こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

自分が精神病なのか分からない

以前もここで自分自身について気になることを質問させていただいた、20歳の女子大生です。
現在、イギリスの大学に交換留学生として滞在しており、あと少しで5ヶ月が経とうとしています。夏頃帰国予定です。

一週間少し前から新学期が始まり、心と身体に著しい不調がみられるようになりました。5,6年前から、今回のように精神的に壊れてしまうことは何度もありましたが、今回こそ向き合わなきゃと感じたので質問させていただきます。

●生活について
明日が来るのが嫌で眠れません。毎晩3時ごろに無理やり寝ます。夜は永遠に時間がある気がして、日中終わらなかった課題などをやります。もちろん朝は11時ぐらいまで起きられません。ベッドから起き上がろうとすると身体が鉛のように重く感じ、まるで別人のように動きません。夜更かししているので理屈にかなっていることなのに罪悪感です。午後~夕方はベッドでスマホをいじっています。授業のときなどは「早く部屋に帰って横になって寝たい、一日中寝てたい」と思っているのですが、いざベッドで目を瞑るとやっていない課題などが思い出され起きていないといけません。(しかし結局やる気が湧かず、いじりたくないスマホをいじる)そして課題は終わらず、夜にやる…最初に戻ります。

●食事
ストレスにより過食してしまいます。特にお菓子。食べる行為の間は一時的な幸福感に浸れるので…。しかし爆食いしても体重は減る一方です(元々痩せ型ですが160cm/42kgと過去最高に痩せています)。なので「食べてもどうせ太らないから大丈夫」とまた食べてしまいます。もちろん胃腸の調子は悪く、ときどき吐き気に襲われます。

●行動
最近、行動を開始するのに時間がかかるようになりました。以前は、心配性なこともあり時間に余裕を持って家を出ていたのに、今は授業や待ち合わせ時間ギリギリになっています。間に合う気がしてしまうのです。また、急いでいるときに何故か無駄なことをしてしまいます(床の掃除や机上の整理など)。課題に取り掛かるのも遅くなりました。まだ日にちがあるから…と思っているともう前日です。到底クオリティは低くなります。これは完璧主義も関係してるように思われます。課題のクオリティが低かったとき、「時間がなかったから…」と言えるからです。自分を守るため、前もってダメな言い訳を準備しているように感じます。

●気分の浮き沈み
【上昇時】勉強へのやる気が湧いてくる、自分が好きになる、感受性が豊かになり色んなものを良く吸収する、全てがうまくいきそうな気がする、人生に希望が持てる、いつまでも勉強できそうな気がする、一日の計画や今週の目標など意欲的に立てる、スキンケアやメイクをちゃんとする
【下降時】朝起きると絶望感、突発的に涙がとまらない、自分が救いのないダメ人間に思える、周りに迷惑をかけている、勉強だけでなく娯楽もやる気が出ない、全てに興味がなくなる、人と会いたくない、将来に希望が持てない、自分の容姿がどうでもよくなる
これらのサイクルが一日二日でやってきます。昨日は大変調子が良く、「今まで悩まされていた精神状態がすっかり回復した!」と本当に喜んでいました。前よりも立ち直るのが早くなったなぁと自分で感激していました。実際は浮き沈みのスパンが短くなっただけでした。

●その他
・天気にも左右されている気がする
・死にたいとは思わない
・右手が痺れる
・風邪などひいてないのに咳が止まらない
・英語はもちろん、日本語の文章さえ何度も読み返してしまう、読書が進まない
・横になっているときに身体がむずむずして落ち着いていられない
・英語力や現地の文化にはストレスを感じない。性格の問題だと感じる
・自分の中にふたり人間が住んでいるみたい

