こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

放し飼いの猫についてです

長文になると思います、今一匹の猫を飼っています、元々祖母が飼っていて祖母の家の床下などを寝床にしていました、田舎なので放し飼いにしてました、しかし4年前に祖母が亡くなり今は自分が世話をしています、しかし兄夫婦が祖母の家を壊し新築の家を建てました、祖母の家がなくなり猫は少し離れた物置小屋にいます、実際どこで寝ているかは分かりません、今も夕方に物置小屋まで餌を持って行ってます、しかしその物置小屋がある所は山のすぐ近くで街灯もなく凄く怖いです…そこで家族に放し飼いは辞めて完全室内飼いにしたいと相談しても絶対反対!死ぬまで外にいればいい餌だけやればいいと全く聞く耳持ちません…自分は仕事しながら疲れて帰ってきて真っ暗の中山まで餌をやりに行ってます、正直もう限界です…蚊などに刺され蛇も毛虫もいて本当に怖いです、家族は全く協力してくれません、自分はアトピー皮膚炎持ちで最近酷くなり、帰ったらまた餌をやりに行かないといけないと思って精神がおかしくなり最近仕事を辞めたいと思うようになりました、猫のことが気になって夜も眠れない…食欲もなくなりました、どうして家族は室内飼いを断固拒否なのか?猫が可哀想じゃないのか?と猫も高齢でいつ体調崩すか分かりません、今は元気ですが…家族は死んだら死んだでしょうがない、兄に至っては捨ててまえ!!とどうしてばあちゃんが可愛がってた猫をそんな風に言えるのか、本当に悲しいです…僕自身猫は好きですし本当に可愛いです、これから寒くなるし猫のこれからを思うと気がおかしくなりそうです、もうどうしたらいいか分からなくて投稿しました、皆さんの意見を頂けたら幸いです、宜しくお願いします

投稿日時 - 2018-10-10 21:48:28

QNo.9546327

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

私も昔同じような経験があります。猫は家族と同じですから、ないがしろにされていると辛いですよね。
ずっと外飼いにしてた猫なら、完全室内飼いにすると外に行きたがるかもしれませんね。でも高齢なら室内飼いにして、たまに外に出す、という飼い方でもいいと思います。
でもお兄さん達は猫が好きじゃないのでしょうね。
庭とか、ご飯をあげやすい家のすぐ近くに、小さな小屋のような猫ちゃんの居場所を作ってあげられませんか?中に毛布を入れたりして。

おばあさんの可愛がっていた家族なんだよ、と貴方の他にもお兄さん夫婦に言ってくれる人がいませんか?。いれば良いのですが。

投稿日時 - 2018-10-25 11:41:54

ANo.6

意外と、猫は暑さ・寒さに強いです。
ノルウェーの氷点下数十度でも平気です。
家では、36度の室内で、窓からの太陽光に当たって、寝ていました。
室内だけで飼っていると、弱くなっていくと思います。
外猫を室内飼いにすると、ストレスが掛かりすぎます。
物置小屋に、ダンボールハウスと毛布を設置。
朝一回で結構ですから、
カリカリを多めに、「どんぶり」に入れて置きましょう。

投稿日時 - 2018-10-12 18:29:47

ANo.5

あなたのご家族にとってその猫ちゃんは邪魔者でしかないという事でしょう。室内飼いとかは関係なく、ペットとしても見ていない言動に思えます。

ですから、世話はあなた一人でやるか、放置するしかないのが現実です。ご家族は薄情のようにも見えますが、中途半端に関わることよりは完全拒否する方が、良いのですよ。

このまま世話を続けるか、諦めるか、新しい飼い主さんを見つけるか、どれもあなたには負担になりますが、その選択しかないようです。よくよく考えてみてください。

投稿日時 - 2018-10-11 06:46:42

ANo.4

段ボールの箱に雨が降っても大丈夫なような加工をして タオルなどを入れて
いまいる物置小屋の近くに置いて 餌もそこに置きます。
それを毎日少しずつ 自宅に近づけていきます。

投稿日時 - 2018-10-11 01:52:59

ANo.3

【補足】ことの本質は、家族が問題じゃーない。

1、今更、室内飼いは猫の望みにあらず!
2、泣き言を言わずに世話をするべし!

