こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

熱くない場所でチョコが溶けはじめました

自分の部屋のテーブル机の上にキットカット(チョコレート菓子、一口サイズにプラ包装で小分けされた製品、以降チョコと書きます)を2~3時間ほど置いといたのですが、
ちょっと理解に苦しむ怪現象が起こりました。
そのチョコを食べようと思って包みを手に取ると、
グニャっとちょっと柔らかくなっていたのです・・・。

部屋に持ってくる前は間違いなくカチカチというか
普通のチョコの硬さを保っていました。
ですから、しばらくテーブル机の上に置いてたことで
柔らかくなってしまったのですが、
テーブル机の表面を手で触れてみると、むしろ少しひんやりと感じるくらいで
チョコが解ける様な温度とは思えません。

部屋は、エアコンで暖房をいれてますが、
チョコに直風は当たっていないと思います。
エアコンから熱い温風がガンガンでているわけでもありません。
それにチョコは、アイスコーヒーを入れたコップの陰で風が
あたりづらい位置にありました。

加湿器はいれてて、超音波型のもので、
チョコはそのミストが若干かかるくらいの位置にはありました。
かかっていたとしても元は冷水なので関係ないと思いますが・・・

室温は24度、湿度45%
体感的には、この温度でもまだちょっと肌寒く感じます。

ふーーーむ・・
なぜチョコが溶けかけていたのかさっぱりわからないハハハハハハハ
と、首をかしげてます。
この現象になにか心当たりがあれば教えてください。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2019-01-11 09:18:52

QNo.9576537

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

窓の外から電子ビームで狙われている・・・・
円筒形の物体は 気流の妨げにはなりません。
ぐるっとまわりこんで 直撃します。
温度計では24℃でも 温風が直撃しているところは それ以上になるでしょう。

木材 プラスチックなど(こたつ)は熱伝導率が低い。低いものは触っても温度を感じにくいのです。

投稿日時 - 2019-01-11 17:52:00

お礼

回答ありがとうございました。

なるほど・・
確かに、テーブルの素材は木ですし、コップを回り込んだエアコン風が当たってもおかしくない配置でした。
気になって気流のことをggってみたら、むしろ、コップの陰だったことで気流の渦ができるなどして風が集中してしまう可能性もある様ですね。。

ガリレオの様な解決が出きたと感じました。

投稿日時 - 2019-01-12 17:20:44

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

違和感があったんですが、暖房してアイスコーヒーを飲むんですね(笑)
部屋を温めてまだ寒いぐらいの体感の温度でアイスコーヒーを飲むなんて
冬場にしてはいけないことですよね。
冬場の基本は頭寒足熱で体内は温かい飲み物で温めるんですよ。

話はそれましたが、チョコレートは基本的には低い温度の部屋において
おくべきですよね。人間が少し寒く感じる温度はチョコレートには
十分に温かいですよ。部屋が温まっているということはチョコレート全体
にも温度が伝わっているのですから溶け出しても可笑しくないですね。

投稿日時 - 2019-01-11 10:31:12

お礼

回答ありがとうございました。
参考になりました。

投稿日時 - 2019-01-12 16:59:57

ANo.1

チョコが溶け始める温度は28℃で、食べるための適温は18~22℃だそうです。
24℃はチョコが溶けないにしても柔らかくなって当然な温度かと思います。

https://www.mary.co.jp/mary/faq/

投稿日時 - 2019-01-11 09:45:06

あなたにオススメの質問