こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

単焦点レンズ の曇り

お世話になります。
デジタルカメラ用のレンズが曇っているのは…ネットで調べたら筒内の油や接着剤が蒸着していると書いてありました。
曇っているのは中玉の、そのまた中のほうが曇っていることが、確立としては一番多いんですか?
だとしたら部品交換しかないのかな。
バルサムと言う接着剤でレンズどうしをくっつけてあってその中が曇っていたら、分解できても組み直せないし。
善玉や後玉なら清掃できそうですが、無理でしょうか?…自己責任てことで。
一番教えていただきたいことは確率的に前玉、中玉、後玉…どこが一番曇りやすいですか?です。
レンズの型式はキャノンEF28mmf1.8やその他いろいろです。
ご指導願います。
(メーカーに訊いてくださいとかの回答はいりません)
<(_ _)>

投稿日時 - 2018-09-30 14:31:15

QNo.9542852

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

他の方も指摘しているように、レンズの中が真空パックされているわけではないので(されていたらされていたで内外の気圧差で割れるリスクがあるわけですが)、レンズ間の空気に含まれる水分が急激な温度差によって曇ることがあります。そして困ったことに、それで真ん中へんのレンズが曇ってしまうと今度は時間が経ってもとれてくれないことがあります。カメラマニアが絶叫をあげる瞬間であります。
なので、特に冬場は寒い外から暖房がきいた室内に入ってきて、レンズは外気温で冷え冷えになっていますからそこで曇ってしまうという怖ろしい事故が発生する可能があり、だからプロカメラマンなどは急激に温度差が出ないように、寒い室外から室内に入るときはタオルなどにレンズをくるんでバッグに入れてから室内に入ったりするのです。

さて(いつものことですが)前置きが長くなってしまいました。
フィルムというのは大らかな時代でございまして、多少レンズのピントの軸が甘くても、フィルムのほうでフォローしてくれてきちんと写ってくれたりしました。35ミリフィルムというのは意外にそんなに細かいところまで描写しないのです。
ここまで来ちゃったからまた横道話をしますが、昔修学旅行や卒業式の集合写真を撮るときにやってきた写真屋さんのカメラって一般的なカメラより大きかったのをご存知ですか。中判カメラ、あるいは大判カメラと呼ばれるものでした。大判カメラは持ち運ぶのが大変だから、大抵は中判カメラでした。ロクナナと呼ばれる6センチ×7センチの大きさだと、35ミリフィルムに比べて4.7倍の大きさがあります。卒業アルバムくらいの大きさに引き伸ばすなら、そのくらいの大きさが必要なのです。

さてそれに比べてデジタルカメラははるかに細かいです。今や3000万画素、4000万画素なんてのも珍しくありません。おまけにそれでいてそのフォーマットの大きさは35ミリフィルムより小さかったりします。
つまり、光軸の合わせが死ぬほどシビアなのです。レーザーを使った機械できちんと検査をしないといけないんですね。だから時々自称技術屋のおじさんが自分で分解して光軸がズレてピンボケ写真しか撮れなくなってメーカーに「直して」って泣きつくことがあるのですが、もうそこまでいじられると直したところでちゃんと直らないのでメーカーも「説明書に分解しないでくださいって書いてますよね。あと、分解したら修理しないで突っ返すこともあるよと書いてますよね。それを無視したアンタが悪いから、修理はしません」と修理を断っちゃうのです。ヘタに直してあげても「やっぱりなんかおかしいから調整してくれ」とかうるさいですから。カメラメーカーに昔いた人がいうのだから信じて頂いて結構です。
しかし私の友人にも技術屋は何人かいますが、彼らの「分解したい願望」は私の「女性のヌードを見たい願望」に匹敵するものがあるみたいですね・笑。私が綺麗な女性を見ると「どんな裸か見たい」と思うように、技術屋さんは「どんな中身かバラしたい」って思うようで。

投稿日時 - 2018-10-01 15:17:48

お礼

ありがとうございます。
レンズ間の空気が気温差で曇って取れないことがあるということがわかりました。
それとデジカメはフィルムカメラに比べて光軸のあわせがレーザーを使った機械でないとできないので、素人でもプロでも誰でも手先だけでちょこちょこっとなんてことは無理だとわかりました。
そんな無理をわかったうえで欲望を抑えて…あっという間の人生を過ごしてしまって後悔しないように、これからもおっけえうえいぶでいろんなことを教えてもらいながら犯罪にならない欲望を満たして生きて行きたいと思いました。
<(_ _)>

