こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

経済産業省等の審議官の「退任」と「退職」の違いは

経済産業省が、加計学園問題で国会答弁などしていた経済産業審議官の「退任」を発表したという記事がありました。
https://www.asahi.com/articles/ASL7S3CDML7SUTFK003.html
「退任」すると書いてるだけで、「退職」するとは書かれてませんね。
行政において、「退任」と「退職」はどう違うのでしょうか?

投稿日時 - 2018-07-24 15:38:19

QNo.9521444

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>行政において、「退任」と「退職」はどう違うのでしょうか?

審議官や副長官や長官などの「任務」は、内閣人事局から「任命」され、その任務に就きます。その「就いた任務」から離れる事を「退任」と言います。

国家公務員(官僚)が、受けていた任務(審議官や副長官や長官などの任務)から退任しても「国家公務員」と言う職業を辞めた訳ではないので「退職」にはなりません。

一方、各省庁の職員は「国家公務員」と言う「職業」に就いていて、国家公務員試験に合格した人が各省庁に就職します。

この「国家公務員」と言う「職業」を辞めて「無職」になる事を「退職」と言います。

官僚クラスの上位の国家公務員(審議官級以上の幹部職など)は、よっぽどの悪事(例えば、殺人とか)を働かないと「懲戒免職(強制解雇処分、強制退職処分)」にはなりません。

投稿日時 - 2018-07-24 17:38:55

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

 
>いかにも「退職するか」のような書き方、ズルイですよね。
何もずるくはない、事実ですから。
「退任」以外に表現する言葉がない。
例えば「内閣総辞職」なんてありますが、誰も議員の資格を失いませんよ。
 

投稿日時 - 2018-07-24 17:39:31

ANo.2

経済産業審議官とは、
経済産業事務次官に次ぐ経済産業省における官僚のナンバー2のポストであり、いわゆる次官級審議官職の一つ。
この職を「退任」と言うことですが、
「退任」「辞任」「解任」は、
退任は、辞任、解任などの自発的或いは、任命者からを含み、その任命
された職(役職)から退く或いは退いた状態のことで、
辞任は、自ら退くことで、解任は、その職を任命者から解かれること。
だと思います。

「退職」は、官僚を辞める、総ての職を退くと言うことでしょう。
(会社で言えば、会社を辞めるということ)

ナンバー2の審議官でなくなったら、何のポストに就くのでしょうか?
命令する側から、命令される側になるかもしれません。
まあ、いつものように、どこか天下りをするかもしれないですね・・・?

投稿日時 - 2018-07-24 16:28:13

お礼

ありがとうございました。
退任して、栄転する可能性もありますよね。

投稿日時 - 2018-07-24 17:18:22

ANo.1

 
退任とは任務から外れること
退任とは職から外れること。

退任・・・「審議官」の任務から外れる、しかし官僚を辞めるのではない。
退職・・・通産省を辞めること、一般的な退職と同じ。
 

投稿日時 - 2018-07-24 16:26:50

お礼

ありがとうございました。
いかにも「退職するか」のような書き方、ズルイですよね。
退任した後に栄転することもあるというこどてすよね。

投稿日時 - 2018-07-24 16:56:18

あなたにオススメの質問