こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

発酵食品を食べるとお酒に強くなる?

週5ペースで家飲みしているサラリーマンです。
1回の飲酒量は5%くらいのビール350ml ~ 500mlといったところです。

少し前までは、飲んだ翌朝は結構しんどい気分のことが多かったのですが、
わけあって発酵食品、具体的にはキムチ・納豆・ヨーグルトを全て毎日食べるようにしました。

すると全体的に体の調子が良くなったのもあるのですが、
ビールを1リットル飲んでも翌朝気分よく起きれるようになりました。
(海外の8%以上のビールを飲んでも翌朝に全く残りません)

・・・発酵食品すげぇ!と思っているのですが、実際問題、これは発酵食品のおかげなのでしょうか。
お腹の調子がすごく良いので、発酵食品が体全体的に良い効果をもたらしてくれたのは事実だと思うのですが、
お酒に強くなることまでは想定していなかったもので。

しょうもない質問ですが、よろしくお願い申し上げます。

投稿日時 - 2018-12-29 22:02:35

QNo.9572609

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

アルコールは胃と小腸で吸収されますが、腸壁が荒れているとアルコールもその他の最近や毒素もダダ漏れ状態で体内に漏れていきます。リーキーガット症候群といいます。漏れた物質が体内で毒を撒き散らします。アルコールはアセトアルデヒドに変わり毒性を持ちます。

腸壁の修理は腸内フローラの改善が効果的ですので発酵食品はそういう面から図星だったわけです。

腸壁が傷つく原因はカンジダ菌や小麦のグルテン、アルコール、化学物質など多岐に渡りますが結局は腸内フローラの力と免疫力で治すのです。

投稿日時 - 2018-12-30 07:42:22

お礼

ありがとうございます。
リーキーガットシンドローム、調べてみれば見るほどなんとなく心当たりはありますが、
たしかに今までは飲んだ翌日全身の炎症レベルが上がっていたような感じだったのですが、
それが一切なくなった気がします。

年末の飲み会続きでまた少し胃腸が荒れてきたようなので
腸内細菌をいたわってやることにします!

投稿日時 - 2018-12-31 20:16:34

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

その酒量で飲んだ翌朝は結構しんどいというのは アルコール分解酵素の弱い遺伝子グループですね。
弱いの好きという人が アルコール中毒の予備軍です。

しかし 発酵食品との関係は どうなんでしょう。
http://ourtribe.mobi/n_021.html
乳酸菌の働きによるものという記載があります。

投稿日時 - 2018-12-31 11:30:53

お礼

そうですね、決して強くはないです。
若い頃はそれでも毎日飲んでいても体全体がだるくなるようなことはなかったのですが・・・。
リンク先を読んでも、やはり腸から他の臓器へ毒素が行かないようにすることが大事みたいですね。
引き続き腸内フローラ改善にむけてがんばります。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-12-31 20:18:32

ANo.3

アルコールはもちろん適量でなくてはいけないですが、
腸内環境は大事ですから発酵食品は続けた方がいいと思います。
でも確かに
発酵食品をつまみに飲むと
飲み過ぎても調子良いような気がします。

投稿日時 - 2018-12-30 22:40:42

お礼

ご回答有り難うございます!
ですよね、つまみもそういうのが多いですしね!
飲み過ぎ注意します。

投稿日時 - 2018-12-31 20:19:13

ANo.2

「お酒は百害あって利益なし」酒飲みは「アル中」の予備軍です。

酒に飲まれて、人生を棒に振る人の如何に多いコトか。

投稿日時 - 2018-12-30 14:36:25

お礼

何度も断酒しようとしたのですが、ダメでした。
なので、以下の作戦で進めています。
・やすいチューハイなどはせめて絶対飲まない
・週2回は休館日をとる
・飲んだときの体のダメージを最小化する

飲まないのが一番なのは承知しているのですが、難しいです・・・。

投稿日時 - 2018-12-31 20:21:03

あなたにオススメの質問