こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

芥川賞および直木賞のあらすじ

最近読みたい本があまりなくて、
暇で困っています。

芥川賞なら面白いかも…という単純な動機で調べてみたのですが、
作者の略歴やあらすじの載っている一覧がどこにもないのです。

最近の作品を手当たりしだい読むのが新しい表現に触れていいとも思うが、逆に時の洗礼を受けていない駄作も手にとってしまうかもしれないし…

昔の作品だと古臭いかもしれないし。

自分の興味あるものだけピンポイントで読みたいです。


もしあらすじつきの受賞作一覧をご存知の方は、
是非教えていただきたいのですが。。。


そもそも読む本がないときに芥川賞、直木賞って、
ばらつきありすぎな気がして、
正しい考えなのか疑っているのですが、
それも一興。

お待ちしています。

投稿日時 - 2018-08-31 01:00:32

QNo.9532514

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

芥川賞の一覧はこちら
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%A5%E5%B7%9D%E9%BE%8D%E4%B9%8B%E4%BB%8B%E8%B3%9E

直木賞はこちら
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B4%E6%9C%A8%E4%B8%89%E5%8D%81%E4%BA%94%E8%B3%9E

それぞれに個別のページを持つ作品もありますし、Wikipediaに個別のページがない作品でも、作品名をコピペして検索すれば誰かがブログでレビューをしているか、Amazonのレビューで誰かが書いているでしょう。

投稿日時 - 2018-08-31 11:24:23

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

駄作じゃないから賞を受けてるんだと思いませんか。
話題になったような思いでのあるものをよみちらしたらいいじゃないですか。

それと、あらすじ、なんて、それこそ昔の物語じゃないんですから芥川章の小説に求めるのはおかしい属性だと思いますよ。又吉作品なんかはめずらしくきっちりとあらすじありますけど逆に例外です。

古い芥川賞だって、安部公房「壁」のあらすじを言えと言われても私は困ります。

読書は読み散らすのが最善です。いいものだけ持ってこいと言ったって、緩急をつけてコース料理を出そうとしている料理人に一番おいしいものだけくれ、といったら怒りますよ。

仮に読んでみていまいちかなと思ったらそれは人にしゃべれる話題にできます。だったらそれはネタをもらったことになりますから、損じゃないんです。
たいがい、おや、これはと思うものにすぐに出会えます。

食べもしないでどれがうまいかなとぐるぐるデパ地下を回っても何にもなりません。

投稿日時 - 2018-08-31 14:22:20

ANo.1

芥川賞というは「新人賞」ですよ。
だからそれから大成していく人もいれば、その一作で消えていく人もいます。
別に新人賞なんか読まなくともいいですよ。
直木賞は、これからの人はプロの作家としてやっていけるだろう、という保証をあたえる、もちろん消えていく人もいますが、一人の小説家として認められるという賞です。
実績を積んだ人のある程度の功績を顕彰する賞は、たとえば谷崎潤一郎賞とか、世評の定まった人がもらう賞があります。
文学以外にも対象の広い菊池寛賞も、実績を積んだ人に与えられる賞です。
しょせんは新人賞に過ぎない芥川賞に、ばらつきがあるのは当たり前です。

受賞作で読む本を探そうというのは感心できません。

投稿日時 - 2018-08-31 04:04:08

あなたにオススメの質問