精神科にかかったことはないです。でも今は、誰かにこの症状を判断してもらいたいです。
大学にメンタルケアセンターはありますが、英語で全てを伝えられる自信がありません。そもそも人と会いたくありません。
大好きな家族には絶対に心配をかけたくないし、泣いて話にならないと思います。
日本にいる恋人はいつも優しく話を聞いてくれるけれど、彼には彼の生活があるしカウンセラーじゃないので、申し訳ないので彼の前では明るく振る舞いたいです。
電話が苦手なこともあり そのような形でのカウンセリングは拒絶してしまうし、こんな些細なことにお金をかけるのが勿体ないので有料のオンラインカウンセリングも避けています。

しかしもう自分だけではどうにもならない状態なので、ここにきました。ここでする話じゃなかったらすみません。でもずっと一人で考えていても、どうしても主観的になってしまい堂々巡りです。八方塞がりで辛いです。一生降りられない観覧車のてっぺんにいる気持ちが続いてます。休養をとったほうが良いのかもしれませんが、そんなことしたら講義に置いてかれてしまいます。

中学生の頃からずっと自分が弱いだけだと、皆にとっては普通のことなんだと思っていました。今でも甘えていると思ってます。でも5,6年続く何かと向き合わなきゃいけない気もしてきたのです。来週から講義も本格的に始動すると思うので、なるべく早くちゃんとした普通の人間になりたいです。

○これらの症状に名前はあるのでしょうか?(自分の拙い文章から診断するのは難しいと思いますが、調べても、躁鬱・非定型うつ・パニック発作・強迫性・社会不安などたくさんあって自分にはもうわかりません。)名前が分かれば立ち向かえそうなのです。病気じゃなかったらなかったで それは嬉しいです。

○留学中に精神的病気にかかってしまった場合、どうすればいいのでしょうか。帰国はしたくありません。

誹謗中傷叱咤などは、今の自分には受け止める力が残っておらず潰れてしまうので、お控えいただけると嬉しいです…。自分勝手ですみません。不快に思われた方はスルーしてください。申し訳ないです。

投稿日時 - 2019-01-30 07:56:32

QNo.9582844

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

marina56さん
はじめまして

気分の浮き沈みに とても苦しんでいますね。
イギリスという国で色々とご苦労されていると思います。よくここまで ご自分を分析されたと思います。夏頃に帰国とありましたが、お話を聞いて大丈夫かなと心配になりました。

辛いですね。

朝起き上がろうとすると身体が鉛のように重く
夜は永遠に時間があるように思う。

急いでいる時に無駄な事をしてしまうのは頭の中で考えが整理されていないためなのですね。

「上昇時」
感受性が豊かになり何でも吸収できるようになる。
「下降時」
上昇時と反対で涙が出て自分はダメ人間に思ってしまう。

そして、
自分の中に人間が2人いるみたい。

双極性障害II型の症状だと思いますね。
躁の症状と鬱の症状を繰り返しますが、
躁と鬱の差をなくすお薬を服用すれば浮き沈みのない生活ができるようになります。お天気にも左右されやすいので悪天候や低気圧には気をつけましょう。

一時的に帰国して心療内科又は精神科の診察を受けることはできないでしょうか。一時帰国前に、早く受診が進むようレポート用紙に今回の症状をそのまま書いて、それをご家族から医師に渡し読んでもらうのも良いと思います。

このまま夏近くまで上下に動く気持ちに貴女
ご自身が耐えられるかどうかが心配です。
医師の力がなければ良くならない病なものですから。

作家や音楽家に多い病です。

少しでも ご参考にしていただければ
嬉しく思います。

投稿日時 - 2019-01-30 10:37:25

お礼

お優しい言葉ありがとうございます。今の自分はそれだけで心が軽くなります。やはり躁鬱の可能性もあるのですね。帰国は不可能ではありませんが、時間とお金の節約のためにしたくないという状態です。しかしこのまま自分が限界を迎えてしまうようなら、視野にいれようと思います。少なくとも、帰国したら病院に行ってみます。また、関係あるのか分かりませんが、専攻は芸術文化とデザイン、趣味はピアノ(相対音感)です…感受性を活かして生きていきます。ご回答ありがとうございました^^

投稿日時 - 2019-01-30 17:02:36

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(10)

