こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

寝正月を悔やんだ時に、どんな英文が浮かびましたか?

今年は寝正月でした。疲れていたので、後悔はしていませんが、ずいぶん前に読んだ詩が頭の中をずっとぐるぐる回っています。

著作権とか法律に詳しくないので、コピペは詩が載っているNewyorkerマガジンのURLだけにしておきます。
https://www.newyorker.com/magazine/2009/06/22/hubris-at-zunzal
(マガジンのURLがうまく作動しなかった場合に、Rodney Jones のHubris at Zunzalという詩です。 検索すれば、他のページも見つかるように思います。)

この詩の主人公がアル中をやめたくて、ラム酒を海に捨てたけど、またすくい出したくなったように、疲れていたから寝正月をした私も、また正月を返して欲しい気分です。(笑)

同じような詩を紹介していただけたら、少しは気分が晴れるかな、と思いまして、よろしくお願いします。

投稿日時 - 2019-01-08 06:21:21

QNo.9575560

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

明けましておめでとうございます。
本年も前向きにいきたいものです。

そのまま貼り付けると、恐らく著作権上の問題で削除されてしまうので、以下のサイトから、Lawrence S. Pertillar の "Regret Or Champagne" という詩を検索してみてください。
https://www.poemhunter.com/lawrence-s-pertillar/

[試訳]
ー 後悔もシャンパンも ー
我々のいる、今、この瞬間ほど、貴重なものはない
過ぎ去りし日から異を唱える者よ
なぜそれほどまでに過去にしがみつくのか
過去は君に追いつくだろう
だって、君は前に進もうとしないから
後悔もシャンパンも持たずに、君はここにきた
さぁ、嘆くがよい、
その酒を私が注ぐ間に...
私は祝杯をあげるためにここにいるのだ

by Lawrence S. Pertillar
https://www.poemhunter.com/lawrence-s-pertillar/

投稿日時 - 2019-01-08 18:05:54

お礼

あけましておめでとうございます。お忙しい中ご回答ありがとうございます。

やはり文章に関しては回答者様が飛びぬけていますよね。自分もこういう文章を書きたいという希望すら抱けないレベルなので、プロなんだろうなと思います。

今回も引用とはいえ素晴らしい詩をありがとうございます。元気が湧いてきました。

今年もよろしくお願いします。

投稿日時 - 2019-01-09 10:58:39

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

Think of a caterpillar entering a cocoon. Once he does so, one of two things will happen: He will either transform into a butterfly, or he will die. But no matter what else happens, he will never climb out of the cocoon as a caterpillar.
So it is with your protagonist.
(Steven James;小説の書き方指南のような著作のなかの文章らしい)

繭にこもる芋虫を考えよう。いったんこもったら,つぎのどちらかの現象が起こる。蝶に変態するか,死んでしまうかだ。しかし,どう転んでも,芋虫のまま繭からでてくることはない。そういう主人公を描け。
(私の訳であり,最後の1文は意図不詳)。

あんまり質問の答えにはならないか(笑)。

投稿日時 - 2019-01-08 11:51:43

補足

なかなか締めきれなくてすいません。
BAにしたいご回答が2つありまして困っておりました。
悩みました結果、回答者様には私が現在寄付できるチップ全額、もう一人の方にはBAで許してください。 本当は回答者様にもBAにしたいのですが、すいません。

投稿日時 - 2019-01-11 06:03:07

お礼

お忙しい中、ご回答ありがとうございます。

この様な英文を探しておりました。

英語カテゴリーで度々ご活躍を拝見しておりますが、そもそもこのカテゴリーの質問の99%は中高生レベルなので、今一皆さんがどんな方なのか分からずに普段は過ごしているのですが、回答者様もずいぶんと実は博識な方だったのですねえ。

「繭にこもった芋虫」の話を読んでから元気が湧いてきました。この話を読めば寝正月も悪くないもんだと思えてきます。

これからもよろしくお願いします。

投稿日時 - 2019-01-08 16:00:14

ANo.1

 欧米ではクリスマス休暇はありますが、正月休みはありません。元日くらいは休みますが、2日からは普通に社会が動き始めます。初詣や新年会などでお祝い気分が続く日本とは違います。ですので、「寝正月」を川柳などで詠むのは自然なのですが、英詩で綴るには、和英の間にそれなりの設定や説明、相互理解が必要になります。

投稿日時 - 2019-01-08 10:22:45

お礼

どうも、ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2019-01-08 15:48:09

あなたにオススメの質問