こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

マクロビを批判するブロガー、訴えたら勝てる?

私はマクロビオティックのお料理教室を運営しています。
生徒の数も多く、日々楽しく運営しています。

最近、生徒から知らされましたが、マクロビオティックを批判しているブロガーがいます。ブログでマクロビオティックの批判を展開していて、人気があるのだそうです。

私の教室を批判しているわけではありませんが、私のやっていることを批判されているようで、言論の自由とはいえ、納得できません。

このブロガーを訴えて、勝訴することは可能でしょうか?

投稿日時 - 2019-02-28 11:48:30

QNo.9592254

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

辣腕弁護士ならば、勝つ可能性もあのでしょうが
僕は、可能性がないような気がします。

間接的には 批判されている そうなんですけど

例えば
車は、人の命を奪うものだ!
こんなん世の中からなくなればいい。
などと批判したとします。
これと
florio自働車の作った車、車名florioミニは
みんな買うんじゃない!
なぜなら
新車で買ったが、妻がエンジンかけようとしただけなのに
爆発し、妻が即死した。
こんな車を買うんじゃない!

の違いは、まぁちょっとわかりやすくしたのでアレですが...
民事で考えると

人身攻撃に及ぶなどの意見・論評の域を逸脱したもの
なのか?

社会的評価を低下させたのか?

最低限は、不法行為になるか?

などと考えると、わかりやすいかもしれません。

投稿日時 - 2019-02-28 13:37:53

ANo.3

記事の内容に合理性があるかどうか 根拠となるものがあるのか
といったことが争点になると思います。
訴えることはいつでもできますが 勝訴できるかどうかという点は それがポイントになると思います。
根拠も 合理性もなく ただの中傷記事に過ぎないと証明できれば勝てると思います。

投稿日時 - 2019-02-28 12:33:22

ANo.2

自分の料理教室を批判された、自分の考え方を否定されたと感じる、という訴えなら勝つことは無理でしょう。
意見を述べているに過ぎない、で良いのですよね?
その人のブログの中身がわからないのでなんとも言えませんが。

投稿日時 - 2019-02-28 12:19:17

ANo.1

 
批判する自由は誰にでもあります
総理大臣が国会で多くの議員に批判されてますよね。
 
ただし、誹謗中傷なら勝訴の可能性はあります。
 
批判と誹謗中傷は別物ですよ
 

投稿日時 - 2019-02-28 11:59:35

あなたにオススメの質問