こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

Thunderbirdを使っています。

(A)デスクトップPCでOS:WinXP(32bit)のためThunderbird(32bit)を
使っています。
最近新規に(B)デスクトップPCでOS:Win 10(64bit)のためThunderbird(64bit)をインストールしました。
ここで問題発生
(A)パソコンのThunderbird(32bit)のProfilesを(B)パソコンの
Thunderbird(64bit)のProfilesへコピーしても良いのでしょうか?

投稿日時 - 2019-01-09 10:29:04

QNo.9575892

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(11)

ANo.11

A.No10です。

>メールアカウントとメールフォルダーが一緒に表示される点。
ここの所、貴方も知ってるよね?

POPアカウントの設定のことですね。
IMAPアカウントは、別々に受信トレイを持たねばならないので仕方がないですが、旧Outlook Expressのように「ローカルフォルダ」で複数のアカウントのメールを扱えるように共通トレイにする方を、優先適用の仕様にした方がよいとの意見と思います。

それは、開発陣に物申すしかないでしょうね。
Windows Liveメールは、共通トレイにする機能はなかったですから、良しとするしかないですね。

アドレス帳の命名は、「プロパティ」からでも変更できないですから、ユーザーではどうしようもないですね。

投稿日時 - 2019-01-13 18:26:01

ANo.10

A.No5です。

>アドレス帳についての質問です。

そろそろ別問にされた方がよかったのですが、「個人用アドレス帳」と「記録用アドレス帳」の違い(用途)は、次のページの「1-2.記録用アドレス帳と個人用アドレス帳」を参考にしてください。
https://synclogue-navi.com/thunderbird-address

「オプション」の「編集」パネルに、「アドレス入力」タブがあり、そこに「送信先の受信者のアドレスを自動で追加する」か否かの選択と、アドレス帳の指定ができる設定があります。
最近までは、その設定は表面にはなかったはずで、自動での追加はデフォルトでは「記録用」、手動での「追加」が「個人用」になっていたと思います。
※何となく、名前はその目的や動作をイメージできないですね。
仮置きと考えるしかないです。

「自動返信用」は、デフォルトではないはずですが、何かアドオンでも利用されていませんか?
例えば、Gmailのアカウントを利用で、連絡先を同期するアドオンを使っておられたようなことはないですか?
あるいは、全くの的外れかもしれないですが、メッセージフィルターに、何か不在時の自動返信処理のフィルターを追加されているとか・・。
https://excelll.info/thunderbird-jidou-hendhin

自分のアドレスだけが登録されていて、作成された認識がないのでしたら、いっそのこと削除して様子を見られたらいかがですか。
私には、その程度のことしか言えません。

投稿日時 - 2019-01-13 09:06:52

補足

こんにちは。

「記録用アドレス帳」と「個人用アドレス帳」については
何かゴテゴテしていて、嫌いです。

元々、このThunderbirdは英語版が本命版なので
日本語版は日本語訳するとき間違ったのでは?
あるいは、その英語版はどんな単語を使っているのか?

登録アドレス帳の配下に個人用アドレス帳を作っていけばよいわけで。もっとわかりやすくシンプルにしないとね。

わたしゃ、ここで-10点減点です。

も一つある。
メールアカウントとメールフォルダーが一緒に表示される点。
ここの所、貴方も知ってるよね?

普通に設定するとこうなるのだ。そこでプログラマーは
回避設定を追加したので、結果的に分離できる。

これも-10点減点です。

と言うわけで、Thunderbird の点数は80点です。
使いだして4年目になります。

投稿日時 - 2019-01-13 17:32:32

ANo.9

A.No1です。

一応、移行は成功ですね。

>メール一覧の背景色を変える”を指定している。しかし、これが引き継がれなかった。つまり、これについては失敗。

最新のThunderbirdは、ver60.4.0になっていますが、60.0からは旧型式のアドオンは使えないようになっています。
それは、Thunderbird60.0からFirefox(ver57.0から以降)のエンジンを適用ししたので、XPのThunderbirdが以前のバージョンでしたら、移行によりStylishは無効になったのだと思います。

また、Stylishは、ポリシー違反をしているということが判明し、ブロックリストに追加されて、アドオンサイトから除外されています。
https://ameblo.jp/personwritep/entry-12388602675.html

