こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

「熱海の夜」の歌詞について

69年にヒットした「熱海の夜」という曲の歌詞で、

>妻と書かれた宿帳に、沁みた涙の傷跡よ

という歌詞が登場します。
この、「妻と書かれた宿帳」とはどういう意味でしょうか。
宿帳に「妻」が書かれていることは、いたい何を象徴してい
るのでしょうか?

投稿日時 - 2018-04-09 19:02:59

QNo.9486765

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

本当は妻ではないのに
一緒に好きな人と旅行が出来て
宿帳に妻と書くことの幸せ
嬉しくて涙が・・・

願っていても実際に妻になる事はないかもしれない
でも今この時は宿帳に妻と書くことができた。

嬉しくて思わず涙がでしまい その涙が宿帳にしみた
しかしその涙は本当の妻(彼の奥さん)
に対して申し訳ないと言う心が 傷跡 ですね。

ですから涙の傷跡になるのです。
人の夫と宿に泊まる
その人は大好きな人

申し訳なさと嬉しさが
その言葉に現れているのです。

嬉しさと申し訳なさ
今の幸せと今後どうなるか解らない不倫の恋を
歌っている歌詞ですね。
 
 

投稿日時 - 2018-04-09 20:04:12

お礼

詳しい解説、ありがとうございます。不倫の歌だったのですね。

投稿日時 - 2018-04-11 15:08:17

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

本当はそうではないからでしょう。
内縁の妻
不倫関係
愛人
そんな立場にいる女性が 宿帳にだけ「妻」と書かれたことに 思わずこみ上げる物が・・・・

投稿日時 - 2018-04-09 19:17:10

あなたにオススメの質問