こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

英文を和訳して下さい。

The Armistice was the result of a hurried and desperate process. The German delegation headed by Matthias Erzberger crossed the front line in five cars and was escorted for ten hours across the devastated war zone of Northern France, arriving on the morning of 8 November. They were then taken to the secret destination aboard Ferdinand Foch's private train parked in a railway siding in the forest of Compiègne.
Foch appeared only twice in the three days of negotiations: on the first day, to ask the German delegation what they wanted, and on the last day, to see to the signatures. The Germans were handed the list of Allied demands and given 72 hours to agree. The German delegation discussed the Allied terms not with Foch, but with other French and Allied officers. The Armistice amounted to complete German demilitarization (see list below), with few promises made by the Allies in return. The naval blockade of Germany was not completely lifted until complete peace terms could be agreed upon.
There was no question of negotiation. The Germans were able to correct a few impossible demands (for example, the decommissioning of more submarines than their fleet possessed), extended the schedule for the withdrawal and registered their formal protest at the harshness of Allied terms. But they were in no position to refuse to sign. On Sunday 10 November, they were shown newspapers from Paris to inform them that the Kaiser had abdicated. That same day, Ebert instructed Erzberger to sign. The cabinet had earlier received a message from Hindenburg, requesting that the armistice be signed even if the Allied conditions could not be improved on.
The Armistice was agreed upon at 5:00 a.m. on 11 November, to come into effect at 11:00 a.m. Paris time (noon German time), for which reason the occasion is sometimes referred to as "the eleventh hour of the eleventh day of the eleventh month". Signatures were made between 5:12 a.m. and 5:20 a.m., Paris time.
Allied Rhineland occupation
Main article: Occupation of the Rhineland
The occupation of the Rhineland took place following the Armistice. The occupying armies consisted of American, Belgian, British, and French forces.

Prolongation
The Armistice was prolonged three times before peace was finally ratified. During this period it was also developed.
•First Armistice (11 November 1918 – 13 December 1918)
•First prolongation of the armistice (13 December 1918 – 16 January 1919)
•Second prolongation of the armistice (16 January 1919 – 16 February 1919)
Trèves Agreement, 17 January 1919
•Third prolongation of the armistice (16 February 1919 – 10 January 1920)
Brussels Agreement, 14 March 1919
Peace was ratified at 4:15 pm on 10 January 1920.

投稿日時 - 2018-10-16 00:17:26

QNo.9548044

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>The Armistice was the result of a hurried and desperate process. The German delegation headed by Matthias Erzberger crossed the front line in five cars and was escorted for ten hours across the devastated war zone of Northern France, arriving on the morning of 8 November. They were then taken to the secret destination aboard Ferdinand Foch's private train parked in a railway siding in the forest of Compiègne.
⇒休戦条約は、急ぎと捨てばちの経過を経た結果であった。マチアス・エルツベルガーが率いるドイツ軍の代表団は、5台の車で最前線の戦線を横断し、護衛つきで10時間かけて北フランスの荒廃した戦闘地帯を越え、11月8日の朝にやって来た。彼らは、コンピエニュ森の鉄道待避線上に駐車(待機)していたフェルディナン・フォッシュの専用電車に乗って、秘密の目的地に連れて行かれた。

>Foch appeared only twice in the three days of negotiations: on the first day, to ask the German delegation what they wanted, and on the last day, to see to the signatures. The Germans were handed the list of Allied demands and given 72 hours to agree. The German delegation discussed the Allied terms not with Foch, but with other French and Allied officers. The Armistice amounted to complete German demilitarization (see list below), with few promises made by the Allies in return. The naval blockade of Germany was not completely lifted until complete peace terms could be agreed upon.
⇒フォッシュは、3日間の交渉で2回しか出席しなかった。最初の日は、ドイツ代表団に欲しいものを尋ね、最後の日は署名を確認するためであった。ドイツ人は連合国側の要求リストを渡され、同意するのに72時間が与えられた。ドイツ代表団は、連合国側の条件について、フォッシュとではなく、他のフランスおよび連合国の将校と議論した。休戦協定を結ぶことは、ドイツ軍の非武装化(下記一覧を参照されたい)を完了させるということに等しかった。ドイツ軍の海上封鎖は、平和条項が合意されるまで、完全に解除されることはなかった。

>There was no question of negotiation. The Germans were able to correct a few impossible demands (for example, the decommissioning of more submarines than their fleet possessed), extended the schedule for the withdrawal and registered their formal protest at the harshness of Allied terms. But they were in no position to refuse to sign. On Sunday 10 November, they were shown newspapers from Paris to inform them that the Kaiser had abdicated. That same day, Ebert instructed Erzberger to sign. The cabinet had earlier received a message from Hindenburg, requesting that the armistice be signed even if the Allied conditions could not be improved on.
⇒交渉上の問題はなかった。ドイツ軍は不可能な要求(例えば、彼らが所有する艦隊より多くの潜水艦を廃止することなど)をいくつか訂正し、撤退のスケジュールを延長し、連合国軍の厳しい条件に正式な抗議を行った。しかし彼らは署名を拒否する立場にはなかった。11月10日の日曜日、彼らはカイザーが退位したことを知らせるためにパリから贈られてきた新聞を見せられた。同じ日、エバートはエルツベルガーに署名するように指示した。内閣は、すでに前もってヒンデンブルクからのメッセージを受けていたので、連合国の条件を改善することができない場合でも休戦条約に署名するよう要請した。

