こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

【Win10⇔NAS】ネットワーク接続の復元エラ

お世話になります。

標題の件で現象を再現し、回避できるところまでは至ったのですが、原因がわからず納得できません。
ご存知の方がいらっしゃいましたらご教示いただきたく質問させていただきます。

クライアントPCはWindows10で2019/1/17時点で最新の状態になっています。
NASはNETGEAR ReadyNAS 424 を使用しています。

添付のようなメッセージが表示され、再接続が必要となります。
クライアントPCのログインユーザー名&パスワードと
ネットワークドライブ割り当て時のユーザー名&パスワードは
それぞれ違うものを使用しています。

作成しているフォルダは5つあります。

症状の再現手順を次に示します。
なお、NAS側の設定や権限付与設定等は全く問題ないことが前提です。

1.対象のフォルダ全てを割り当てる(2つ目以降のフォルダは初回の割り当てで入力した情報があってか入力パスされる※資格情報の記憶は運用上無効に設定しています)→再起動

2.再起動後、手順1で初回で割り当てたログインフォルダにアクセスを試みるとユーザー名に「端末名¥ユーザー名」が表示されていてパスワードのみ入力可能状態になっていて、それ以外のフォルダに関してはユーザー名とパスワードが入力できる状態になっている。

3.手順2の状態で初回で割り当てたフォルダにアクセスし、パスワード入力すると他フォルダも問題なくパススルーでアクセスできるが、ここで初回で割り当てたフォルダ以外で接続した後に初回割り当てフォルダにアクセスしようとすると前述のエラーメッセージが表示される。

4.エラーメッセージ後初回ログインフォルダを切断し、再接続する

5.再起動後再接続したフォルダにアクセスしようとするとその他のフォルダ同様にユーザー名とパスワードが入力できる状態になっていて以後、何度再起動⇔再接続を繰り返してもエラーなく通常通り使用できる。

備考:Windows7の場合、同じエラーメッセージが表示されるが、手順3で初回割り当てフォルダにアクセスしようとするとすんなりアクセスでき、次回再起動以降は手順5の状態となっている(手順4にある切断→再接続が不要)。


このような現象が起きる理由をご教示いただきたくお願いいたします。
また、その正当な解決策があれば是非お教えいただきたく心よりお願いいたします。

よろしくお願い申し上げます。

投稿日時 - 2019-01-22 09:18:37

QNo.9580244

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

それぞれのNASのファイル共有サービスSMBのバージョンを確認すると細かいところで違うかもしれませんね。
Windows10のクライアントの挙動として、メッセージが出る原因はWindowsの仕様で、同じ共有先に2つの異なるアカウントで接続にいけないというものですから、
その認識がないのに、メッセージが出るところに問題の根があるようにも思えます。Windows7ではこの現象は出ないとのことだったかと思うのでWindows7→Windows10でクライアントからファイル共有サーバにアクセスするときの認証の求め方についての仕様が変わっているのかもしれません。

投稿日時 - 2019-01-24 19:20:24

補足

Samba Version

【Terastation】
Version 3.6.3

【QNAP】
Version 4.4.16

【ReadyNAS】
Version 4.7.0

投稿日時 - 2019-01-25 16:02:03

お礼

いつも回答いただきありがとうございます。

それぞれのNAS製品のSamba Versionを調べました(補足に記述)。

Windows7では同じエラーメッセージは表示されますが、一度切断して再接続する(Win10の場合は必要)ことなく回避できることが確認できております。

投稿日時 - 2019-01-25 16:02:07

ANo.8

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.9

Windows10のクライアントでsmb1.0の設定を確認されてはいかがでしょうか。win10ではデフォルトで無効になっているようです。
https://www.iodata.jp/pdf/win10_smb1.pdf

投稿日時 - 2019-01-25 07:15:56

お礼

smb1.0の件については既に回答No.2でご助言いただきましてテスト済みでございます。

色々とありがとうございます。

恐らくここまでくると回答No.8でいただいた

「それぞれのNASのファイル共有サービスSMBのバージョンを確認すると細かいところで違うかもしれませんね。」
とのご回答と、「Windowsの仕様(セキュリティ上の仕様※更新で適用された?)」との部分で古いNASについては問題なく接続できるのだという回答が受け入れられそうな気がします。

これ以上の調査はかなり手間になりそうなのでこの位にしておきたいと思います。

今までありがとうございます。

先の回答No.8
「それぞれのNASのファイル共有サービスSMBのバージョンを確認すると細かいところで違うかもしれませんね。」
をベストアンサーとさせていただきます。

