こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ドルのペイパル→銀行に出勤時の青色申告記載

当方、今年前半に毎月ペイパルのドルにて入金があったものの処理について困っております。

クラウド会計ソフトで当時のレートの日本円換算の数字が出てくれるので、その数字をそのまま使うこととして、以下のように入力しております。

・1月〇日 預り金/売上高 1万円等
・2月〇日 預り金/売上高 2万円等
・3月〇日 預り金/売上高 1万5千円等

そして、出金については毎月口座に出金しておらず、ドル入金のものは12月にまとめて1年分の収益を引き出そうと思っております。

ただ、実際にペイパルで引き出す場合ドルの引き出しに対して日本円の上記合計4万5千円を出金ができず、何ドルという指定しかできませんでした。
(やったことがないのですが、先ほど画面をみるとドル指定でした。)

そのため、引き出す額としては今の日本円レート換算で、この1~3月の合算額を上回るであろうドルを指定して出金するしかないかなと思っています。
本当は、帳簿に記載している合計額を1円単位でピッタリで引き出したかったのですが。

そのため、例えば12/1に500ドル(約5万ちょっと)が出金された場合、帳簿的には各月のセットとして分割した形で記載していいのでしょうか?

・1月〇日 預り金/売上高 1万円
 →12/1 普通預金/預り金 1万円
・2月〇日 預り金/売上高 2万円
 →12/1 普通預金/預り金 2万円
・3月〇日 預り金/売上高 1万5千円
 →12/1 普通預金/預り金 1万5千円

・12/1 事業主貸?  残りの多かった差分


12/1の分の合計が振り込まれた金額と合っていれば金額もずれないからいいのかなと。

1~3月の売上申告の金額との差分の多すぎた入金分はプライベート資金として分割していいものなのでしょうか?

毎月引き出していたら手数料が高いなと思い、年末にまとめればいいかなと思ったものの、いざ初めてドルを引き出すのでどうしたものかと思っております。

投稿日時 - 2018-11-21 20:57:59

QNo.9560321

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

》開業前は20万円もまったくないので申告不要と思い申告していませんでした。雑所得20万未満は確定申告はいらなかったかなと思っておりまして。

あなたの主たる所得が給与で、2017年以前は給与所得以外の所得が20万円以下であるなら確かに申告は不要です。
ただし為替差損益は外貨を売却し円換金した時に確定しますから、今後は確定申告となれば20万円以下に関係無く為替所得も全て申告が必要となります。
2017年以前の詳細が分からないという事ですから、2017年12月31日付の為替評価での外貨残高を取得時の価額とし、為替差損益を算出する基礎とすれば税務上も無難だと思います。

投稿日時 - 2018-11-23 12:54:58

お礼

おっしゃる通り2017年は給与所得があったのでその状況です。
その年内にUSドルを全額引き出しておけばキレイにできていたのですが、5万もなかったので引き出し手数料をケチって残したまま放置してしまいました。

2018からは青色なので有無を言わさず申告になるのですが、2017年末時点でのUSドルの残高をその時の相場で日本円にした金額を、期首残高とすれば確かに理にかなっていますね。

慣れれば簡単なのかもしれませんが、いまいち難しいですね。

何度もありがとうございます。

投稿日時 - 2018-11-23 13:37:20

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

》開業前の2017年からもドルが入っていて、今年の利益分のみをきっちり全部出すということができない

2017年12月31日におけるペイパルの年末残高は分かりますか?
開業前後や事業収入か否かに関係なく保有外貨については、換金(外貨の売買)で得た為替での利益を雑所得として申告が必要です。
調査時に問われるかも知れませんが、2017年12月31日で線引し、その日の外貨残高と為替レートを基準にして、その後の収益を算出。
正確な金額は分からなくても妥当な金額で申告すれば認められる可能性も高くなります。

1、出金に拘る必要はありません。
ただ出金するのであれば、先ず2017年12月31日における残高を換金すれば、残るのは2018年の収入のみとなります。

2、》ここの預け金は、1月~3月などの各月のペイパルにUSドルが振り込まれたタイミングの為替レートで記帳している円の合計値としていいですよね?

はい、間違いはありません。
振り込まれた日のTTBレートで評価した円建てで計上します。
確かに全てを換金してしまえば期末の為替計算は必要ありませんが、損ですよ?
キャッシュフローが悪くなければ、ドルは保有のままで円安が進んでから換金する方が得です。

投稿日時 - 2018-11-22 23:12:37

お礼

開業前は20万円もまったくないので申告不要と思い申告していませんでした。雑所得20万未満は確定申告はいらなかったかなと思っておりまして。

為替については円安になるか円高になるかそこまで長期スパンで待てないのと、どう動くか素人にはサッパリなのと、青色申告初心者なので会計上完結にわかりやすくしたいなというところです。

ペイパル振込の利益が何百万もあるなら別ですが(笑)

ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-11-23 11:10:17

ANo.2

誤字訂正
12/1にレートが変わり490ドルで50,004円の場合
間違った処理
(現金預金)50,004(預け金)50,000
(事業主借)4
正しい処理
(現金預金)50,004(預け金)49,000
(為替差益)1,004

失礼しました。

投稿日時 - 2018-11-22 04:13:54

ANo.1

》ドル入金のものは12月にまとめて1年分の収益を引き出そうと思っております。

そんな無駄で損になることをする必要があるのですか?
レートが良い時に日本円に換金すれば得ですよ!

それに誤認されているようですが売上金が500ドルなら、帳簿上の回収金額が円建で50,000円であったとしても日本円に換金するまでは500ドル。

12/1にレートが変わり490ドルで50,004円の場合間違った処理
(現金預金)50,004(預け金)50,000
(事業主借)4
正しい処理
(現金預金)50,000(預け金)49,000
(為替差益)1,004

当然、1,004円は収益として課税されます。

490ドルを引き出しペイパルに10ドル残したまま今期が終われば、預け金の帳簿残高1,000円で評価替えが必要です。
期末レートが101円なら預け金残高1,010円
(預け金)10(為替差益)10
期末レートが99円なら預け金残高990円
(為替差損)10(預け金)10

投稿日時 - 2018-11-22 04:09:54

補足

回答ありがとうございます。

ペイパル口座は昔から持っており、開業前の2017年からもドルが入っていて、今年の利益分のみをきっちり全部出すということができないのです。

あ、むしろこうすればいいのでしょうか?
ペイパル出金時にはUSドル指定でしか出金できないので、

1.ペイパルの振込履歴のUSドルの今年の利益を合算した分をキッチリ指定して出金(仮に500ドルとする)
 ※ペイパル口座上の今年の開業後の利益のUSドル分だけキッチリ引き出せる
  開業前のUSドルもこの時点でペイパル上には残ったまま。

2.実際に出金されて日本円になった金額が仮に51000円とした場合、以下となる。

(現金預金)51000円(預け金)45000円 ※質問文の各月の売上発生タイミングの円レート換算の合計値
(為替差益)6000円

ここの預け金は、1月~3月などの各月のペイパルにUSドルが振り込まれたタイミングの為替レートで記帳している円の合計値としていいですよね?
当時のレートが良かったか悪かったかあまり気にしていなかったのでひょっとしたら損がでるかもしれませんが。

こうすれば今年の利益全部出してしまえば後の処理は考えなくていいのかなぁなんて。


そもそもペイパル口座も、青色申告にて銀行口座と同じように期首残高、期末残高を登録する必要があるものということですかね?
今は、実際に銀行に出金したときにしか記載しておらず、期首残高とかは登録していませんでした。

投稿日時 - 2018-11-22 11:20:49

あなたにオススメの質問