こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

老後までの必要貯蓄額計算式について

人生にお金はいくら必要かという本に載っていた
老後の必要貯金率の計算公式について質問です。

下記画像の公式で
老後生活費率0.7
現役時代平均手取り200万
年金79万
現在資産額1000万
老後年数30
現役年数30

で計算すると13%ぐらい
つまり、現役時代に年間26万貯金すると出ました。

現役平均手取り年収を180万にして計算したところ
貯蓄率6%と出て年間10万貯金するとでました。

現役年収150万、貯金800万で計算すると
マイナスになりました。

この場合マイナスとはどういう意味でしょうか?
意味が分かりません。収支が黒字ということでしょうか?

人生にお金はいくら必要か
https://info.monex.co.jp/monex-university/age01.html

投稿日時 - 2019-01-09 20:32:17

QNo.9576052

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

添付されている「必要貯蓄率」の分子の意味を考えればすぐにわかります。
すなわち、分子が表しているのは、老後の1年間に生活するのに不足するお金の額です。

> 現役年収150万、貯金800万で計算するとマイナスになりました。

このケースでは、(現役時代に貯蓄をしなかったと仮定した場合の)生活費率を70%とすると、老後に必要となるお金は、年間で150万円×70%=105万円です。(ちょっと少ないような気もしますが・・・)
年金が79万円あって、今の貯金から取り崩せる額が800万円÷30年≒26.7万円ですから、合計すると105.7万円となります。つまり、必要額105万円を少しですが上回っていますから、マイナスになっています。これの意味するところは、(すでに800万円の資産があり、年金ももらえるので)現役時代にこれ以上の貯蓄をする必要がないということです。

必要貯蓄率の算出式については下記ページでも詳しく説明されています。ご参考まで。
https://media.rakuten-sec.net/articles/-/2887

投稿日時 - 2019-01-10 08:10:23

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-01-10 19:29:47

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

色々な指標があるようですが、リンクを見ると年収の20%の貯蓄が
難しいとありました。
20%で、ざっと計算すると、
20才代:20万円×12ヶ月=240万円 手取り200万円で40万円→400万円/年
30才代:30万円・・・以下同じ →600万円/年
40才代:40万円・・・以下同じ →800万円/年
50才代:50万円・・・以下同じ →1000万円/年
で、400+600+800+1000=2800万円・・・40年間

90才まで生きたとして、
年金は200万円/年/人 手取り15万円/月
2800万円→約8万円/月(60才~90才の30年間で割ると)
23万円/月の生活です。

病気や事故に遭うとここから減額されます。
または、保険金などが減額されます。
現実は、20万円/月の生活となるかもしれません。
貯蓄額は、60才、定年までに約3000万円の貯蓄は必要だと思います。

投稿日時 - 2019-01-09 21:37:48

補足

必要貯蓄額計算式

でシュミレーションした場合にマイナスの結果が出る場合があるのですが、

その数字の意味が分かりません。

必要貯金額を毎月蓄えなくても足りるという意味でしょうか?

数字が合わない気がしていまいち不安です。

どういう意味だか分かればお願いします。

投稿日時 - 2019-01-09 23:12:53

お礼

回答ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

投稿日時 - 2019-01-09 23:10:29

それを机上の空論と言います。
将来なんて、分かるはずがなく、計算通りになるわけがない。
貴方は事故に遭いませんか、両親が入院するような事が無いと言えますか?

投稿日時 - 2019-01-09 20:34:47

補足

質問としましては、

計算結果で〇〇%と数字がシュミレーション出来る場合もあったのですが、

マイナス〇〇%という計算結果がシュミレーション過程で出る場合がありました。

これは、現役世代の稼ぎで生活して貯金額を維持すれば
老後までその収入、支出を維持すれば生活が成り立つということでしょうか?


そのあたりが良くわからず質問させていただきました。

模試お分かりになればアドバイスをいただきたいです。

投稿日時 - 2019-01-09 20:49:10

お礼

回答ありがとうございます。
あくまで目安として指針が欲しくて計算してみたのですが、

つつましく暮らせば何とかなる可能性があるのか?
もっと稼がなければならないのか?

病気や収入源などのことも数値に織り込んで計算してみました。

指針としては悪くないと思うのですが、
指針を利用するのもいけないのでしょうか?

投稿日時 - 2019-01-09 20:46:41

あなたにオススメの質問