ANo.10

わたしは、双極性II型です。
わたしもほかの回答者のおっしゃるとおり双極性II型を疑います。あなた様が言うもう一人のわたしは、心理学でいう無意識の領域にある自分です。あっちの自分とこっちの自分という感覚はわかりますか?あっちの自分が無意識の領域の自分です。あっちの自分は、恐ろしいほど的確にわたし(人間というもの)を知っているのでそれを感じますとそんなことはないと心が泣きます。無意識のわたしはというと、自分をわかってくれたと喜んでいます。どちらにしろ涙があふれます。精神障害者にアーティストが多いのは、無意識の領域を感じ、それを言葉や音楽、絵、演出というものにそのイメージをあらわすので芸術になるのです。イメージは、人間そのものですので健常者でさえ感動するのです。こんな自分がわたしの中にいるかもって。

わたしは、無意識の領域を感じるとは、脳の機能がみんなと違うのだと認識しています。無意識の領域が頭に出てこないようにするには、脳の機能を一時的に改善する必要があり、薬を服用するしかありません。その無意識の領域を感じるという感受性は、日に日に増します。双極性II型は、あなた様のように二十歳前後で発症する頻度が高いです。わたしもその一人です。わたしも最初は、死を感じたことはなかったのですがどんどん悪化し死を感じはじめました。

今、考えると面白い経験をしたなと思いますが、当時は、死がそばにある感覚があり大変苦労しました。悪化する前に帰国して精神科に行くことをお勧めしますがいかがでしょうか。実際、もし双極性障害であったとしても薬の服用が少しおくれるだけかなという感覚はあります。芸術を取るか、楽を選ぶかという選択です。わたしは、いまは色々なことをわたし自身から学べたのでなんともいえません。あの当時、死を当たり前のように感じておりました。参考にしてほしいのですが双極性障害者は、双極を経験したことのないカウンセラーのカウンセリングを受けても、よくなりません。何か知りたいことがあれば聞いてください。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2019-01-31 06:26:43

お礼

大変丁寧に、ありがとうございます。無意識の領域…良い言葉ですね。自分の中に二人の人間がいると言ってもそこまで明確には分からないのですが、昨日の【上昇時】の自分が書いたメモやノートを見ると、まるで別の人が残したように思えるのです。一時帰国の可能性はあまり考えてないのですが、帰ったら病院に行ってみようと思います。いつか芸術の領域に活かせたらいいなぁ…。本当にありがとうございました(^^)

投稿日時 - 2019-02-08 10:07:03

ANo.9

そこはかとなしに拒絶&拒否反応のような
雰囲気を感じるのですが…不本意な環境&状況
ということはありませんか。

大学内に設置されている
相談ができる部署で相談して
みませんか。

それが無理ならば、
在英國日本大使館で相談して
みてください。

日本人会にアクセスしてみるのも
よい方法です。

[カルチャー・ショックの影響や、
《こんな筈ではなかった》という感覚等は
ないでしょうか。
〈いまいま可能なことで、アナタ様の
本意な部分を活かせる現地人との
交流ができれば、救いになる筈です〉]

[メンタル系の病気等も含めて病気の相談も
「大学内相談室」「日本大使館」「日本人会」
「カトリック教会などの宗教の団体」etc.で
可能である筈です。
〈《惻隠の情》《お役立ち願望》《救済心》は、
誰にでも有る筈です。お世話になる時は、
お世話になって、後日、可能な範囲で、
恩返しをすれば宜しいのです〉
「傷病保険」類に加入しているのであれば、
直接、病院で相談するのが捷径では
ないでしょうか]

晴れて、勉学を修められて
凱旋帰国して
くださいますよう、
祈って、おります。
CiaoCiao.

