こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

デジカメ市場のマーケットが大きく変わった。

デジカメ市場のマーケットが大きく変わった。

デジタルカメラの潮目が変わった。

一眼レフカメラの総売上台数がミラーレスカメラに抜かれたのだ。

プロのカメラマンまで一眼レフカメラではなくミラーレスカメラを使用して仕事に使ってる人も増えている。

カメラ業界で何があったのでしょう?

投稿日時 - 2018-12-03 18:37:53

QNo.9564278

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

違う質問に間違えて回答してしまったので転載します。
___
車でいうとマニュアル車がオートマに移行したのと同じ現象と思います。最初のオートマはマニュアルに比べて細かい操作ができず運転初心者のための装置でしたが技術が進歩して今ではF1でもセミオートマは使われているしフルでない理由もドライバーの技量の余地を残すため。でも長らくドライブ好きはオートマを馬鹿にしてマニュアルこそが自分の技量を見せられるものだと思っていました。
ミラーレスと一眼レフは画像の鮮明さと画像処理に関してはデジタルになった今では全く同じ。違うのはファインダーで見た画像と記録される画像の関係だけ。ミラーレスのデメリットにオートフォーカスの性能があげられることもありますが、これはキャノン、ニコンが一眼レフで投入した技術をミラーレスに展開してこなかっただけで、ミラーレスに本腰を入れれば同等の事は出来るはず。ミラーレスの電子ファインダーで覗いた画像と実際に見たのと同じ画像の違いはどのみちデジタルの画像データを後で編集加工することを考えれば大きなデメリットとは言えず、残るは電子ファインダーに写る画像と実際に画像の時間差くらいでしょう。これもカメラに内蔵される画像処理のDSPとメモリーの速度が改善されれば問題なくなるので、プロがミラーレスのデメリットとよりもメリットを感じる一線を超えたという事でしょう。本当はとっくに超えていたと思うのですが、カメラマンは技術者じゃなくて職人さんなので自分が慣れ親しんできた一眼レフの良さを捨てて技術の新しい進歩に慣れるのが遅れ、キャノンやニコンも培ってきた一眼レフの光学系の技術にこだわり続けていたのがついに変わったということと思います。

投稿日時 - 2018-12-03 23:04:20

お礼

みんなありがとう

投稿日時 - 2018-12-04 19:21:20

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

何処の記事ですか? 一眼レフデジタルカメラ、一眼デジタルカメラ、ミラーレスカメラ(コンパクトカメラ、一眼レフを除く)の違いが分かりますか? プロの・・・・も違います。ファインダーを覗かないで裏画面だけでは使い物になりません。それぞれのカメラのメリット、デメリットを調べて質問して下さい。

投稿日時 - 2018-12-04 08:09:47

一眼レフカメラの総売上台数がミラーレスカメラに抜かれたのだ。
では、そのデータを示して下さい。

投稿日時 - 2018-12-03 20:25:05

ANo.1

 スマートフォンにデジカメが負けたのが原因でしょうね。

 スマートフォンの大画面液晶ディスプレイを見ながら撮影するのに慣れた人達は、デジカメも大画面ディスプレイを欲しがるようになります。ファインダーを覗いて撮影するのを嫌がるようになり、ディスプレイでアングルを合わせて撮影する手法が定着した結果、ミラーレスが一眼レフを抜く結果になったのでしょう。

 日頃使っているカメラに慣れた結果、市場勢力が変わるという事なのでしょうね。今ではファインダーが無いデジカメばかりになり、デジカメの薄型化や軽量化にも影響を与えています。ファインダーがあるデジカメは市場確保出来なかったのでしょうね。

投稿日時 - 2018-12-03 19:17:19

あなたにオススメの質問