投稿日時 - 2018-10-02 01:34:22

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.5

レンズの保管状態や使用中や使用後の条件が色々と出てきますので、確率的・・・の回答は出来ません。確実に発生しないとは?言えませんが、レンズを使ったら前、後玉を清掃して乾燥剤を入れたBOXやカメラ、レンズ専用のBOXに保管する位しかないと思います。バルサムを使って貼り合わせしたのは、大昔でガラス同士の接着で使用していたが、今は複合材料(樹脂等)を貼り合わせたりしているので、違う物を使っていると思われます。

投稿日時 - 2018-10-01 09:08:04

お礼

ありがとうございます。
確率的にどこが曇りやすいかは使用条件や保管状態で変わるので何とも言えないことがわかりました。
そしてバルサムを使って張り合わせたのは大昔だということがわかりました。
今の接着剤は樹脂等を使っていることがわかりまして、たぶんそれなら曇りの原因はそれ以外なのかなと思いました。
カメラレンズは清掃後、乾燥剤を入れたBOXで保管しないといけないことがわかりました。(カビらないように)

投稿日時 - 2018-10-01 10:05:51

ANo.4

分解して組み立てた後、レンズのピントが合わなくなる、
何かあってもメーカーは修理してくれなくなる、という
覚悟のうえで分解清掃したいなら、こちらを。
http://centimeter2.hatenablog.com/entry/2017/03/09/201825

ちなみに「カニ目レンチ」は1000~2000円程度で入手
可能です。

投稿日時 - 2018-10-01 00:53:24

お礼

ありがとうございます。
分解しすぎると組み立てられてもピントが合わなくなるんだということがわかりました。
なぜそうなるのかわからないけど、覚悟して運任せでカニ目レンチを入手してにせんちさんのブログのように前玉分解をとりあえずやってみたらモヤモヤが晴れるのだと思いました、精神的に。
そして曇りがそこだけじゃなかったら覚悟してどんどん分解してドツボにはまってさあ大変となるかもしれないけど、覚悟しているのだからいろんな覚悟を想定して、心の曇りを取り払いたいなと思いました。

投稿日時 - 2018-10-01 09:58:45

ANo.3

EFレンズカタログで、ある程度レンズ群は知ることができますね。
単焦点ですから、フォーカスリング(可動部)からの汚れや湿気の進入?も考えられます。
そこはちょうど前玉と中玉の間で、大きな空間があるようです。
分解はダメ元ならいいですが、修理か買い替えのほうが精神的にいいかと思います。
https://cweb.canon.jp/ef/lineup/wide/ef28-f18/spec.html

投稿日時 - 2018-09-30 16:33:44

お礼

ありがとうございます。
可動部から空気の汚れが侵入して、目に見えないゴミが侵入して曇るのかなあと思いました。
そしてこのレンズの場合前玉と中玉の大きな空間があるのでそこが曇りやすいのかなと思いました。
それと精神的に買い替えた方がスッキリするとわかりました。

投稿日時 - 2018-10-01 09:49:13

ANo.2

汚れやすいのは、当たり前で、前玉前面、と後玉後面

質問される前にこの辺は、レンズ交換式なら、前玉前面や後玉後面は、普通にいつも掃除している場所のはずですが。。。

それ以外が曇るっていうのは、保管環境がかなり悪いような状態でしょう。
そんなにごれる状態なら、カビの発生もあり、カビだと、磨いて取れるレベルもありますが、交換するのが基本になってきます。

バラせるものだったとしても、組み立て精度が必要ですから、ここに質問をされるレベルの方であれば無理となります。

投稿日時 - 2018-09-30 14:52:41

お礼

ありがとうございます。
保管状態が悪いとカビも発生することがわかりました。
そして組み立て精度の関係で素人には無理だということがわかりました。

投稿日時 - 2018-10-01 09:42:18

ANo.1

一番可能性が高いのは、常に外気に曝されている前玉全面と後玉後面。
但し、豆にメンテナンスしていれば、防ぎやすい。
中はどこでも可能性は同じ。

投稿日時 - 2018-09-30 14:37:25

お礼

ありがとうございます。
外気が関係することがわかりまして、中は可能性としてどこでも同じだということがわかりました。
<(_ _)>

投稿日時 - 2018-10-01 09:38:46

あなたにオススメの質問