こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

腰痛予防の寝具対策

腰痛予防として昔から固いベッドが良いと言われていたと思います。
腰の自然な曲がりを保ち沈み込んで真っ直ぐになるのを防ぐためと理解しています。
最近、柔らかいマットレスが宣伝されていますが、これも思えば同じ原理で、お尻を十分沈み込ませることで腰の自然な曲がりを保つ効果があるものと思います。
たとえれば、お湯の中で腰骨が重力の負担から解放され、宇宙空間でも負荷がかからないのに似ています。

もしそうなら、
普通のお布団でも、腰から背にかけてバスタオルの畳んだのを敷き、お尻(から脚部)だけをお布団に落とす「数センチの段差」を作れば、似た効果が得られるのではないでしょうか?
(本当は布団に大きくお尻穴を作って、そこにお尻を入れればいいのですが、実際にそんなことはできないので。)

投稿日時 - 2018-12-10 12:11:43

QNo.9566451

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

寝始めは良いかもしれませんが、寝返りをうったら段差からズレてしまうことも考えられます。運が悪いと就寝数十分で変な姿勢になってしまいそう。

私も腰痛持ちですが、仰向け寝より横向き寝で快適な姿勢が得られています。
左を向いて寝る場合、左手はまっすぐ前に伸ばす
右手は肘を曲げて肘から先で支える
左足はまっすぐ
右足は腿を上げて膝を曲げ、膝から下で支える
このとき、抱き枕で右手右足の重さを支えるとびっくりするくらい楽に寝られます。腰を傷めて寝たきりだったときにこの姿勢を聞いて、それ以来ずっとこれです。
私の場合、布団はせんべい布団でもスプリングやマットレスの効いたベッドでもあまり関係なかったです。

投稿日時 - 2018-12-10 12:47:24

補足

試しにバスタオルをやってみたら、朝はどこかに行っていました(笑)
寝ているときは何をするかわかりませんね。

投稿日時 - 2018-12-14 05:53:10

お礼

布団の中での寝返りは左右に打つものなので、段差からずれることはないように思います。上下に移動するとズレますが(笑)
お勧めの横向き姿勢は確かに楽ですよね。ところが、これこそ寝返りを打って仰向けになっていることが朝わかっちゃうんですよね。困ったもんです。

投稿日時 - 2018-12-10 17:16:19

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

段差ではなく 滑らかな曲線でないと
タオル1枚の厚みでも段差になるということです。
ちょっと横になる といった程度では問題ありませんが 一晩寝ると このタオル1枚の段差が響いてきます。
綿を入れるのなら 段にならず 滑らかな盛り上がりにできると思います。

投稿日時 - 2018-12-11 01:59:15

お礼

なるほど。
一晩となると負担かもですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-12-11 08:33:18

ANo.3

バスタオルは 初めの形をキープできないし わずかですが段差ができるので
ちょっとマイナス要素があります。
アイデアは良いと思います。

投稿日時 - 2018-12-10 17:35:00

お礼

段差を作ることがミソなのですがね・・・。

投稿日時 - 2018-12-10 19:40:08

ANo.2

NHKのためしてガッテンで腰痛体操をやってました。真似したら腰痛治りました。詳しくはNHKオンデマンドで。受信料払っているなら利用できます。

投稿日時 - 2018-12-10 13:16:06

お礼

色々なものが紹介されていますが、
今回は布団のことについてお尋ねしました。

投稿日時 - 2018-12-10 17:17:42

あなたにオススメの質問