こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ICFとIADLについて。

ICF(国際生活機能分類)についての質問です。

IADL(手段的日常生活動作)はICFの【活動】に分類されるのでしょうか? それとも、【個人因子】に分類されるのでしょうか?

宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2019-02-09 12:53:57

QNo.9586061

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは

IADLはICFの活動に含まれるくらいです。「しているIADL」「できるIADL」「できない時もある」という風に、幅をもたせた尺度も必要となってきます。これらIADLへの介入は「活動」の向上を目指しているものです。ICFの活動と参加を具体例をあげてどう分類するか少し書いておきます。

<健康状態> 病名 脳内出血 加齢、けが
<心身機能、身体構造> 視野が狭い 、神経障害で方向が困難
<参加> 買い物をする
<環境因子> 周りに支援者がいない
<個人因子> 年齢、性別
<活動>
・文字を書く
・歩く
・食べる
・IADLやADL  ←ここです。

こういう感じで分類します。

投稿日時 - 2019-02-28 16:47:28

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問