こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

1.ユーチューブバー(youtuber)という仕事

1.ユーチューブバー(youtuber)という仕事はユーチューブプレミアム(youtube premium)で事実上無くなるのではないのか?

2.ユーチューバーはこれからは稼ぐものではなく、コミティアなどの様に自分の作品を展示出来るスペース的なものとして人々に利用されるのではないだろうか?

3.ユーチューバーはネット社会や若年層からすれば人気が高い職業かもしれないが、社会的には日銭を稼ぐ日雇い労働者(クリエイター、タレント)の様に見られて信用がなく例え年収が数億から数十億が当たっても銀行からお金を借りる事は出来ないのではないだろうか?

4.ユーチューブという職業の利点欠点限界盲点とは?

ユーチューブ、社会カテゴリー皆さんの
ご回答のほど、
お待ちしております。

投稿日時 - 2018-11-23 04:05:48

QNo.9560739

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

1.広告がうざいからと言ってわざわざ無料の動画サイトに費用支払って、広告を出さないようにするユーザーの方が少ないでしょう。
また、その料金を一定割合でYouTuberに振り分けて配当するので、プレミアムの正式導入はさほど影響は無いだろう。

2.広告掲載で収入が出る以上「稼ぐ」ために動画投稿する事は無くならないし、作品展示も可能性はあるだろうが、動画サイトは他にもあるので、YouTubeだけに集約されるモノでは無いでしょう。

3.一定額以上に稼げるようになれば、法人化してしまうことで日銭を稼ぐ形態からは脱却できるし、僅か数年で数億稼げれば四大卒の生涯年収を超えるので、わざわざ借金をする必要も無いだろうし、映像製作・配信企業として法人化することで、社員或いは役員となってしまえば、少なからず社会的信用は得ることが可能。

4.最大のデメリットは、稼げるYouTuberになれるのはほんの僅かだと言う事実。月額で10万円以上稼げる投稿者は少ないだろうし、月10万では喰っていけない。
更には、動画はどんどん消費されるので、常に動画を作り続けなければ収入が減少してしまう。よって作り続けなければならず、撮影・編集を一人で実施するにしても撮影して編集するだけでも相当な時間を費やす事になるし、コストを掛けない動画はチープになり易く視聴回数が減ることに繋がる。
まぁ最大のデメリットは、どれだけ有名なYouTuberでも、アカウントが停止されるリスクを常に背負っている事だろう。ちょっとした規約違反で一発退場もあり得るのがYouTubeですからね。

投稿日時 - 2018-11-23 07:58:37

お礼

ご回答のほど、
ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-11-23 11:08:43

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

1
youtube premium
広告から収入を得るのではなく
配布される可能性はある



そんなことはない
動画広告としてはあり


まあ、フリーなら借金はできない


数年後残っているかわからない

事務所経由の営業利益もあるので媒体は変わってもなくなることはないとおもう
規模は縮小すると思うが

まあ、やってる人が無知のため 犯罪は起こりやすい
VALU詐欺事件 とか(あまりにも新しい手法のため立件できなかった やってることは インサイダー 空売り)

投稿日時 - 2018-11-24 09:52:31

お礼

ご回答のほど、
ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-11-24 11:31:08

ANo.4

仕事と言うより寄生虫と言った方が妥当でしょう。変な職業です。金になるなら何でもやるゴーンみたいなものです。

投稿日時 - 2018-11-23 11:11:10

お礼

ご回答のほど、
ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-11-23 14:14:01

ANo.3

>1.ユーチューブバー(youtuber)という仕事はユーチューブプレミアム(youtube premium)で事実上無くなるのではないのか?

そもそも、ユーチューバーが仕事として成り立っている人自体、非常に少ないですが。
プレミアムの契約者が増えれば、お金は払いやすくなるでしょうね。
広告収入なんていう、不安定な収入をあてにしないで支払いに充てられるわけですから。


>2.ユーチューバーはこれからは稼ぐものではなく、コミティアなどの様に自分の作品を展示出来るスペース的なものとして人々に利用されるのではないだろうか?

違うでしょうね。

>3.ユーチューバーはネット社会や若年層からすれば人気が高い職業かもしれないが、社会的には日銭を稼ぐ日雇い労働者(クリエイター、タレント)の様に見られて信用がなく例え年収が数億から数十億が当たっても銀行からお金を借りる事は出来ないのではないだろうか?

そもそもユーチューブの支払い方は、出来高制なんですけど、知らなかったですか?


>4.ユーチューブという職業の利点欠点限界盲点とは?

そんな内容は関係ないでしょう。
そんな言葉しか使えない方では理解できないと思います。

投稿日時 - 2018-11-23 08:45:27

お礼

ご回答のほど、
ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-11-23 11:08:59

ANo.2

ユーチューバーは仕事ではない。
アフィリを仕事と見なすのと同じ。
土方より下。
単に、その時だけ受けて投げ銭をもらえてるだけの事。大道芸人の方がずっとマシ。
youtubeのコンテンツの多さと収益から考えて、1人で数億なんてのは無理だと思うんだが・・・

投稿日時 - 2018-11-23 08:27:31

お礼

ご回答のほど、
ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-11-23 11:08:52

あなたにオススメの質問