私も、フォルダペインやメッセージリスト、アドレス帳の背景色を変えていますが、userChrome.cssを利用しています。
次のページを参考にされたのかも知れないですが、
http://kurumino.g.dgdg.jp/mail_web/tb_customize.html

プロファイルフォルダに「chrome」フォルダを作成し、その中に、メモ帳からuserChrome.cssファイルを作成の上、前記ページのスタイルのフォントや背景色などを適宜変更のうえ記述して利用しています。

参考までに。

投稿日時 - 2019-01-12 17:41:18

補足

>私も、フォルダペインやメッセージリスト、アドレス帳の背景色を
>変えていますが、userChrome.cssを利用しています。
------------------------------------------------
仕方ないです。これから userChrome.cssを使う事にします。

また、下のコメント欄で、私はCopyではなくミラーリングCopyを薦めています。それなら、ミラーリングCopyとは何かと言えば、

それは、RoboCopyコマンドのことです。しかし、それよりももっと良いのは
Disk Mirroring Toolと言うアプリを使う事です。

これを使てProfilesコピーをやると、もう、ほとんど完成です。

投稿日時 - 2019-01-12 19:45:22

ANo.8

>ここのところが、わかりません。
>56789.defaultは自動生成されます。
>それを自分で勝手に変更したのかい?
>もしそうなら、そりゃまづい。だから、失敗したんだわ。
自動作成された56789.defaultってフォルダをそのまま利用するって意味です。
ですのでprofiles.iniを自動生成されたものをそのまま使えたってだけです。

WinXPでの12345.defaultのフォルダの中にあるファイル・フォルダを全部コピーしてWin10で56789.defaultのフォルダにすべて貼り付けたってところです。

profiles.iniの内容と言っても

[General]
StartWithLastProfile=1

[Profile0]
Name=default
IsRelative=1
Path=Profiles/xxxxx.default

みたいなシンプルなものなので。他の方が回答されていような複数のプロファイルを使用しているような環境だと当方が動作確認の為にやったような方法は使いえないかも知れませんね。

投稿日時 - 2019-01-11 01:47:18

補足

こんにちは。
確かに、その方でもできますね。
失礼しました。

投稿日時 - 2019-01-11 11:36:40

ANo.7

A.No5です。

>貴方が、そのやりかたで、何度かやって成功していると言うのであれば、それは正しい回答です。
>正しいかは、この時点ではわかりません。

そう受け取られても仕方がない回答文になっていましたかね。

XP時代のリリース当初から、Thunderbirdをメインで使っていて、Win7経由の現在のWin10でも、いわゆる「プロファイルフォルダ」だけをバックアップして、順次、移行しています。これまで問題は、まったくないです。

移行先のprofiles.iniの編集は、完全に理解しないとトラブルことあるので、ここでの回答ではしないようにしています。

今後は、複数のプロファイルを使用している方には、「profiles」フォルダと「profiles.ini」の両方を、移行先で起動して生成されたこれらのファイル(フォルダ)と入れ替える別案でも回答に入れようかなと思っています。

投稿日時 - 2019-01-10 15:47:15

補足

こんにちは。

(1)profiles.iniの編集について

----------------------------------------
[General]
StartWithLastProfile=1

[Profile0]
Name=default
IsRelative=1 /ここを”1”にしたり、”0”にしたりする必要が
           でてくる。   
Path=Profiles/xxxxx.default
---------------------------------------
”1”の場合:相対アドレスなので”Path=”指定はこのままで良い。
”0”の場合:絶対アドレスなので”Path=”指定は、
絶対アドレスを登録する必要が出てくる。

今回のように
WinXP のThunderbird
      ↓
Win 10 のThunderbird
の時、Win 10のアドレスが、Win XPと違ってくるので注意です。

(2)Copyコマンド、Robocopyコマンド、Disk MIrroring Tool
  でどれを使うか?

Disk Mirroring Tool
http://www.kozupon.pgw.jp/backup/dmt.html

を薦める。これを使う事で、この処理が完結する。
パーフェクトに!!

