こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

お歳暮は無礼か (不幸突発時)

恒例のお歳暮を戴いた直後に、突発事が起きてその家が喪中となりました。
葬式直後でも「お歳暮」は送るべきか、送らないと失礼なのか困ってます。

お歳暮と葬儀は別筋の事であり、その月内というか年末行事は年内に決着するのが正解とも思うのですが、出すか辞めるかどうしたものでしょうか。


(参考)
o 年が明けてから時期をみて「寒中見舞い」を送るのが良いとの説も聞きます。
o 周辺の方への慰労も込め(年内に)「お見舞い」として送る説もあります。

投稿日時 - 2018-12-19 20:08:21

QNo.9569366

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

まず喪中期間に控えるべきな事は、全ての祝い事を慎むのが基本です。

御歳暮とは一年間に御世話になった印として、感謝の意を込めてお贈り
する物です。御歳暮を贈る事は御祝事とは異なりますので、喪中だから
と控える必要は無いと言う事です。
例えば出産祝で金品を頂戴している場合は、後日に内祝いとして品物を
相手に御渡しします。これは御祝の一環として行われる昔からの仕来り
ですので、御歳暮はこのような事と同じではありませんので、御歳暮は
贈られても失礼にはならないと言う事です。

寒中お見舞いとは、本来は豪雪地域や厳寒地域の方の苦労を労うために
出すハガキの事を言います。それが何時頃か喪中時に出すハガキになっ
てしまいました。
御歳暮は先にも書いたように、その年の御愛顧に感謝する意味で年末に
相手に御渡しするのが基本です。年明けでは前年度の事になりますので
これでは御歳暮を贈る意味が無くなります。

2番目に書かれている事ですが、御歳暮はお見舞いとは異なります。
御歳暮はお見舞いとして渡す物ではありませんので、これでは頂戴され
た方が困惑されます。御見舞いとするなら何にに対してのお見舞いでし
ょうか。

投稿日時 - 2018-12-20 16:39:08

補足

適切なご意見をありがとうございました。
コメントの掲示が遅くなりお詫びします。

御歳暮は御祝い事ではなく感謝の気持ちを表す独自の儀礼に違いなく、恒例の時期に贈るのは自然な行為と納得でき、同感です。

なお、御見舞とする場合の意味合いは、家中の取り込みで平常とは違う並外れな労苦などに対する慰労の意味です。しかし質問者さんが言われるとおり、貰った方に疑問が出るので避けるべきと思い直しました。
   

投稿日時 - 2019-01-12 16:22:01

お礼

   
適切な御見解を戴き誠に有難うございました。
  

投稿日時 - 2019-01-16 18:46:19

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問