こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Aviutlで画像とBGMだけの部分を追加したい

Aviutl1.00でゲームプレイ動画を編集中です。編集は一通り終わり、YouTubeでおなじみの「チャンネル登録はこちら」画面を作ろうと画像とBGMを用意しました。
しかし、このためのブランクのフレーム144秒を作る方法がわかりません。これさえ作れればあとは画像とBGMをそこにのせるだけなのですが…。
「空フレームの挿入」という機能を使ってみたのですが、フレームが追加された様子が見えません。

ググってみたところ
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13114333678
というQ&Aが見つかりましたが、私は入門者に毛が生えた程度なのでいきなりオブジェクトを分割とか手動で伸ばすとか言われても意味不明です。

投稿日時 - 2018-12-25 19:02:10

QNo.9571326

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>AVIで保存
これは動画編集の基本のキですね。ただしAVIフォーマットだとどうしても動画ファイルサイズが肥大化し、HDDの残量がTB単位で確保できてないと色々と作業に支障が出ます。まあ要するに動画編集てのは金のかかる趣味なんです。それを理解し受け入れられない人は早々に諦めた方が良いと思います。

で、AVIで保存する際に、少しでもファイルサイズを小さくして汎用性を高めるため、通常は外部コーデックを別途にインストールして使います。無劣化で動画を保存する可逆圧縮コーデックは色々ありますが今後、10年くらいは「UtVideo」の1択で揺るがないと思います。入れていないのなら今すぐにインストールし、今後はAVIは全てこの UtVideoコーデックで保存する様にしてください。

- UtVideo https://github.com/umezawatakeshi/utvideo
- 解説web記事 https://www.gigafree.net/media/codec/utvideocodecsuite.html


>他の動画編集ソフト
ん~、コレは何とも微妙な質問というか…結局はソフトは須らく "慣れ" なんで。一概にどれがベストとは言い難いんですよね。一応、参考までに自分が使ってるのは「TMPGEnc Video Mastering Works 7」というヤツですね。

- TMPGEnc Video Works 7 https://amzn.to/2EO7YJv

これも元々はAviUtlと同じく無料ソフトとして始まったんですが、ソフト内部で浸かっていたMPEG2エンコード用のライブラリが特許侵害に当たるという難癖を特許ゴロから付けられて、紆余曲折を経て最終的には高額な使用料を賄うために有料化して現在に至る歴史を持ってます。

自分もその大昔の無料ソフト時代に使いながら有料化した際にAviUtlに乗り換え、その後に色々と機能面に不満が出て数年前からまた戻って来て使う様になりました(笑)。

自分の場合、とにかくMKVコンテナ形式で書き出せないと何も始まらないので、いちいち別にコンバート用ソフトを使う事無く1つのソフト内で作業が完全に完結のが使ってる理由ですかね。他にも「外部コーデックが過不足無く使える」とか「GOP単位(キーフレーム単位)だけでは無く1フレーム単位での切り出しが可能」とかが理由ですね。

無論、他にも色々と高機能を謳ってるソフトは数多くありますが…自分が作業する上で必須の機能が過不足無くカバーされてるモノがこれしか無いので。今は大変、満足して「TMPGEnc Video Mastering Works 7」を使っています。

投稿日時 - 2018-12-26 22:15:37

お礼

ご回答ありがとうございます。ディスク容量はもともとCドライブだけでも2TBのものを使っています(昔500GBのパーティション分けとか使っていて大変不便だったので)。さらにバックアップ用には4TBと5TBの外付けを使っているのでこのへんは問題ないと思います。

UtVideoについてなど諸情報ありがとうございます。ここ数時間、拡張AVI出力では画面が真っ黒になり(字幕は出る)、本体のAVI出力だと音割れするで、にっちもさっちもいかない有様でした。そこで、今回はアノテーション画面を用意せずアップロードしようという結論に至りました(2日かけてこんな結論で恐縮ですが)。

今回の経験といただいた情報は、次回以降の動画作成で活かそうと思います。みなさまありがとうございました。

投稿日時 - 2018-12-26 23:51:57

ANo.7

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.6

>一度編集済みの動画をMP4にしようと思う~
ああダメです。MP4(x264)にするのは最後の最後で完全に何もかも編集作業が完了して公開するだけになった時の完全版完成品として書き出す時だけです。それまでは一切の途中作業の動画は必ず "AVI+WAV" で書き出して保存してください。

