こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

今、アマチュア無線人口が減少しているようですが

消滅するのは、何年ごろでしょうか?

投稿日時 - 2019-01-30 12:01:03

QNo.9582895

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.9

質問の意図がわかりませんのでわたしの感想を述べます。 私はもう50年近くやってます。 免許を持っててもやらなくなった方々も数多く知っています。 しかし電子工作だのとオンエアはしないけど、リグも局免も維持しつつこの世界に残っているようです。 私はもう30年近く米国で暮らしてますが、ここではボランティアでフォックスハントなんかで子供や若い人たちの啓蒙しています。 スマホやパソコンでなく、自分ではんだ付けし、それにソフトも作って組み込む。 トラブルシュートに始まり、チューニングやグレードアップ。 作る面白さを知って楽しんでいます。 私は真空管世代ですが、今の子たちはワンチップマイコンにディスクリートのフロントエンドやパワーセクションを組み合わせています。 楽しそうです。 そういうわけで、ゼロにはならないと思いますし、そう願いたいと思ってます。

投稿日時 - 2019-02-17 14:37:38

補足

表題では消滅するのはいつごろかとなってますが、それは誤りで
減少はしているが、消滅することはないというのが結論です。

投稿日時 - 2019-02-17 20:19:17

ANo.8

アマチュア無線は実用のために存在しているのではないので、愛好家が居れば無くならないでしょうね。旅客機が普及してもハンググライダーはなくなっていません。

太平洋戦争中のように禁止されたりしない限りですが。

投稿日時 - 2019-01-31 16:49:33

補足

今、アマチュア無線家は1っか月に千人、つまりは一年間に
12,000人減少してます。現在のアマチュア無線家
は41万人存在してます。

しかし、そのうち下げ止まり0人があって、最後に残るのは
マニアの方だけになるものと予測しています。

だから、この世からアマチュア無線が消滅することはありません。
みなさん、ご安心ください。

投稿日時 - 2019-01-31 18:33:16

ANo.7

固定局だけでなく 屋外で使う場合もあるので まだまだ続くと思います。
500mを越える範囲の無線。
これも携帯基地局を使う通信に代替わりしていくのかもしれませんね。
残るのは エベレスト登山などだけかも。

投稿日時 - 2019-01-31 11:29:31

ANo.6

外国の人とお気軽にお話できるのは、国境という
壁は電波には存在していません、そのお国の生活状況と
か聞けるしね。

<消滅するのは
マニアが多く存在しています、電波を探索する人なんて
いうのは、良く見かけますよ、ハンター車両は電波が
好きなようです。

投稿日時 - 2019-01-30 20:18:15

補足

インターネットのSkypeだとSkypeどうしタダですよね。
国境という壁はSkypeには存在していません。

          が。

投稿日時 - 2019-01-30 20:57:21

ANo.5

趣味の多様化でアマチュア無線を楽しむ人は減ってますが、完全に居なくなることは無いでしょう。
東日本大震災の時は携帯電話が使えなくなり、アマチュア無線で救助要請や支援要請をしていたことが報道され免許受験者数は一時的に増えたんですが、かつての隆盛を誇った頃のようにはいきませんね。
災害が起きる度に注目を集めますが一時的なモノでしかないですね。

投稿日時 - 2019-01-30 16:13:10

ANo.4

    こんにちは
  勉強の目的で、免許を取得している人もいます。
 CQ出販社の本で勉強している人も沢山います。
   参考まで

投稿日時 - 2019-01-30 14:50:37

補足

確かに。
そこを見落としてました。

私は、一アマを何度も受けてるので、知っているのですが
高校生3年の物理の内容をはるかに超えた問題が
出ていることがあります。

投稿日時 - 2019-01-30 16:08:51

ANo.3

アマチュア無線って
純粋な趣味で行われる無線通信です。
なので、当分無くならないでしょう。
工作以外にも衛星通信や月面反射とか様々な内容の興味に限りはないので。

携帯電話は出力100mw程度なので基地局が近くにないと通信できませんから
衛星携帯電話以外だと海上だと無線になりますよね。
また、短波帯なら見通し距離通信ではないので
非常時には被害の無い地域まで問題なく飛びますし、VHF、UHFでも中継してもらえばカバーできます。
https://www.jarl.org/Eastern_Japan_earthquake.htm

投稿日時 - 2019-01-30 13:52:08

補足

そのURL読んでもらえばわかりますが
何の役にも立っていないのがわかるかと思います。

投稿日時 - 2019-01-30 16:13:07

ANo.2

消滅しません

投稿日時 - 2019-01-30 13:44:20

補足

確かに、そうかもしれません。
今の状況では、10年のちに消滅するとは
思えません。

投稿日時 - 2019-01-30 14:12:39

お礼

JARLさんは年一回、八月ころ、ハムフェアーをやっているが
その賑わいぶりを見ると、倒産する団体とは思えない。

投稿日時 - 2019-01-30 14:22:00

ANo.1

アマチュア無線は今世紀中までは残ると思います
公共のインフラに依存しない、通信ですから
非常時にも役立つでしょう
私は、バッテリー他 災害時にも使える用に常時準備して居ます
人類が宇宙に出ても、かえって役にたつと思います

投稿日時 - 2019-01-30 12:38:49

補足

非常時には役に立ちません。携帯・スマホですら
役にたたないのですから。なおのこと。

投稿日時 - 2019-01-30 13:24:27

あなたにオススメの質問