>The Armistice was agreed upon at 5:00 a.m. on 11 November, to come into effect at 11:00 a.m. Paris time (noon German time), for which reason the occasion is sometimes referred to as "the eleventh hour of the eleventh day of the eleventh month". Signatures were made between 5:12 a.m. and 5:20 a.m., Paris time.
 Allied Rhineland occupation Main article: Occupation of the Rhineland
 The occupation of the Rhineland took place following the Armistice. The occupying armies consisted of American, Belgian, British, and French forces.
⇒停戦協定は11月11日午前5時に合意され、パリ時間の午前11時(ドイツ時間の正午)に発効することになった。その日程は、時に「11番月、11番日、11番時」と言われる。調印はパリ時間の午前5時12分から午前5時20分までの間に行われた。
 連合国軍のラインランド占領 主要記事:ラインランド占領
 ラインランドの占領が停戦協定に続いて行われた。占領軍は米国、ベルギー、英国、フランスの軍団で構成された。

>Prolongation
 The Armistice was prolonged three times before peace was finally ratified. During this period it was also developed.
•First Armistice (11 November 1918 – 13 December 1918)
•First prolongation of the armistice (13 December 1918 – 16 January 1919)
•Second prolongation of the armistice (16 January 1919 – 16 February 1919)
Trèves Agreement, 17 January 1919
•Third prolongation of the armistice (16 February 1919 – 10 January 1920)
Brussels Agreement, 14 March 1919
Peace was ratified at 4:15 pm on 10 January 1920.
⇒延長
 最終的に停戦協定が批准されるまでに3回の延期があった。ただし、この期間中にも議論展開は進んだ。
•第1の停戦協定(1918年11月11日~1918年12月13日)
•第1の休戦協定延長(1918年12月13日~1919年1月16日)
•第2の休戦協定延長(1919年1月16日~1919年2月16日)
「トレヴ合意」、1919年1月17日
•第3の休戦協定延長(1919年2月16日~1920年1月10日)
「ブリュッセル合意」、1919年3月14日
「和平(条約)」は、1920年1月10日の午後4時15分に批准された。

投稿日時 - 2018-10-23 11:05:04

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-10-23 23:41:05

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

休戦は、急いで急いでいるプロセスの結果であった。Matthias Erzbergerが率いるドイツの代表団は、5台の車で最前線を横断し、11月8日の朝に到着した北フランスの荒廃した戦争ゾーンを越えて10時間護衛された。彼らは、Compiègneの森の鉄道サイディングに駐車したFerdinand Fochの専用電車に乗って、秘密の目的地に連れて行きました。
Fochは3日間の交渉で2回しか出演しなかった。最初の日には、ドイツ代表団に欲しいものを尋ね、最後の日には署名を見るようにした。ドイツ人は同盟国の要求のリストを渡され、同意するのに72時間与えられた。ドイツの代表団はFochとではなく、他のフランスと連合軍の将校との連合軍条件について議論しました。ドイツ軍の非武装化(以下のリストを参照)を完了させるには、休戦協定が成立した。完全な平和条項が合意されるまで、ドイツの海軍封鎖は完全に解除されなかった。
交渉の問題はなかった。ドイツ軍はいくつかの不可能な要求(例えば、艦隊より多くの潜水艦を廃止したことなど)を訂正し、撤退のスケジュールを延長し、連合軍の厳しい条件で正式な抗議を行った。しかし彼らは署名を拒否する立場にはなかった。11月10日の日曜日、彼らはカイザーが退位したことを知らせるためにパリからの新聞を見せてくれました。同じ日、エバートはエルツベルガーに署名するように指示した。内閣は、以前はヒンデンブルクからのメッセージを受けて、同盟国の条件を改善することができない場合でも、停戦艦が署名されるよう要請していた。
停戦協定は11月11日午前5時に合意され、パリ時間(正午ドイツ時間)の午前11時に発効することになった。その理由は時には「11日目の11日目11番目の月 "。署名はパリ時間で午前5時12分から午前5時20分までに行われました。
連合軍のラインランド占領
主要な記事:ラインランド
の職業ラインランドの占領は、停戦後に行われた。占領軍はアメリカ、ベルギー、イギリス、フランス軍で構成されていた。

延長は
、平和が最終的に批准される前に3回延期された。この期間中にも開発されました。
•第1停戦(1918年11月11日~1918年12月13日)
•まず休戦の延長(1918年12月13日- 1919年1月16日)
-休戦協定の第二延長•(1919年2月16日1919年1月16日)
Trèves協定、1919年1月17日
休戦協定の第三延長•(1919年2月16日- 1920年1月10日)
ブリュッセル協定、1919年3月14日
平和は1920年1月10日の午後4時15分に批准された。

投稿日時 - 2018-10-16 08:01:16