こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Es schreibt gut.はどこか日本語に似

ているように思います。英語にはない構造のように思うのですが・・・ドイツ人のものの考え方は英語人よりも日本人に似ているというようなことはありませんか。乏しい知識でこんなことを尋ねるのもどうかとも思いますが…。

投稿日時 - 2018-11-13 08:02:21

QNo.9557372

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

質問タイトルのドイツ語文の es が、人を指すなら、
解説のいらない普通の文です。
(たとえば、少女Mädchen は、中性名詞で es で受ける。)

以下、es が「書く」動作をしない物や抽象名詞として
回答します。

これは、態の問題です。
動詞の動作対象の目的語や道具が受動態ではなく
主語になる構文で、英語でも普通にあるものです。
中動態(middle voice)といったりします。

(1)This pen writes well.
(2)This knife cuts well.
(3)This guitar plays easy and sounds good.
(4)This book sells well.
(5)This racket plays light and fast.
(6)The hat wears nice when letters are front facing.
(7)This beer drinks lighter than it looks.

(1)(2)は、道具、(3)~(7)は、本来目的語が主語です。
日本語だと「書く」「書かれる」ではなく「書ける」と
動詞の形で違いが出ます。英語だと、そのままの形で使う。
ドイツ語では、道具はそのままですが、目的語だと sich
の再帰代名詞の用法になったりします。

(2D)Dieses Messer schneidet gut.
(4D)Dieses Buch verkauft sich gut.

北欧語では、動詞に-s(再帰代名詞の弱めた)が指標
だったりします。
Engelsk snakkes i mange land
(英語は多くの国で話されている。)

投稿日時 - 2018-11-14 21:00:00

お礼

ご教示をいただいて改めて勉強をしてみたいと感じました!

投稿日時 - 2018-11-15 01:07:25

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

どうしてそう思うのか理由がわかりません。
It tastes good.とかThey look well.とか似たような表現が英語にもしこたまあると思いますが。

ドイツ語は事実をあまり修飾なしに表現できるところがあり、特別な誇張が不要です。そこが日本語と大きくちがうところで、日本語の場合はひとつのことを言いうのに「言い回し」というのを工夫する部分があり、gutなんて言い捨てるような言い方は避けます。
日本語だと、書き味が素敵ね、とか、すらすら書けるよ、とか、立派な書き心地だ、みたいに多彩な表現が可能です。

ドイツ語はひとつの事実を言うのにそんなに多彩な言い方はありません。
そのため、外国人が見て読みやすいのです。

英語は視点によっていろいろな言い方があり得ます。これは日本語とは違うことで、I have this pen favorite.とか、Writer will do.みたいな表現がありうるのです。

おのおの違った性質です。

投稿日時 - 2018-11-13 09:29:43

お礼

懇切丁寧なご教示をいただきました。もう少し勉強します。

投稿日時 - 2018-11-13 12:32:23

ANo.1

  「どこか日本語に似ている」の理由がよくわかりませんので、見当違いかもしれませんが

 英語では、It write well とペンなどについて言う時が近いとすれば、改まった言葉でなければ、It writes good はよく聞きます。

投稿日時 - 2018-11-13 08:59:39

お礼

そうなのですね。私の勉強不足でした。

投稿日時 - 2018-11-13 12:33:10

あなたにオススメの質問