こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

セクシュアル・ハラスメントは 蚊が刺しただけ

 1. 《蚊が刺しただけである》からには 《傷はない》。

 2. 人間のこころが 他人の言動によって傷つくなどということはあり得ない。

 3. あったとしたら 自分の心にやましいところが――部分的にせよ相手の言動にからまるかのように――生じて その所為で 心に損傷を受けた。つまり みづからが みづからの心に傷をつくったのである。やがて――自然本性にそなわったちからによって―― 癒えるはずだ。

 4. ハラスメント行為者は 生け捕りにするのが 本筋だ。人間性の回復を祈ってやるのが 基本だ。

 5. こちらには まったく何の関係もないという問題であるはずだ。蚊の刺した跡は 消え 原状復帰が成る。

 6. 以上は 次のような発言に接して考え 反応したものです。

 ▲ “セクハラ罪という罪はない”発言にJDたちから「女性の立場になって考えていない」――「神保町☆女子大生Cafe」第89回
 5/15(火) 週プレNEWS
 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180515

 △ (Hちゃん・亜細亜大学2年・20歳) セクハラする側に悪意はなかったとしても、被害者側の傷は一生消えないと思います。

 △ (Sちゃん・大妻女子大学3年・21歳) 被害者は一生、心に傷を負って生きていくことを忘れないでほしい。

 △ (Tちゃん・早稲田大学4年・22歳) 被害にあった女性の精神的な傷は大きいと思います。

 △ (Yちゃん・学習院大学4年・22歳) 被害にあった方の心の傷は一生消えないためセクハラというものを罪だとするべきだと思います。

 (引用したものは 全体の中から この種の内容にしぼって 片寄って掲げたものです。別の意見も紹介されています)。

 7. みなさんの見解をどうぞ。





 参考資料です。:
 ▼ (ヰキぺ:ザビーヌ・ダルデンヌ) ~~~~~~~~~
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B6%E3%83%93
 ▽ ベルギーで起きた有名な少女連続誘拐殺人事件(マルク・デュトルー事件)の被害者。6人の少女が誘拐され、そのうち4人が殺された事件で、1996年に無事生きて保護された2人のうちの1人。
 ▽ 《私が生きているところを彼(誘拐暴行犯人)に見せてやりたい》
 ☆ と このかのじょは語っています。なぜなら《蚊に刺されただけ》だから なのだと質問者には思われます。

 ▼ サビーヌさんのメッセージ ~~~~~~~~~~~~
 https://allabout.co.jp/gm/gc/55772/2/

 「一度きりの不幸に憐れみをかけられ、そこにどっぷりはまりながら、いつまでも『犠牲者顔』で生きていたらきっと新しい出会いも、未来もなかったと思う」

 「だれにでも大なり小なり不幸なできごとはある。でもいつまでも『犠牲者』として生きてしまったら 大切な人生を無駄にしてしまう」

 「忘れることはできないが、自分の中で区切りをつけることはできる。この本を書くことによって、過去に起こった事実として、事件の形跡を残すことはできたが、これから始まり続いていく未来に、この不幸な出来事は、私にはもう関係はない。
 これからの人生を前に向かって歩んで生きたい」

 「私はこの本で真実をすべて語ったのだからこれからの私には、自由を得る権利がある」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

投稿日時 - 2018-05-30 12:00:32

QNo.9503436

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

間違いました。
私にも被害者感情は理解出来ませんが、察する事は出来ます。
貴方には、「察する事」も出来ないのでしょうね、と訂正します。

投稿日時 - 2018-05-30 18:40:10

お礼

 ご回答をありがとうございます。

 被害者の心について 理解するか察するか いづれかの受け留めとして わたしの考えは はっきりしています。

 自分の心にやましき気持ちが起きたのであれば その結果なんらかの良心の呵責をおぼえるでしょうから そのぶん心が傷つく。ただし やがて癒えてゆく。

 この見方が ひとつであり もうひとつは さもなければ――という意味は 自身のこころにやましさのないならば―― 心が傷つくことは まったくない。これです。

 つまり 受け留めとして これらふたつにひとつだというお答えになります。




 ですから あなたの見解は どうなりますか? とお尋ねしています。

投稿日時 - 2018-05-30 22:23:35

どうですか?と言うなら、貴方には被害者感情が理解出来ないのでしょうねとしか思いません。

投稿日時 - 2018-05-30 18:37:51

補足

 趣旨説明欄でのリンク先のURLが さらに二件 途中で切れていました。かさねてお詫びして お伝えします。
 二つ目は あたらしいものです。

 ▼ ヰキぺ:ザビーヌ・ダルデンヌ  
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B6%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%8C%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%AB%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%8C

 ▼ ヰキぺ:マルク・デュトルー事件
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%A5%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%BC%E4%BA%8B%E4%BB%B6


 ▼ サビーヌさんのメッセージ
 https://allabout.co.jp/gm/gc/55772/2/

投稿日時 - 2018-05-31 21:01:30

お礼

 ご回答をありがとうございます。

 ★ 貴方には被害者感情が理解出来ないのでしょうね

 ☆☆(No.1お礼欄)  (6)は 《セクハラによって 被害者の心が傷つく》と言った意見なわけですが 質問者は そのようなことはない。もしあるとしたらそれは 被害者じしんの心においてすでに 何らかのやましい心が起きていてそれによって傷ついたのだという見解です。

 ☆ つまり 《被害者感情》は 《被害者じしんの心においてすでに 何らかのやましい心が起きていてそれによって傷ついた》その結果であると見ています。

 これでは 《理解が出来ていない》とのこと。では もし理解できた場合には どうなりましょうか?


 ちなみに:
 ☆☆(趣旨説明欄) 2. 人間のこころが 他人の言動によって傷つくなどということはあり得ない。
 ☆ と考えていますので そこらへんでは 見解の相違になってしまうかも分かりませんが。

投稿日時 - 2018-05-30 22:17:46

質問は何でしょうか?

投稿日時 - 2018-05-30 18:15:26

補足

 趣旨説明欄でのリンク先のURLが 途中で切れてしまっていました。おわびします。すみませんでした。

 次が それです。

 ▲ “セクハラ罪という罪はない”発言にJDたちから「女性の立場になって考えていない」――「神保町☆女子大生Cafe」第89回
 5/15(火) 週プレNEWS
 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180515-00104657-playboyz-soci

投稿日時 - 2018-05-31 20:52:58

お礼

 (6)の意見集を受け留めて 質問者は (1)から(5)までのように自分の考えを持ちました。

 (6)は 《セクハラによって 被害者の心が傷つく》と言った意見なわけですが 質問者は そのようなことはない。もしあるとしたらそれは 被害者じしんの心においてすでに 何らかのやましい心が起きていてそれによって傷ついたのだという見解です。

 では みなさんは どうですか? という問いです。



 ご回答をありがとうございます。

投稿日時 - 2018-05-30 18:25:12

あなたにオススメの質問