投稿日時 - 2019-01-14 08:45:19

お礼

こんにちは。
先に述べたように、二個の減点がなければ、このThunderbirdは
100点満点であったが、減点があるため80点になってしまった。

このため、他のメールソフト、特にマイクロソフト系のソフト、
Windows live メール等のメールソフトが80点くらいなので
同等になってしまった。残念でならない。

歴史的には、メールソフトは、やはりマイクロソフトがリードしてきた。
一方、MozillaのThunderbird プログラマーは、それを横目で
見てきたはずで、それなら我がThunderbirdはProfiles構造で
バックアップを簡単にするよと改良してきたはずで。

その点そのプロジェクトは成功した。マイクロソフト系ソフトを
打ち負かした。それだけに二個のマイナス減点は痛い。

投稿日時 - 2019-01-14 09:17:13

ANo.6

かなり内容を省略し過ぎたかも知れませんね。

WinXP 32bit Thunderbirdは52.9.1 32bit
C:\Documents and Settings\[ユーザー名]\Application Data\Thunderbird\Profiles\12345.default
のフォルダの内容をそのままコピーして

Win10 64bit Thunderbird 60.4.0 64bitで
C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Thunderbird\Profiles\56789.default
とセットアップをして自動生成されるプロファイルの56789.default(56789は適当につけただけなので気にせずに)に貼り付けるってやり方をしました。
C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Thunderbird\profiles.iniも自動生成されたものをそのまま使った次第です。

xxxx.defaultの中になるprefs.jsあたりも修正・書き替えた方が良いのかな?とも思いましたが特に修正しなくても起動してメールの内容を見られました。
Win10でThunderbirdを起動した時にprefs.jsの内容は自動的に直している様です。ただテキストエディタで覗いてみると「Documents and Settings」とXP時代の名残みたいなのが残ってはいるので完璧に直している訳ではないようです。

投稿日時 - 2019-01-10 05:33:16

補足

>WinXP 32bit Thunderbirdは52.9.1 32bit
>C:\Documents and Settings\[ユーザー名]\Application >Data\Thunderbird\Profiles\12345.default
>のフォルダの内容をそのままコピーして
-----------------------------------------
このThunderbirdソフトは、何度も操作して、mailを取り込んだり
 して、使ったわけですね。


>Win10 64bit Thunderbird 60.4.0 64bitで
>C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming
>\Thunderbird\Profiles\56789.default
>とセットアップをして自動生成されるプロファイルの>56789.default(56789は適当につけただけなので気にせず)
>に貼り付けるってやり方をしました。
-------------------------------------------
ここのところが、わかりません。56789.defaultは自動生成されます。それを自分で勝手に変更したのかい?
もしそうなら、そりゃまづい。だから、失敗したんだわ。
失敗の原因が解明された。

ユーザが勝手にわさっちゃダメ。

>C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Thunderbird
>\profiles.iniも自動生成されたものをそのまま使った次第です。
--------------------------------------------------
ここはあやまり、profiles.iniは編集が必要。もししてないのなら
テストは失敗ですね。

>xxxx.defaultの中になるprefs.jsあたりも修正・書き替えた方が
>良いのかな?とも思いましたが特に修正しなくても起動して
>メールの内容を見られました。
--------------------------------------------
よけいなとこサワッチャだめです。トラブルの元。

>Win10でThunderbirdを起動した時にprefs.jsの内容は
>自動的に直している様です。ただテキストエディタで覗いてみると>「Documents and Settings」とXP時代の名残みたいなのが
>残ってはいるので完璧に直している訳ではないようです。
--------------------------------------------
 みるだけならよいけど、さわっちゃダメ。故障します。トラぶります。

投稿日時 - 2019-01-10 12:30:54

ANo.5

A.No1です。

>私への回答者は実際の経験者でないと難しいと思いますよ。

そうですか。
お詳しいのですね。では、今回の質問は不要ではなかったのですか?

質問者さんが、どのような知見のある方なのか、一般的に質問文からは不明ですから、profilesフォルダだけのコピーでは不可なので、「設定とデータを移行する」ことが分かるように手順を踏んで書いたのです。

profiles.iniを編集する方法や、同時にprofiles.iniファイルもコピーしてやる方法もありますが、Thunderbirdの構造や仕組みが分かっている方には、私の回答は冗長すぎたのでしょうね(笑)。

投稿日時 - 2019-01-09 20:01:31

補足

No1の回答について
貴方が、そのやりかたで、何度かやって成功していると言う
のであれば、それは正しい回答です。

しかし、やったことなくて、解説だけと言うのであれば
誤りか、正しいかは、この時点ではわかりません。

投稿日時 - 2019-01-10 15:08:47

お礼

こんにちは。
アドレス帳についての質問です。

「個人用アドレス帳」
「自動返信用」
「記録用アドレス帳」

があります。私は、適当に30名ほどのクラブのアドレス帳を
造っていれてあります。意味が分からないまま。

しかし、この名称の意味が分かりません。名称が違う事は
やはり、使い方が違うわけですよね?

