こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

AOMEIのフルバック・レスキューメディア

「AOMEI Backupper Standard」で、フルバック(作成と復元)する場合、外付けHDDとUSBメモリが必要なのでしょうか?

-----
また、同様のソフトで、レスキューメディア(作成と復元)の場合、外付けHDDとUSBメモリが必要なのでしょうか?

-----
これら2つの質問でCD/DVDは使用したくなく、USBメモリは将来のことを考えて(Windows 10の大型のアップデート)32GBにしようと思っています。

-----
間違っている部分があれば詳しく教えてください。

OSは、Windows 10です。

ちなみに、メーカーに質問して英語で回答され、理解できる部分もあるのですが、質問の内容が理解されていないのか翻訳しても回答が理解できない部分があります。

-----
回答よろしくお願いします。

投稿日時 - 2018-04-25 00:09:45

QNo.9492034

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>また、同様のソフトで、レスキューメディア(作成と復元)の場合、外付けHDDとUSBメモリが必要なのでしょうか

大きな勘違いをされているようです

このようなソフトを使ってバックアップを行うと、バックアップデータはそのソフト専用のイメージデータが作成されます(AOMEI Backupper Standardならば拡張子が*.adiまたは*.afiの拡張子になったファイルが出来上がる)

復元に必要なのはこのバックアップされたファイルと、AOMEI Backupper Standardを起動する事が可能なブートメディア

ブートメディアはDVDやUSBメモリ・外付けHDDなどで作成出来るが、ブートメディアとして作成してしまうと、それらの媒体はAOMEI Backupper Standardを起動する事が出来るように作成される専用の物になると考えればいいので、他の用途には基本的に使用できなくなります

>これら2つの質問でCD/DVDは使用したくなく、USBメモリは将来のことを考えて(Windows 10の大型のアップデート)32GBにしようと思っています。

USBメモリをAOMEI Backupper Standardのブート用に作成してしまったら、Windows 10の大型のアップデートに使用する事は基本的に使用できなくなってしまうという事です

また安くなってきたとは言え、DVDメディアの方がUSBメモリよりはるかに安価

よってブートメディアはDVDで作成した方が無難

DVDメディア使うのがどうしても嫌なら32GBなんて大きなUSBメモリではなく、4GB程度の小さな容量のUSBメモリを用意してそれをブートメディアとして作成しておく

>OSは、Windows 10です。

WindowsのOS自体が持っているバックアップ機能で行う場合は、バックアップされたイメージファイル+回復ドライブ(16GB以上のUSBメモリを使って作成)の組み合わせが必要です(ブートDVDは作成ができない)

結論としては、バックアップツールでもOS自体が持っている機能でも、作成されたバックアップファイルが入った媒体(USBメモリでも外付けHDDでも内蔵されたHDDでもどこでもOK)+バックアップ機能がブートされてくる媒体(ブートDVDやブートUSBメモリなどブートされるように作成された特別な物)の組み合わせが必要なのです

投稿日時 - 2018-04-26 04:02:50

お礼

回答ありがとうございます。


間違った点を指摘していただきましてありがとうございます。


ブータブルメディアの作成では、簡単な(接続のみでよい)外付けHDDやUSBメモリでいいみたいですが、「ブートメディアとして作成すると、それらの媒体はAOMEI Backupper Standardを起動する事が出来るように作成される専用の物になると考えればいいので、他の用途には基本的に使用できなくなります」という情報は知りませんでした。


>USBメモリをAOMEI Backupper Standardのブート用に作成してしまったら、Windows 10の大型のアップデートに使用する事は基本的に使用できなくなってしまうという事です

>また安くなってきたとは言え、DVDメディアの方がUSBメモリよりはるかに安価

>よってブートメディアはDVDで作成した方が無難

なるほど、ブートメディアで作成する場合には、ブートメディアはDVDが安価でいいんですね。


>DVDメディア使うのがどうしても嫌なら32GBなんて大きなUSBメモリではなく、4GB程度の小さな容量のUSBメモリを用意してそれをブートメディアとして作成しておく

え?ブータブルメディアの作成では、USBメモリの容量は4GBで十分なんですか。


>WindowsのOS自体が持っているバックアップ機能で行う場合は、バックアップされたイメージファイル+回復ドライブ(16GB以上のUSBメモリを使って作成)の組み合わせが必要です(ブートDVDは作成ができない)

はい。
一応、Windows 10の大型のアップデートで16GBを超える回復ドライブ(USBメモリ)が必要になる可能性を考えて32GBと考えていました。



>結論としては、バックアップツールでもOS自体が持っている機能でも、作成されたバックアップファイルが入った媒体(USBメモリでも外付けHDDでも内蔵されたHDDでもどこでもOK)+バックアップ機能がブートされてくる媒体(ブートDVDやブートUSBメモリなどブートされるように作成された特別な物)の組み合わせが必要なのです

どのようなバックアップソフトであろうと、2つの媒体が必要なんですね。
将来はどうなるか分かりませんが。


非常に参考になりました。
また、くどいようですが再度回答をいただきましてありがとうございます。(間違った点の指摘)


ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-04-26 23:21:23

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

システムとCドライブ全体をそっくり「システムイメージ」としてバックアップするには、Cドライブの使用容量に近い空きがあるバックアップ媒体が必要です。
従って、外付けHDでないと無理と思います。

緊急(システムが起動しないなど)用のブータブルメディアの作成が必要であれば、CD/DVDでなくても、USBメモリーで大丈夫です。
https://www.disk-partition.com/jp/help/make-bootable-cd-wizard.html
(AOMEI Backupperは、ブータブルCDとUSBフラッシュドライブを作成することができます)
https://www.backup-utility.com/jp/features/create-bootable-disc.html

投稿日時 - 2018-04-25 08:03:16

お礼

回答ありがとうございます。

>システムとCドライブ全体をそっくり「システムイメージ」としてバックアップするには、Cドライブの使用容量に近い空きがあるバックアップ媒体が必要です。
従って、外付けHDでないと無理と思います。

OSが入っているドライブの容量からしてそうですね。


>緊急(システムが起動しないなど)用のブータブルメディアの作成が必要であれば、CD/DVDでなくても、USBメモリーで大丈夫です。
https://www.disk-partition.com/jp/help/make-bootable-cd-wizard.html
(AOMEI Backupperは、ブータブルCDとUSBフラッシュドライブを作成することができます)
https://www.backup-utility.com/jp/features/create-bootable-disc.html

USBメモリの32GBで可能なんですね。
URLを参考にさせていただきます。
緊急用(システムが起動しないなど)のブータブルメディアの作成ですか。


ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-04-25 20:59:17

ANo.1

バックアップにはUSBメモリか外付けHDDが必要。
基本として外付けHDDが望ましい。
USBメモリは起動OS用でしょう。
*起動しているHDDを復元出来ませんから。

投稿日時 - 2018-04-25 03:39:21

お礼

回答ありがとうございます。

フルバック用の媒体(主に外付けHDD)と、起動用の媒体(主にUSBメモリ)の2つが必要なんですね。
「AOMEI Backupper Standard」というソフトではその2つが必要かどうかは分かりませんが。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-04-25 20:51:26

あなたにオススメの質問