こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

2019年3月現在、一番お得な光回線

家に現在、ソフトバンク光マンションを利用しています。更新月は2019年11月。

切り替えの予定:
プラン(1)「フレッツ光ネクスト ギガ・マンションスマートタイプ プラン2光配線方式」
プラン(2)「フレッツ光ネクスト マンション・ギガラインタイプ プラン2光配線方式」
先ず、このプラン(1)とプラン(2)の区別は?
更に、初期費用16,800円掛かります。

調べたところ、「DTI光」もあります。初期費用掛かりません。

2019年3月現在、一番お得な光回線は、何でしょうか?

投稿日時 - 2019-03-04 23:40:05

QNo.9593753

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

プラン(1)「フレッツ光ネクスト ギガ・マンションスマートタイプ プラン2光配線方式」
>>>>>>スマートタイプなので無線有
それから プランですが プラン2希望と有りますが 加入状況で切替わるので希望で 出来るものでは無いです 
プラン(2)「フレッツ光ネクスト マンション・ギガラインタイプ プラン2光配線方式」
>>>>>>ギガ ラインなので有線です 無線は有りません
でも 光配線方式に設備更新は とっても良い事です

先ず、このプラン(1)とプラン(2)の区別は?
更に、初期費用16,800円掛かります。
あの~DTIは旧電力系で 確か??現KDDIグループですよ
初期費用が掛からないのは魅力ですけど その分ちゃんと使ってねって言う
お約束だから タダほど高いものは無いかも?
ん~SBは解約しないと先には進みませんよ ただ SBの解約はすっごくとっても大変だよ どうしてそこまでするかな~ と思うほど 懲りました
場合によって2ヵ月は掛かるかな?? 
でも  自分ならギガ・スマにしてから解約しますね
現状は新規は普通に光配線方式なので
新規で申込しておけば設備更新は予定に成ってる訳だから
設備変更終了次第オーダーから開通作業に掛かれるので

投稿日時 - 2019-03-08 19:22:36

ANo.2

ほとんど既回答のとおりなのですが、私が気になった点です。


> 家に現在、ソフトバンク光マンションを利用しています。

この現在のマンションタイプの、マンション内の配線方式は下記3つの配線方式のうちどれですか?
マンションタイプの配線方式は、住んでいるマンションの配線に左右されますので、契約者が任意には選択が出来ません。
https://flets.com/next/fee_smenu.html

(1) 光配線方式
マンション内の共用スペースの光回線機器から、「ファイバー」で各部屋まで接続する方式

(2) LAN配線方式
マンション内の共用スペースの光回線機器から、「LAN配線」で各部屋まで接続する方式

(3) VDSL方式
マンション内の共用スペースの光回線機器から、前記(1)(2)の「光配線もLAN配線もない場合、マンション内の共用スペースの光回線機器から、既存のメタル線(材質が銅線のふつうの電話配線)を用いて各戸まで接続する方式 。つまり、マンション内はADSL方式に似た信号方式で通信。


切替予定はマンションタイプですが、どちらも「マンション光配線方式」ですね。
現在のマンションの配線方式が分かりませんが、同じ「マンション光配線方式」ですか?
もし、現在と違う配線方式ならば、マンション内の共用スペースの光回線機器からの配線の工事が必要となります。

古いマンションならば、マンション内はメタル線(材質が銅線のふつうの電話線)だけなので、たいていは、(3)のVDSL方式のはずです。
また、マンション全体がリホームの時に、工事費が高価になるので(3)のVDSL
方式で十分とかで、、(1)の光配線方式や(2)のLAN配線方式にはしないでしょう。

また、新築のマンションでもよほどのの注文で無いかぎり、(1)の光配線方式や、(2)のLAN配線方式の場合は、建築費が高くなるので、この配線にはしないでしょう。

質問文からは、マンションの配線方式が分からないのですが、もし、光回線の契約変更をするとき、配線方式が違う契約をすると、契約が出来ないことも考えられ、現在と同じ配線方式の契約となります。
もし、配線変更をする場合は、1部屋だけが変更工事が可能なのか、マンション内の配線工事のために管理会社・大家等の許可が必要かもしれないし、他の部屋の住人からのクレーム等もあるかもしれません。

また、配線方式の変更は、bizg さんのマンションが実際に出来るかどうかは不明ですが、配線方式変更の工事内容は、電気の工事と同等か、それ以上となります。

--------------------

「ソフトバンク光マンション」も、「DTI光」も、NTT東・西の光回線設備を利用した、「転用」または「光コラボ」の光回線契約です。
光回線終端装置(ONU/戸建て用の光回線用のモデム機能)や、光回線マンションタイプなどの回線関係の機器には、NTTマークが付いているはずです。

「転用」または「光コラボ」の光回線契約の場合の、工事・アフター・メンテナンスなどは、NTTマークのついた機器までは、NTT東・西(協力会社・下請も含む)がします。
ただし、これら(工事・アフター・メンテナンスなど)の申込先は、光回線契約先となって、NTT東・西では直接の受付をしません。