回答やベストアンサーが前後してしまい申し訳ございません。

また機会がありましたら是非よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2019-01-25 16:09:37

ANo.7

今回起こった現象の原因がWindows10クライアントにあるのか、NASにあるのかをはっきりさせる方法としては、別のWINDOWS PCを用意して、NASに登録してあるユーザーと同じように登録し、ファイル共有も5つ作成して、NASのOS以外は同じ状態を再現します。(この時5つの共有のフォルダ内のファイルまでコピーする必要はありません。)
この環境下において、まず、Win7クライアントで現象が発生せずに想定通りの動きをすることを確認します。

https://gadget-initiative.com/pc/windows10_fileshare

そのあとWindows10のクライアントで再現手順を踏みます。
現象が発生した場合、Windows7からWindows10へのクライアントOSがバージョンアップしたことに起因するクライアント側の問題

現象が発生しない場合、ファイル共有を提供するサービス側、すなわちNASのOSが提供するSMBのサービスの動作がWindowsの提供するSMBとは違った挙動を示していることに起因します。

NASのOSが提供するSMBのサービスもLINUX上でWindowsサーバと同じ動きをするように作られたものになるため、原因がそこにあると判明したとしても解決に向かうためには、SMBの挙動違いの差の原因を埋める必要がありますが、メーカーサポートがどこまで対応可能かはわかりません。

投稿日時 - 2019-01-24 07:43:35

補足

NAS「TS-XH2.0LR6VC5Y(BUFFALO)」
は4年程前のかなり古いものになります。。。

投稿日時 - 2019-01-24 14:00:01

お礼

mabyos さん

その発想はありませんでした!
早速テストしたところ、
現在質問させていただいている
【NAS(共有フォルダ)⇔Win10】【NAS(共有フォルダ)⇔Win7】と、
ご提案いただいた
【Win10(共有フォルダ)⇔Win10】【Win10(共有フォルダ)⇔Win7】は
全く同じ挙動でございました。

しかし、現在運用中であるNAS「TS-XH2.0LR6VC5Y(BUFFALO)」ではWin10、Win7ともに問題なく使用できていることに疑問が残ります。

おかげで一歩前進できました。
アドバイスをいただき誠にありがとうございます。

投稿日時 - 2019-01-24 13:44:08

ANo.6

ReadyNAS 424
の認証はActivedirectoryに対応しているようですが使っていますか?
それとも当該NASに登録したローカルユーザー運用ですか?

この問題はドライブ割り当ての初回設定時の問題で一度安定した状態になれば再起動しようがエラーメッセージは表示されずアクセス可能な状態になるということですね?

投稿日時 - 2019-01-23 21:18:47

補足

前後して申し訳ございません。

補足コメントも質問文も文章を追加できないためこちらの古いほうの補足を使用させていただきます。

同じ環境内にある「TS-220 Turbo NAS(QNAP)」でテストしたところ、同じ症状を再現することができました。違う挙動とすれば再起動後「ネットワーク接続の復元」エラーメッセージ(質問の画像)が出続けるはずが初回割り当てフォルダにユーザー名が入ったままの状態が続いていました。。。

(1)「TS-XH2.0LR6VC5Y(BUFFALO)」では問題なし
(2)「TS-220 Turbo NAS(QNAP)」では初回割り当てフォルダの復元エラーが再起動後に引き継がれず、初回割り当てフォルダへのユーザー名は保持し続けるため、他フォルダへの認証でアクセスした後に初回割り当てフォルダにアクセスすると復元エラーが発生する。切断→再割り当てで安定する
(3)「ReadyNAS 424(NETGEAR)」では初回割り当てフォルダの復元エラーが再起動後も引き継がれるため、切断→再割り当てで安定する

NAS側の仕様の問題になりそうですね。。。
それも会社別か・・・
製造日によるものか・・・

投稿日時 - 2019-01-24 14:32:22

お礼

ActiveDirectoryではなく、対象NASに登録したローカルユーザーのみの運用となります。

>この問題はドライブ割り当ての初回設定時の問題で一度安定した状態になれば再起動しようがエラーメッセージは表示されずアクセス可能な状態になるということですね?
→その通りでございます。その理由を得たいための質問でございました。