投稿日時 - 2019-01-30 20:46:04

お礼

たくさんの選択肢を示していただき ありがとうございます。たしかに、思い描いていた留学生活とのギャップにやられたのかもしれません。この土地でもっと自分らしく生きられるように過ごしてみます。凱旋帰国、良い響きですね。Grazie ^^

投稿日時 - 2019-01-31 05:58:37

ANo.8

>ずっと自分は理論派だと思っていたからです

少し安心されてよかったです

今回の場合のキーワードは「留学」です

実際に日本といたときの生活リズムと違うところで、日本のリズムや習慣、考え方を留学先でも持ち込んでしまい、このままではダメなのでは?などの焦りが要因かと思います

日本にいれば、友人や知人・家族と、体調などの様子を見てくれる人も居ますし、自分がそこで頑張れる・踏ん張れる要因にもなりますが、その見えていなかった自分の力の源に囲まれていた生活と今は、違うのです

また、いわゆるできてしまう人は、理論派だと想っている人が多いと思いますが、それは上記のような環境下でできあがった生活リズム(ルーティーン)のおかげであり、実は感覚で乗り切っている場合も多いのです

人はまず、住む場所・食事などの生活の安全が土台にあって、その次に病気や事故に合わない・もしくは合ってもなんとかなる環境があり、その中で次に、自分がしたいこと・しなければいけないことへと心が向くのです

書かれている精神病?の人たちは、それらの環境(生活)が崩れ、また、その環境の不安などへ心が向いてしまい、抜け出せないのです

質問者様も「留学」で、それらの土台も自分で管理しなければいけないのですから、勉学や正しい生活(日本でのルーティーン)のリズムが崩れて当然ですから、その留学先に合うリズムを探せば良いだけだと思います

冷静になれるときに、生活のリズムを考え、先の回答に書いたように、できるときには準備をやってしまう、休めるときは休んでしまう、と心の整理をしちゃいましょう

投稿日時 - 2019-01-30 18:30:15

コメントをありがとうございます。
芸術文化デザインですか。
時々絵を描く弦楽屋です。
ヨーロッパにいました。帰国後に同じような症状に悩まされ(自分が2人現象)今も感性で生きています。

ご家族を思うお気持ちがとてもよくわかります。ご自分にとって何が一番よいかを考えて
無理のない生活をなさってくださいね。

心配しています。ご家族も…
^^

投稿日時 - 2019-01-30 17:29:18

ANo.6

そうですか、眠れないのは辛いですね
どんどん、悪循環になるから…
先ず、貴女がすべき事はご家族と恋人に相談する事です もし、貴女が逆の立場ならどう思いますか?多分、何故相談してくれないの?と思い、悲しい気分になりませんか?そして、それから、専門医に受診する事です
多分、今の貴女はベストの判断をするのは難しいと思います(仮にうつ病だとしたら、そうゆう病気)
兎に角、一刻も早い行動をして下さい

投稿日時 - 2019-01-30 11:18:12

お礼

昨晩、恋人にここに書いたようなことを思い切って打ち明けました。最初こそ泣いて話にならなかったものの、ゆっくりと聞いてくれて、話すうちに落ち着き久しぶりにゆっくり眠れました。渡英してから親に弱音を吐いたことはないのですが、今度話してみようと思います。心配かけたくないといって娘が体を壊していたら悲しいですものね。ご回答ありがとうございました^^

投稿日時 - 2019-01-30 16:43:10

ANo.5

Q、自分は精神病なのか?
A、その判定を行う5つの指標。

1、朝昼夕の3食を定時にバランスよりいメニューで食べる。
2、13時就寝、6時起床を遵守する。
3、一日に5Km以上のウォーキングを欠かさない。
4、時には、学友と遊びまくる。
5、部屋の整理整頓を月一で行う。

 これが、精神を病んでいるか否かを判定する指標です。

>自分は精神病なのか?