AVIだけが無劣化で、MP4(x264)に書き出した時点でどんなに設定を完璧に調整しても99.999%でごく僅かに劣化が生じます。プラグインの設定項目で「Lossless」とかいう項目がありますが、x264フォーマットになった時点でRGB色情報が永遠に失われYUV色空間に強制変換されてしまうので。

というか…近くに詳しい友人がいらっしゃるのでしたら、その御仁と直に連絡を取り合って手ほどきを受けた方が話は早い様な…??

P.S.
自分が先に示した方法は「AviUtl本体から動画を読み込んだ場合」の作業方法です。自分も普段はそうやって作業するので。

>拡張編集で動画を読み込むには?
それも先の回答に記述した方法と同じく、拡張編集ウィンドウの上で右クリックして [新規プロジェクトの作成] ですね。この時、注意点としてはAviUtl本体側で何もファイルを開いていない状態でコマンド実行しないと、右クリックしても違うメニューが表示されて先に進めません。

ただ私見で言えばこの方法だといちいちfps数やら全体の解像度やらを毎回、数値入力しないといけないので、自分は煩雑に感じるので一切使いませんね。まず先にAviUtl本体から動画ファイルを読み込ませて解像度やfps数は自動解析させてプロジェクトをスタートさせた方が簡単です。

あと老婆心で言えば動画編集ソフトとしてのAviUtlはもう完全に終わったソフトなので、何だかんだ屁理屈を付けて乞食の様に無料ソフトを探し回って這いずる回るよりは、公式サポート等がしっかりしているまともな有料ソフトに乗り換える事をお勧めします。開発改良も完全に終了していて今後の展望は何も望めませんし、そもそも最新版の最終更新日が2013年なので次々と新しく出て来る動画フォーマットや新技術に完全に取り残されてる過去の遺物です。斯く言う自分も今はAviUtlは使ってません。

確かに一時代を飾った優秀なソフトでしたが…それはそれ、これはこれで、せっかく頑張って齧り付いて使い方をマスターしても将来性がゼロなので、同じ苦労をするなら未来の有る他のソフトを習熟した方が良いと思います。

投稿日時 - 2018-12-26 19:30:47

補足

あとは、友人とはスカイプを通じての仲なのと、詳しいといっても完璧ではないと思われますので…(使用しているAviutlのバージョンが違うなどの問題もあります)。

投稿日時 - 2018-12-26 20:25:29

お礼

ご回答ありがとうございます。では、AVIでいったん出力してみます。Aviutlはググった結果たどり着いたソフトだったので…。今は何がおすすめなのでしょうか?

投稿日時 - 2018-12-26 20:22:20

ANo.5

#4です。
拡張編集画面への動画、画像読み込みはドラッグするだけです。

拡張編集プラグインのインストールは下記説明動画の通りです。
https://www.youtube.com/watch?v=oh_ASqSweF0
20:24 「拡張編集」のダウンロードとインストール
21:48 「拡張編集」の初期設定、便利設定、読み込みの為の設定など
の通りインストールして下さい。

投稿日時 - 2018-12-26 19:30:15

お礼

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-12-28 00:42:47

ANo.4

難しく考えないで下さい。
動画を「分割」し144秒分離します。分割空間に画像、BGMを張り付け長さを144秒に設定します。終わったらエンコします。

投稿日時 - 2018-12-26 08:53:07

お礼

ご回答ありがとうございます。下記(回答No.3)のお礼に書いた操作がそもそもの問題だったようです。

投稿日時 - 2018-12-26 18:20:23

ANo.3

まず先にゲーム本体部分の動画を完成させ、1つの動画として書き出して保存します(動画A)。この時の動画は総フレーム数が48271になる様に上手い具合にカット編集して置いてください。そこで一旦、作業を終了してプロジェクトを閉じ、新規に "動画A" を開いて新しいプロジェクトとして開いて作業開始します。

