。

道楽者の親父でしたが、最近鏡の中に親父の影を見ると、やはり似てるなと思います。
顏だけでなく、趣味や道楽もよく似ていて、不思議な気分です。
べったりではないですけど、サーカスや屋台のラーメンに連れていて貰たことなどよく覚えています。
僕が死んだあと、また、天国で会えると思うと、死もそんなに怖くなくなります。

僕の音楽好きは、親父に似ていて、中学生くらいの時に一緒にTVを見ていて、
ピンキーが歌う「オーマイパパ」を聴いた親父が「親の気持ちが分かってない」と、ぽつりと言いました。
「へえ、道楽息子なのに、よくそんなこと言うなあ」と思いました。
道楽息子なりに、親の有難さは分かってたんですね。
「オーマイパパ」https://youtu.be/n-HL0uctQ8s(森昌子)
https://youtu.be/6dWOsP_wly0(エディーフィッシャー)

時々お父さんとの楽しかった思い出を思い起こして上げれば、喜んでくれると思います。

投稿日時 - 2019-03-09 22:25:06

お礼

5mm2さん、こんばんは。

父は享年80歳でした。
だんだんだんだん運動や趣味に興味が失せ、寝たきりになるにつれて認知症も進み、去年の秋から急に老化が進行し始めました。
55歳で心筋梗塞で倒れてから、手術を何回も受け充分生きたと思いますし、やれることはやった人生だったのではとも思います。
今はただありがとう、お疲れさま、ゆっくり休んでねと言葉をかけています。

>親父が死んで本当の大人になるという考えも有るので、家長としてもしっかりしなければという気持ちになりました。

今は長男坊が自分の生活でいっぱいいっぱいになっており、葬式費用の捻出に悩んでいるくらいですから、やはり私がしっかりしないとダメなのかも知れません。
特に、長年連れ添った夫を失くした母に寄り添いつつ経済面でのフォローもしっかりしてあげないと、それが出来るのは自分だけだと思うのでいつまでも悲しんでいる暇はありませんね。

道楽者のお父様もいいですね。
私の父は短気な雷親父でクソ真面目でしたから、よくぶっ飛ばされていました(笑)

「オーマイパパ」心に響きました。
特にエディ・フィッシャーのがすごくいいなと思いました。
懐かしい父の思い出に浸れる時間を与えてくれる、そんな曲ですね。

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-03-10 00:22:12

私は親族の死に目に立ち会っていないので答える権利はありませんが、お父様を亡くされたと言うことで心よりお悔やみ申し上げます

ばーちゃんでも死に目には会えませんでした

亡くなったと聞いてすぐに実家に帰った次第です

投稿日時 - 2019-03-09 22:03:38

お礼

michiyoさん、こんばんは。

私も実はこれまで誰かの死の瞬間に立ち会ったことはないのです。

ドラマで見るよりも想像以上に、肉親の死にゆく姿は悲しく辛いものでした。
また、母が「あなた、愛してるよ。来世でも結婚しようね。まだまだ、話したいことがたくさんあるのよ」と声をかけながら泣いているのを見てのもらい泣きもありました。

いつかお別れが来るとは思っていたけれど。

子どもの頃学校で合唱させられた「大きなのっぽの古時計」を、悲しくて今は聴けません。

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-03-09 22:10:17

ANo.2

こんばんは。

心よりお悔やみ申し上げます。
辛い現実を受け入れるというのも更に辛さが増してきますね。
私が27歳の時に父を亡くしました。
何もしてあげられなかった後悔にさいなまれました。
あんな事もしてあげれば良かったとか。

どうかお気持ちを少しでも落ち着けて下さいね。
https://www.youtube.com/watch?v=vD1dBv6LS_4

投稿日時 - 2019-03-09 21:43:01

お礼

Live-monsterさん、こんばんは。

不肖の娘だったと後悔は山ほどです。
最後まで、豊かな暮らしをさせてあげられなかった老後でした。

代わりに自分が父から得たものはなんと多かったことか・・・。
漫画家になりたいと言えばつけペンやケント紙を買ってくれ、専門学校に行きたいと言えば行かせてくれた父でしたが、全部中途半端で終わらせ父に無駄金を遣わせてしまいました。

そんな父に、心から感謝とお疲れさまでしたを言いたいです。

素敵な音楽と映像のムービー、癒されました。

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-03-09 22:04:23

ANo.1

こんばんはfs64vvz さん

私は言葉もありません
私はお父様のことについては良く承知しておりますし
悔いは誰にでも残るのです
でも、あなたにありがとうと言ってくれたのなら
あなたも少しは救われるのでは?
お仕事の合間にお父様の心配をされるのは大変でしたでしょう

回答にもなりませんが
お父様のご冥福心より祈っております
私は涙もろいからあなたの気持ちを思えば泣けるのです

投稿日時 - 2019-03-09 21:10:42

お礼

kamejirouさんありがとうございます。

一緒に泣いてくださるのですね(涙)

まだ喋れていた頃、父はよく私のことを、親のために家1軒買ってしまうんだから凄いな。と褒めてくれたり、またトラックに乗るのか、心配でしょうがないと認知症でありながら繰り返し言ってくれていました。

結果的に家は病気で手放しましたがそのことに感謝してくれていましたし、今は肩の故障のせいで仕事はクビになりそうですが父が心配のあまりそうさせたのかも知れませんね。

今後は、父の死を無駄にしないためにも自分をもっと大切にしなければならないのかな。
そうすることで父への手向けになるのかな。
そう考えると落ち着くのかも知れませんね。

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-03-09 21:29:27

あなたにオススメの質問