こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Windows10 USBメモリーからの起動

USBにバックアップソフトを使って(AOMEI Buckuooer)、
LinuxベースとWindowsPEベースのブータブルUSBメモリーを作成し、
ThinkPadX121eで起動実験USBメモリーからブートできました。
ノートPCがもう1台あります。
Let'note CFAX2です。こちらの起動設定方法(BIOS)などの方法がわかりません。
【コンパネパネルからハードウエアとサウンドを選択
電源オプションから電源ボタンの動作(画面左側)を選択
画面がシステム設定になり現在利用可能はでない設定を変更しますを選択
画面下部の高速スタートアップを有効にする(推奨)のチェックをはずす。
再起動後、DelキーでBIOS画面が出る。】
まではできています。よろしくお願い致します。

また、ブータブルUSBメモリーはマシン毎に作成しないといけないものでしょうか。
それとも1つあれば紹介した2台はブートできますでしょうか。
合わせてお教えください。
バックアップ等についてはあまり良くわかっておりません。宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2019-02-07 14:25:34

QNo.9585504

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

BIOS設定の起動オプションで「USBハードディスク」というのがUSBメモリに該当するはずですので、起動優先度を「ハードディスク」よりも上げてみてください。(「ハードディスク」が「USBハードディスク」よりも上にあると「ハードディスク」から起動してしまいます)
ブータブルUSBメモリーはインストールするOSごとに作成してください。

投稿日時 - 2019-02-07 16:46:09

お礼

ありがとうございます。やれそうです。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-02-07 20:00:01

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

" Windows10 USBメモリーからの起動"に利用するPCはCFAX2ですか?
WindowsをUSBメモリーから起動するにはWindows to GOがありますが、
正規のWindows to GOを作成するにはEnterpriseエディションが必要です。
 HOMEエディション搭載のPCでも同様のUSBメモリーを作成できますが、
任意のPCで起動できる正規のWindows to GOと異なり
作成したPCからの起動に限られます。
 Windows to GOを作成するにはUSB 3.0以上の高速の物が必要になりますが、
正規対応のUSBメモリーは高価であり一般には入手が難しいでしょう。
 作成方法は次の通りです。
1,Windows 10のISOイメージをマウントする。(ここの例では”Y”ドライブ)
2,32GB以上のUSBメモリーを(例えばF:)にマウントする。
3,コマンド・ラインで次を実行する。
Dism /Apply-Image /ImageFile:Y:\sources\install.esd /Index=1 /ApplyDir:F:\
または
Dism /Apply-Image /ImageFile:Y:\sources\install.wim /Index=1 /ApplyDir:F:\
4,次のコマンドを実行してBoot Loaderをインストールする。
F:\Windows\System32\bcdboot F:\Windows /l ja-JP /s F: /f ALL


 

投稿日時 - 2019-02-07 16:07:32

お礼

わざわざ作成方法まで丁寧にありがとうございました。
参考にさせていただきます。難しいですね。

投稿日時 - 2019-02-07 20:02:34

あなたにオススメの質問