投稿日時 - 2019-03-05 12:17:08

補足

家にソフトバンク光マンションを利用しています。今現在、(3)VDSL方式です。先月までは、(1)光配線方式できなかった為。
遂に先月から、NTTの調査、工事により、このマンションには(1)光配線方式もできるようになりました。

今の選択肢は、
1.SBを解約(違約金が発生)、NTTと契約する:■月額利用料■プラン(1)「フレッツ光ネクスト ギガ・マンションスマートタイプ プラン2光配線方式」(ひかり電話基本プラン )合計:3,450円(プロバイダ料は別途);プラン(2)「フレッツ光ネクスト マンション・ギガラインタイプ プラン2光配線方式」(ひかり電話基本プラン 、ひかり電話機器使用料 )合計:3,800円(プロバイダ料は別途)。■初期費用■合計:16,800円
2.SBに継続、サービス内容変更(配線方式の変更)、違約金は発生しませんが、工事料が発生(24000まで)、見積もり中;月料金は変わらない(SoftBank 光(マンション)月額基本料:4,104 円 、オプションサービス料:光電話基本プラン(N)月額利用料:540 円、ホームゲートウェイ(N)月額利用料:486 円、合計:5130円、(プロバイダ料込み)


どちらが初期費用が安いを見て決める予定ですが、実際の両方のスピードは同じくなるか、を気になります。

投稿日時 - 2019-03-05 13:41:24

ANo.1

NTT東日本管内ですかね。

NTT東日本の「フレッツ光ネクスト ギガ・マンションスマートタイプ」は契約内容に無線LANを含むもので、「フレッツ光ネクスト マンション・ギガラインタイプ」は契約内容に無線LANを含まないものです。これはレンタルとなるNTT機器に無線LAN機能があるか、ONUになるかの違いになります。
月額料金で300円差があります(ラインタイプのほうが安い)。
コラボ光の場合は料金差が発生しません。ただし、ひかり電話を契約しているとルーターレンタル料がどちらの場合も300円ほど発生します。無線LANを使いたいという申告があれば、ひかり電話なしのスマートタイプで契約できますが、この場合もオプション料金がかかることがあります。

光配線方式はマンションに光回線が引き込まれたのち、各部屋に「光ファイバー」で分配が行われ、各部屋に光コンセントがあり、その先に終端装置(ONUやひかり電話ルーター)を置いて通信を行う配線方式です。
特徴としては、光ファイバーで部屋まで通信ができるため、理論上はベストエフォートの速度(通信の最高速度)まで出るだけの環境があるものになります。(最高速度で通信できることを保証するものではありません)

ソフトバンク光を利用中ということですから、別のところへ乗り換える場合は「新規」での申し込みになります。
そのため、既存の設備をそのまま転用することはできません。
※フレッツ光の契約回線をコラボ光の回線へ転用することはできますが、コラボ光をフレッツ光へ戻したり、別の光コラボへ転用することはできません。
そのため、回線工事費などが発生します。初期費用は、開通工事、事務手数料などを含んだ金額です。ただし、マンションタイプで契約する場合、無派遣工事で対応できることもありますが、NTTが決めるため申し込み段階では派遣開通工事の費用で案内されます。

「初期費用が掛からない」というキャンペーンだったり、キャッシュバックするというキャンペーンは量販店や代理店が行っていることが多いです。工事費分割で月に割引を行って「実質ゼロ」で案内されることもあるので、そのあたりはしっかり確認してください。
開通工事費がイヤ!というのであれば、そうしたキャンペーンを打っているところへ乗り換えるとよいでしょう。
また、申し込み先によっては違約金相当をキャッシュバックするというキャンペーンを行っているところもありますので、(一時的な負担はあっても相殺できるので)更新月以外でも乗換しやすいことがあります。

工事費用は掛かりますが、enひかりは月額料金が安いコラボ光です。IPv6プラスなどを利用するならオプション料金がかかりますが、それでも一般的なコラボ光よりも月額は安めです。

お得さでいくと、特定の携帯キャリアと提携して、携帯料金を割り引けるような光コラボもお得感はあるかもしれません。
ソフトバンクユーザーで対象地域ならNURO光とおうち割で、速度も向上してお得感ありそうですし、auユーザーならau光でスマートバリュー適用でサービス向上もお得でしょう。(NURO光、au光は速度が5Gbps/10Gbpsのサービスを展開していますが、解約時に回線撤去費用が掛かるので、その点は注意してください)

最終的に、何に重きを置くのかによって「お得」は異なります。速度なのか、評判なのか、初期費用なのか、月額料金なのか、オプションサービスなのか。
そこをはっきりとさせるのが、乗換検討の第一歩です。

投稿日時 - 2019-03-05 00:37:46

お礼

このような全面的な助言は、各業者さんから得られないです。

投稿日時 - 2019-03-05 10:07:14

あなたにオススメの質問