こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

今後世界で必要とされる人材像とは?

漠然とですが、将来は世界を股にかけて仕事ができたらと思っています。
世界で活躍するためにはどんなことを身につけておくべきですか?
また、今後世界で必要とされる人材とはどんな人材だと思いますか?

抽象的な質問ですみません。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2019-02-13 19:34:53

QNo.9587470

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

普通の会社に入れば、普通に海外出張なんてものはあります。出張に行くのも特別な社員ではなく普通の社員が行きます。語学が駄目でも会社で通訳を雇って対応します。そこに何ヶ月も行かされるうちに、その国にある支社に配属されることもあります。世界を股にかけるってのが、こういうことじゃ無いのかもしれませんが、今時、海外で働くことは、何も特別なことではないと思いますよ。
仮に特別なことだったとしても、どういう業種、職種ってことが書かれていませんから、何を身につけるかなんて話は出来ないと思いますよ。

投稿日時 - 2019-02-13 22:18:13

お礼

ありがとうございます、確かに、こんなあいまいではいけないですよね。気を付けます。

投稿日時 - 2019-02-16 15:10:47

ANo.1

年間10回くらい海外出張をする事が「世界を股にかけている」のかどうか分かりませんが、その経験からの考えです。

まず、なんと言っても語学力です。語学力はそれほど必要ないという人もいますが、それはウソです。まず、心の交流ができる語学力が無いと話になりません。それも、ビジネストークだけでは無くて、パーティで話をして盛り上がれる、急に言われてウィットにとんだスピーチができる。あるいは、異性をくどける語学力です。

その次に、相手の国の文化、風習、食習慣を理解する柔軟性と基礎知識です。

最後が実は一番大事だと思うのですが、あなたのオリジナリティです。あなた自身になんらかの魅力、才能が無ければ、だれも興味を持ってくれません。それも、世界で何番目と競える程度の。

最低限、これだけのことができれば、「世界を股にかける」事ができるかもしれません。

投稿日時 - 2019-02-13 21:03:51

お礼

>語学力はそれほど必要ないという人もいますが、それはウソです。
この部分は自分のまわりの人に言われていたので、ちょっと信じている部分がありましたが、基礎知識やオリジナリティなどの部分はあまり考えてもいなかったので、語学力だけではないけど、でも語学力が大切だということがなんとなくわかってきました。参考にします。ありがとうございます。

投稿日時 - 2019-02-16 15:09:37

あなたにオススメの質問