特に
「自動返信用」がわかりません。今見てみたら一個だけ私の
メールアドレスが入ってました。自分が入れたのか、勝手に
入ったのか、覚えてません。

とにかく、ここのところは、不思議で不思議で仕方がないのです。
Mozillaさんのプログラマー面白いことしたな。

投稿日時 - 2019-01-13 08:15:30

ANo.4

訂正です。
WinXP 32bitだとThunderbirdは52.9.1 32bitが最終みたいですね。

一応簡単な動作確認をしてみました。
WinXP 32bit Thunderbirdは52.9.1 32bitでアカウントの設定をして適当にメールの送受信の記録を作って
C:\Documents and Settings\[ユーザー名]\Application Data\Thunderbird\Profiles\xxxx.default
の内容をコピーしてWin10 64bit Thunderbird 60.4.0 64bitで
C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Thunderbird\Profiles\xxxx.default
に貼り付けました。
メールの内容はちゃんと復元されたのは確認できました。尚、送受信をした際にパスワードの再入力は求められたので再入力はしました。

投稿日時 - 2019-01-09 16:53:05

補足

>C:\Documents and Settings\[ユーザー名]\Application >Data\Thunderbird\Profiles\xxxx.default

(1)\xxxx.defaultのコピーではなく\Profilesフォルダーの
  コピーが正しい。何故ならこのフォルダーの中には
  \xxxx.defaultが存在しているのでわかるでしょ?

(2)コピーではなくミラーリングコピーが正しい。そうでないと
  そのうち不整合が出てきて、エラー発生となる。

(3)profiles.iniの編集をしてないので、正しいテストとは言えない。


しかし、この三点をきちんとやるとOKになると思われる。

投稿日時 - 2019-01-09 21:04:03

ANo.3

何故わざわざThunderbirdの64bit版をインストールされるのでしょう?
https://www.thunderbird.net/en-US/thunderbird/all/
からダウンロードすれば通常は32bit版がダウンロードされます。
上記のURLからダウンロードした時にアドレス・URLで「win32」ってなっているのを「win64」に変更してダウンロードし直すか?
https://archive.mozilla.org/pub/thunderbird/releases/
から64bit版をダウンロードする必要がありますから。

ThunderbirdをVista(32bit)からWindows7(64bit)へエクスポートしたメモ
http://d.hatena.ne.jp/Fernweh/20101019
はOSが32bitから64bitに変わる際にはちょっと注意が必要かも知れませんね。

Thunderbirdを32bitから64bitへ変更したいです。
https://forums.mozillazine.jp/viewtopic.php?f=3&t=17284
みたいなのは検索すると出ては来ますね。

WinXP 32bitだとThunderbirdは38.5.0 32bitになるでしょうか。Win10 64bitだとThunderbirdは最新の60.4.0 64bitって事になるでしょうか。
Thunderbirdのバージョンがかなり違うのと32bitから64bitへの変更になるのでうまく行くのか?心配ではありますね。
実際にそう言う移行を試したことが無いので何とも言えません。
当方のテスト環境で実際うまく行くのか?動作検証して見ましょうか?

投稿日時 - 2019-01-09 13:54:59

ANo.2

ユーザプロファイルはパソコンごとに(Windowsごとに)違います。それを移しても仕方ありません。なぜそんな事をなさろうとするのですか。意味が分かりません。

投稿日時 - 2019-01-09 13:43:24

補足

こんにちは。
質問してくれて嬉しく思います。

何故なら、私のやろうとしている事が、貴方にはわかってないから
それを説明することに意義が増してくるからです。

>ユーザプロファイルはパソコンごとに(Windowsごとに)違います。
>それを移しても仕方ありません。なぜそんな事をなさろうとする
>のですか。意味が分かりません。

えっ?!!なんですかそれ。移し替えることに意義があるではありませんか。

(A)パソコンのProfilesは私が使っているThunderbirdです。
ものすごいデータ量です。
50個のフォルダー数。その一つ一つに約3千のメールが
ストックしてある。

ところが、このたび
(B)パソコン(Win 10 64bit)新規に開設した。
Thunderbird(64bit)もインストールした。

この時、あなたならチンタラチンタラ
(A)Thunderbird データ
      ↓
(B)Thunderbird データ

の移し替えをやるわけね。どうやって?