次に [ファイル]→[追加読み込み] で "チャンネル登録BGM" を読み込みます。こうすれば "動画A" の終了フレームの直後にピッタリとくっ付く形でBGMが挿入され一繋がりの長い動画状態になります。AviUtl本体のウィンドウバーの部分に動画の総フレーム数が表示されてると思いますが、その数値が増えていれば首尾良く行ったという事です。この時点でまだ総フレーム数の数値表示が "48271" のままだったら何か間違ったという事なので作業を見直してみてください。

総フレーム数が "48271+BGMフレーム数(1分44秒)" になっていれば後はもう大丈夫。拡張編集ウィンドウの上で右クリックして [メディアオブジェクトの追加]→[画像ファイル] とコマンドを実行すればタイムライン上に [画像ファイル] という表示が出て来て追加されるので、それをダブルクリックすると設定画面が出るので、そこの [参照ファイル] をクリックして用意して置いた "チャンネル登録画像" を選んで確定させてください。

"チャンネル登録画像" を選んだら、後はタイムライン上に表示された [画像ファイル] の左右の端の部分にマウスを合わせるとマウスカーソルの形が ⇔ に変わるので、その状態でクリックしたまま左右に動かすと表示時間を増減させる事が出来ます。右端の動画終了時間の方ははみ出してしまっても最終的な書き出し時には自動的に切り捨てられて無視されるのでピッタリと合わせる必要はありません。左側の画像に切り替わる瞬間のフレーム数のみキチンと合わせていればOKです。初期設定のままなら確かタイムライン上の編集はキーフレーム等に吸着する様になっていたと思うので、目分量で適当にマウスドラッグで合わせれば自動的にピタッとくっ付いたと思います。

投稿日時 - 2018-12-26 04:13:31

お礼

ご回答ありがとうございます。じつはあれからAviutlに詳しい友人にも相談してみたのですが、タイムラインを右クリック→範囲設定→「最終オブジェクト~」などがグレーアウトしているのがそもそもおかしいのだという話になりました。
これについてググってみたところ、
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14148470614
というQ&Aを見つけました。どうやらこれ(Aviutl本体で動画を読み込んだ)が原因のようです。
ただ、「では拡張編集で動画を読み込むにはどうすればいいか」が全く書いてないので困っている状態です。
とりあえず、まずは仰る通り一度編集済みの動画をMP4にしようと思います。それを再度読み込む必要があるため、「拡張x264出力(GUI)Ex」で出力する際、画質・音質の劣化が起きない「品質」のスライダー位置を教えていただければと思います。
それに加え、「拡張編集で動画を読み込むには」についても教えていただければと思います。

投稿日時 - 2018-12-26 18:18:54

ANo.2

タイムライン上の音楽ファイルでカーソルを移動すると、時間が表示されます。
で、その時間で自分の希望する時間の所で右クリックして「分割」→「削除」して、余分な部分の動画を削除します。
これだけでは、一本の動画としては完結して保存できないので、「終わり」の地点を決定するために、画面上部の「編集」をプルダウンして「拡張編集」を開き、「最後のオブジェクトを最終フレームにする」をクリック。
で、あとは保存するだけです。

投稿日時 - 2018-12-25 20:26:04

お礼

補足ありがとうございます。ただ、先に動画の余り(余分な部分)をカット→画像と音楽を貼り付けても、1分44秒の音楽のはずなのにフレームが尺足らずになってしまうのです。音楽には特に余分な時間がありません。私が知りたいのは動画が尺足らずになるのでどうしたらよいかという部分です。

具体的に状況を述べると、48271フレーム目で残りを削除→タイムラインに48271のあたりに画像と音楽をマウントしても48271フレーム目から先がいじれないのです。

動画を先にカットせずに画像と音楽をマウントするとゲームの音が残ってしまうのでそれも困るのです。

投稿日時 - 2018-12-25 21:28:08

ANo.1

タイムラインに画像と音楽ファイルを貼り付ける。
音楽ファイルの希望の時間の箇所で右クリック→分割→削除
編集で、最後のオブジェクトを最終フレームとするを選択。

投稿日時 - 2018-12-25 19:09:35

お礼

ご回答ありがとうございます
ですが、2~3行目の意味がわかりません。

投稿日時 - 2018-12-25 19:59:27

あなたにオススメの質問