 生まれてから、ずずーっと孤高のハンターとして生きてきた猫。彼にとっては、もはや、その自由な生活こそが幸せ。虫が出るとか、暗いとか・・・。田舎の子なら、そんな泣き言は言わないこと。ただ一途に食の世話をすることです。なお、寝床の心配は不要。「これから寒くなるのに・・・」なんて同情も無用。半野良猫の彼らは、厳寒の冬の過ごし方を熟知しています。寝床を用意しても、絶対に、そこで寝るなんてことはしませんよ。試しに、家に入れてみたらよい。彼は、必死こいて脱出を試みる筈です。そういうことで、求められているのは「虫がいるから・・・」、「暗いから・・・」と尻込みしている質問者が雄々しい世話役に変身すること。家族が問題じゃーありませんよ。

 これだけは、チョイ補足しておきます。

投稿日時 - 2018-10-10 23:21:30

ANo.2

Q、皆さんの意見を頂けたら幸いです。
A、見解の相違は克服不能。それが、現実です。

 私自身は、我が家の猫を一日たりとも外に出す気はありません。なぜなら、家の外は事故と病魔が待ち受ける死の世界だからです。

>猫の本性を尊重するのであれば出入り自由にすべきである。
>飼い主は、猫に食と寝床とを提供するだけでよい。
>猫は、食ったら外出して思うがままに本能的欲求を発散。
>そして、疲れたら戻って暖かい寝床で寝る。
>これが、猫の幸せである。

 このように断言する動物学者もいる。が、「家の外=死の世界」という現実は、それが夢物語であることを告げている。それに、外出を許されない我が家の猫達がマッタリと過ごしているのを見ていると、「外出不能=不幸な生活」という等式は必ずしも当を得ていないように思う。

 と、私自身は室内飼い派であることを断った上で、以下、「見解の相違は克服不能。それが、現実です」と回答した理由を述べます。

 まず、田舎での猫と人との関係ですが、これは、正に動物学者の言う「猫の幸せ」を絵に描いたようなものです。そもそもが、室内飼いに徹しようと思っても、住居の構えと生活スタイルからして無理です。

 実際に、我が生家は、母屋+釜屋+牛小屋+納屋という住居構成。で、食事は釜屋、寝るのは母屋。で、通常は、釜屋が猫の食事と寝場所。そして、土間がある釜屋は、軒下などから猫は出入り自由の作り。そんな猫ですから、飼い猫と言っても、餌を貰えるのは我が家だけではありません。100m程離れた隣家でありつくことも。少なくとも4、5軒の家に出入りしているのが当たり前。

 まあ、そんな田舎で「猫は、室内飼いするもんだ!」と叫んでも、「アホか!」で終わり。田舎には田舎の慣習があり、都会には都会のルールありですよ。これが、現実です。この現実を前に、「猫のこれからを思うと気がおかしくなりそうです!」ってのは子供の泣き言。経済的に自立していないのであれば、「猫は、室内飼いするもんだ!」と幾ら叫んでも通用しないことぐらいは分るでしょう。何事も、己の力量次第に応じて妥協せざるをえないのが世の現実。溢れる思いに歯を食いしばって妥協を受け入れるのが、本当の男。それが出来なきゃ―、幼稚園児と一緒ですよ。

 そういうことで、思いは思い、現実は現実で受け入れるべきです。そして、その思いは、いつの日か己の力で実現することです。

 と、思います。

投稿日時 - 2018-10-10 22:56:43

ANo.1

ネコかわいいですよね。
お察しいたします。

室内飼い拒否のご家族の気持ちは分からないです。
残念ですが、その方面ではお役に立てません。すみません。

疲れていて暗い中の、ネコのごはんやりが、おつらいようなので、
その点を軽減できるかもしれない方法をご案内します。
自動給餌器の利用です。
以下は乾電池でも動作します。
http://amzn.asia/d/gIodQH5
あとは、以下のような電源と、ペット用ヒーターを組み合わせて
暖房をととのえるのも良いと思います。
http://amzn.asia/d/1ExECFJ
寝床が特定されてないなら、寝床を作ってあげたりします。
ヒーターは自動オンオフタイマーと組み合わせると良いかもしれません。
手間がなくなるわけではないですが、夜行く必要性を減らしたり、
回数を減らしたり、安心感は得られると考えます。

雑草を減らすと、虫は激減します。
以下のようなものも検討すると良いと思います。
http://amzn.asia/d/1iabTjx

あまり参考にならなかったらごめんなさい。
気持ちが落ち着く方法がみつかると良いですね。

投稿日時 - 2018-10-10 22:13:56

あなたにオススメの質問