ところで、私のやりかたは
(A)Profiles
   ↓
(B)Profiles
をやると20秒以内に完了。

(B)パソコンのThunderbirdは(A)パソコンのThunderbirdと
全く瓜二つだ。この凄さ。バックアップという事でもある。

貴方はこれを移し替えても仕方がないと言ってますね。
意味が分からないと言ってますね。

これでもわかりませんか?
#1氏は詳しいので、さすがに貴方のようなことは言ってないで
 しょ。これでもわからないと言うなら Thunderbirdを使う資格はない。

投稿日時 - 2019-01-09 14:49:42

ANo.1

>A)パソコンのThunderbird(32bit)のProfilesを(B)パソコンの
Thunderbird(64bit)のProfilesへコピーしても良いのでしょうか?

この「profiles」は、次のパスにあるフォルダのことでしょうか?
C:\ Documents and Settings \ ユーザ名 \ Application Data(隠しフォルダ)\ Thunderbird \ Profiles(このフォルダ)
(Thunderbird のプロファイルフォルダの場所と開き方)
https://synclogue-navi.com/thunderbird-profiles

その場合は、profilesフォルダのコピーでは、データの移行はできないです。

この「Profiles」の下層にある「任意の英数字.default」(このフォルダ)がXPで使用している「プロファイルフォルダ」なので、その中にあるすべてのデータファイルやフォルダなどを移行したらよいです。

具体的には、
〇XPのThunderbirdで、メニューの「ヘルプ」→「トラブルシューティング情報」→「アプリケーション基本情報」にある「フォルダーを開く」ボタンクリックで開いたフォルダが「プロファイルフォルダ」ですから、このフォルダをコピーして、USBメモリーなどを介して、Win10のデスクトップにコピーします。

〇次に、Win10のThunderbirdを起動し、前記のメニューを辿って、こちらの「プロファイルフォルダ」を開いてから、Thunderbirdを×(閉じるボタン)から終了し、開いたままの「プロファイルフォルダ」(「a」とします)の中身をすべて選択(Ctrl+Aキーなどで)して、全削除して、その中を空にします。※「a」のフォルダは開いたままにしておきます。

〇その後に、デスクトップにコピーしたXPの方の「プロファイルフォルダ」(「b」とします)を開き、中身をすべて選択して、右クリックから「コピー」のうえ、空で開いたままの「a」のフォルダの中で右クリック→「貼り付け」を行います。完了したら、「a」のフォルダを閉じます。

〇Win10のThunderbirdを起動してください。

これにより、「a」のフォルダの中身を認識して、XPのThunderbirdと同じ状態に移行できると思います。

なお、XPのThunderbirdが59.0以前の古いバージョンで、Win10のThunderbirdが60.0以降のバージョンであれば、旧式のアドオンはサポートされずに、無効になることもあり得ます。
その場合は、動作には支障はないですが、必要に応じて、後で整理することになります。

疑問があれば、補足をどうぞ。

投稿日時 - 2019-01-09 11:24:42

補足

>A)パソコンのThunderbird(32bit)のProfilesを(B)パソコンの
Thunderbird(64bit)のProfilesへコピーしても良いのでしょうか?

この「profiles」は、次のパスにあるフォルダのことでしょうか?
C:\ Documents and Settings \ ユーザ名 \ Application Data(隠しフォルダ)\ Thunderbird \ Profiles(このフォルダ)

WinXP側に於いてはこの¥Profilesフォルダーです。


(Thunderbird のプロファイルフォルダの場所と開き方)
https://synclogue-navi.com/thunderbird-profiles

>その場合は、profilesフォルダのコピーでは、データの移行
>はできないです。

いやできます。貴方はまだよくわかってないようです。
正しくは、ProfilesコピーではなくProfilesミラーリングコピーです。
邪魔くさいので、ここでは省略。

ミラーリングコピーでなんどかやって成功してますので。
貴方は説明は詳しいけど、自分ではProfiles件はやったことないのではありませんか?