と100日悩むよりも、今日から先の5つを心掛けた生活を行うこと。それをしないってことは、そもそもが精神と性格に問題があるってこと。それができないってことは、そもそもが精神と性格に問題があるってこと。

 判ったようで判らない自問自答とは今日限りおさらば。で、5つの指標をもって科学的に自己判定する路線に変更。特に、間食なしでの一日15品目、1600KCalの摂取は重要ですよ。先ずは、食事。次に睡眠と運動。最後に余暇の充実と住環境の整備。

 愚にもつかない解釈をしている暇があれば、この5つの課題に真摯に取り組むことです。それとも、「精神を病んでるから仕方がない!」で自堕落な生活を続けますか?どうしますか?それを決めるのは、ネットの回答者ではなくて質問者自身ですよ。

では・・・

投稿日時 - 2019-01-30 10:40:15

お礼

指標があるのですね。正直、今の自分には厳しいものもあります。なので根本的に精神と性格に問題があるのでしょうね。しかし、忘れていた「食事・睡眠・運動+α」の重要さを思い出すことができました。また、堂々巡りの自問自答を繰り返すことで本来の目的である「健康な生活を送ること」を忘れていました。色々なことに気づかせていただきありがとうございました^^ それにしても、自分も「愚にもつかない」などの日本語がパッと出てくるような日本人になりたいものです…。

投稿日時 - 2019-01-30 17:02:46

ANo.3

準備力と組み立てと成功のルーティーンを組み直す時期かと思います

私も切羽詰まらないと動きませんし、時間のせいにします

しかし、準備だけはちょこちょことやりますから、時間がなくとも満足する結果は得られています

時間はないけど、準備だけはしておいたという安心感がありますし、実際、あとはまとめて、完成に近づける行為が最後の作業といった感じです

質問者様の場合は、気分が乗っているときに、準備だけはしておいて、休むときは休むというルーティーン(組み立て)がうまくできていない時期だと思います

一度うまくいくと、感覚的に準備もうまくいくと思います

質問文を読むと、おそらく理論派というよりも感覚派が合っていると思います

あとは安心感が得られれば良いと思うので、今の生活の中で、リズムと組み立てが分かれば、できるときに準備をしてしまうということに繋がると思います

まずは、できるときに準備をして、安心を得てから、完成に向かうことを試してみてください

投稿日時 - 2019-01-30 08:49:31

お礼

大変ためになりました。次から、一気に終わらせようと焦ることなく、調子が良いときに準備を進めてみようと思います。また、理論派より感覚派というお言葉に良い意味でショックを受けました。ずっと自分は理論派だと思っていたからです。もしかしたら、それも上手くいかない理由の一つになっていたのかもしれません。ご回答ありがとうございました^^

投稿日時 - 2019-01-30 17:09:23

ANo.2

精神病というのは定義があるわけではありません。時代や地域によっても違うし、厳密な意味で完全に精神が健康な人など誰一人存在しません。犯罪容疑者が「精神鑑定」に掛けられるのは、犯行当時「責任能力」があったか否かを判断するためのもので、精神病かどうかを調べているわけではありません。

投稿日時 - 2019-01-30 08:33:23

お礼

ごもっともです。ただ、世の中には「うつ病」などの診断が下されている方々がおられるのも事実で、自分がその中に当てはまるのか、当てはまらないのか、気になったので質問させていただいた次第です。そういった意味では、人類はみんな病んでいますね。

投稿日時 - 2019-01-30 17:15:28

ANo.1

これは病気ではありません。ストレス性神経症かとも思いましたが、そこまでは断言出来ないと思います。とにかく3食きちんと食べて、夜型の生活を改善すれば少しは楽になるかと思います。環境の変化ということもあるかとは思いますが、大金を使って留学して、病気になっても何の意味も無い事ですので、自身の体が大事です。順応しなければ帰国を考えるべきと私は思います。(元精神科病院事務)

投稿日時 - 2019-01-30 08:07:42

お礼

元病院勤務の方の意見、大変参考になります。そうなのですね。確かにこのような状態のまま留学しているのも勿体ないので、今後食事・睡眠・運動などの習慣を見直し、生活リズムの改善に努めたいと思います。ご回答ありがとうございました^^

投稿日時 - 2019-01-30 17:19:35

あなたにオススメの質問