ご回答をいただきありがとうございます。

投稿日時 - 2019-01-24 00:56:57

ANo.5

No.5です。
>最終的に「ReadyNASの設定状況は問題ないためWindows側の挙動です」との結論に至ります

それでは、これもダメ元ですが・・
クライアントコンピューター側でコントロールパネル→資格情報マネージャー→
Windows資格情報をクリック(WEB資格情報でなく)→NASに関係する(IPアドレスなどから推察)資格情報を削除してみてください。
(削除しても一回アクセスすれば復活します)

これでダメならNASの設定をリセット・・めんどい・・のであきらめてこのまま使う(←他人事かい!)
回答になって無くてすいません。

投稿日時 - 2019-01-23 17:54:19

お礼

資格情報については運用上記憶できない設定にしていることもあり、資格情報は一切登録されておりません。。。

NASの設定をリセット=工場出荷状態にするということですね?その発想はありませんでした(照)最終手段として検討したいと思います。

再度のご意見をいただき感謝いたします!

投稿日時 - 2019-01-24 00:52:46

ANo.4

回答とは言えないと思いますが・・
ReadyNAS 424のOSはLinux を基にメーカー独自でモデファイ(ReadyNAS OS 6)しています。この不具合(?)はネットギヤ社のサポートを受けるのが解決に早くに結びつくと思います(日本語でサポートを受けられます)。
ただし状況を見る限り『仕様です』と言われそうな予感が・・(個人の想像です)

ダメもとですが(本当にダメ元です)もしReadyNAS 424のチーミング機能(リンクアグリゲーション)をご使用でしたら解除するか片側のLANケーブルをスイッチ(ハブ)から一時的に引っこ抜いて試してみてください。理由はわかりませんがクライアント側のNICやLANスイッチなどの組み合わせによってはネットワーク接続が復元できなかったことがあります(スイッチの再起動で復旧)。

以上、参考になれば

投稿日時 - 2019-01-23 11:43:40

お礼

ご回答いただきありがとうございます。

サポートへは既に再三問い合わせておりまして最終的に「ReadyNASの設定状況は問題ないためWindows側の挙動です」との結論に至ります。また、Windowsコミュニティにも相談していますが今のところ返事なしです。購入元のサポートも入っているので聞いてみるも「アカウントを作成し直して試してください」と言われ実行してみるも変化なく最終的に「使用されているNASの問題」とされてしまいたらい回し状態です。

LANケーブルですが元より片方だけの接続でIPv4のみで運用しております。

色々とアドバイスをいただきありがとうございます。

投稿日時 - 2019-01-23 14:17:52

ANo.3

BUFFALOの安い簡易NASを2台使ってます。
1月のアップデート以降、NASのフォルダーにアクセスすると、パスワードの入力の画面が出るようになりました。
起動時はNASのフォルダーにアクセスできるのに、ちょっとして再アクセスすると、突然入力画面が出て、びっくり。
10のPC(自作PC)は5台使ってるんですけど、5台ともその症状が出るんで、そのうちアップデートで治るんではないかと思ってるんですけどね。
7の自作PCは月にWINアップデート時にしか起動しないんで、症状は確認してないです。

投稿日時 - 2019-01-23 10:41:52

お礼

2018年12月の最新状態の段階からこの症状に悩まされているので恐らくご回答のアップデートが原因ではないように思います。

ご回答いただきありがとうございます。

投稿日時 - 2019-01-23 14:10:15

ANo.2

突然NASが使えなくなった原因はSMB1.0の無効化だった!
https://www.nedia.ne.jp/blog/tech/2018/09/11/12587
って可能性があるかも知れませんね。

投稿日時 - 2019-01-22 21:19:59

お礼

「SMB 1.0/CIFSファイル共有のサポート」
については全て有効化設定しておりますが症状はかわりません。。。

ご回答いただきありがとうございます!

投稿日時 - 2019-01-23 09:31:06

ANo.1

Windows10のバグあるいはセキュリティ強化による影響と思われます。

投稿日時 - 2019-01-22 13:05:59

補足

ちなみに現在使用しているNAS「TS-XH2.0LR6VC5Y(BUFFALO)」では同様の症状は発生しません。

投稿日時 - 2019-01-23 10:42:54

お礼

ご回答をいただきありがとうございます。

その場合、質問にもあるようにWindows7でも同じ症状が出るのはWin10同様にセキュリティ強化による影響になりますかね。。。
もう少し明確な理由が欲しいところです。。。

「○○といったバグが原因」
または
「セキュリティ強化により○○が○○になったため症状が発生する」
などなど。。。

投稿日時 - 2019-01-23 09:28:27

あなたにオススメの質問