私への回答者は実際の経験者でないと難しいと思いますよ。
誤解しているようなので。

>この「Profiles」の下層にある「任意の英数字.default」
>(このフォルダ)がXPで使用している「プロファイルフォルダ」
>なので、その中にあるすべてのデータファイルやフォルダなどを
>移行したらよいです。

だから、Profilesフォルダーをミラーリングコピーしたら
「任意の英数字.default」もコピーするじゃないですか。
無駄な議論は、するだけ野暮。

経験のないものはすぐこんな無駄な話になる。

>具体的には、
>〇XPのThunderbirdで、メニューの「ヘルプ」→「トラブルシュー>ティング情報」→「アプリケーション基本情報」にある「フォ>ルダーを開く」ボタンクリックで開いたフォルダが「プロファイ>ルフォルダ」ですから、このフォルダをコピーして、USBメモリー>などを介して、Win10のデスクトップにコピーします。

こんな話は、時間の無駄。


以下は同じく時間の無駄なので、削除。
何故かと言うと
WinXPのProfiles
    ↓ミラーリングコピー
Win 10 のProfiles
で完了
ただし、Profiles.iniは少し細工しておく必要がある【初期の時は】
二回目からは、これすら不要となる。



=====================
〇次に、Win10のThunderbirdを起動し、前記のメニューを辿って、こちらの「プロファイルフォルダ」を開いてから、Thunderbirdを×(閉じるボタン)から終了し、開いたままの「プロファイルフォルダ」(「a」とします)の中身をすべて選択(Ctrl+Aキーなどで)して、全削除して、その中を空にします。※「a」のフォルダは開いたままにしておきます。

〇その後に、デスクトップにコピーしたXPの方の「プロファイルフォルダ」(「b」とします)を開き、中身をすべて選択して、右クリックから「コピー」のうえ、空で開いたままの「a」のフォルダの中で右クリック→「貼り付け」を行います。完了したら、「a」のフォルダを閉じます。

〇Win10のThunderbirdを起動してください。

これにより、「a」のフォルダの中身を認識して、XPのThunderbirdと同じ状態に移行できると思います。

なお、XPのThunderbirdが59.0以前の古いバージョンで、Win10のThunderbirdが60.0以降のバージョンであれば、旧式のアドオンはサポートされずに、無効になることもあり得ます。
その場合は、動作には支障はないですが、必要に応じて、後で整理することになります。
======================

疑問があれば、補足をどうぞ。
回答をシェアする
通報する

投稿日時 - 2019-01-09 19:20:06

お礼

こんにちは。
昨日、実行した結果、成功したように思います。

WinXP Profiles
    ↓
Win10 Profiles

です。私は、アドオンからStylishをインストールして
”メール一覧の背景色を変える”を指定している。しかし、これが引き継がれなかった。つまり、これについては失敗。

 しかし、これも原因があります。このWin 10 Pro新規立ち上げで
背景色とかフォントサイズとか、細部に至ってチューニング
不足で、このため、情報を引きついても発揮できなかった可能性があります。

ですから、ここのところもやはり、100%引き継いでいる。
つまり成功しているとみているのです。

あっ、今思い出したわ。以前、Win10ProのThunderbirdの
Profiles移転をやりまして、100%成功してました。

だから、上の件も成功していると思われます。

フォルダー数100個。その中に2,3千のメール数が含まれている。
それを15秒で移転させる。登録メールアカウント、パスワード
テーマ、IDアカウント、とにかく全てを移転させる。

それから凄いと思うのは、メッセージフィルターを200個くらい
設定してるのですが、もしこの操作がなかったら、もう嫌になるくらい
大変と思いますよ。

WinXP Profiles Thunderbird(32bit版)
    ↓
Win10 Profiles Thunderbird(64bit版)
とにかく瓜二つのThunderbirdの出来上がりですね。
ここが大事です。バックアップという事でもあります。

だから、Mozilaさんのプログラマーを褒めたいです。
Windows Live メール等のマイクロソフト系のメールソフト系は
こんな機能はないんじゃないの?

貴方も何度も実行しているようなので、私の言わんとすることは
ご理解いただけていると思います。

投稿日時 - 2019-01-12 13:48:11

あなたにオススメの質問