こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

アップデートのインストールに失敗してやり直せません

Windows7 SP1、Lenovo L520ノートパソコンです。

今日の昼間アップデートのインストールにに失敗したのですが、インストールをやり直せません。

重要な更新プログラムが3個あったのでダウンロードとインストールをしていたところ、『1個の更新プログラムのインストールに失敗しました』とかなんとか表示されました。

その後すぐに再起動をしてもう一度、インストールをし直そうとしたのですが、『2個中1個の更新プログラムをインストール中』のまま、まったく進まない状態になってしまいました。
『インストールの停止』を押しても停止しないのでそのままシャットダウンしてもう一度やりなおしたのですが、やはり進まないのでまたシャットダウンしました。

履歴を見たら失敗したのは
『悪意のあるソフトウェアの削除ツール(KB890830)』
『Windows7更新プログラム(KB2952664)』
の2個でした。
更新プログラムは3個で、失敗したのは1個だったのに何故2個あるのかと思って履歴を見たらインストールは1個しか成功していませんでした。

またこの出来事から、前に比べてパソコンの起動が少し遅くなりました。(『ようこそ』の画面が少し長くなった)

どうやったらインストールし直せるようになるのでしょうか?
宜しくお願いします。

投稿日時 - 2018-02-21 20:19:40

QNo.9431334

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

搭載メモリが4GBの時、
> 4GBの場合、単独でアップデートだけを動かしてみてください。
この方式を取ったのではないでしょうか。
他のため、メモリネックにもならず、仮想メモリも使用しなくても処理できたのではないかと思います。
仮想メモリの設定は、参考にして設定変更しておくことをお勧めします。

投稿日時 - 2018-02-22 15:32:26

お礼

ありがとうございます。
とりあえずしばらくは様子見で単独のアップデートを続けてみたいと思います。

投稿日時 - 2018-02-23 11:06:54

ANo.3

> 搭載メモリはたしかに4ギガです。これが関係していたのでしょうか?やっぱりよく分かんないです…。

メモリが少ないと、いろいろプログラムを動かしていると、メモリネックになり、仮想メモリを使用することになります。
仮想メモリの設定がまずいと更新処理を放棄する場合があります。

QWinのアップデート中にエラーが出ます
http://okwave.jp/qa/q9275504.html

投稿日時 - 2018-02-22 11:48:46

ANo.2

> どうやったらインストールし直せるようになるのでしょうか?
いろいろな原因となるものがあります。
Cパーティションの空き領域が少ない、搭載メモリが少ない等です。
そこで下記の方法は試しましたか。
1個、1個単独で更新かけてみてください。
そのためには、Updateの設定を自動ではなく、
更新プログラムをダウンロードするが、インストールを行うかどうかは選択する
にして置くこと。

この方法でダメな時は、
> 『1個の更新プログラムのインストールに失敗しました』とかなんとか表示されました。
正しいエラーメッセージをメモして補足願います。
搭載メモリ量を補足願います。
4GBの場合、単独でアップデートだけを動かしてみてください。

投稿日時 - 2018-02-22 04:01:05

お礼

回答ありがとうごさいます。
mdmp2さんのお礼に書いてある状態ですが、一応解決はしました。

搭載メモリはたしかに4ギガです。これが関係していたのでしょうか?やっぱりよく分かんないです…。

投稿日時 - 2018-02-22 11:25:40

ANo.1

KB2952664 は過去にWindows 10へのアップグレードを促す更新プログラムでしたが同じ名前で再配信されました。ネットの情報によると、「Windows 10へのアップグレードを促す機能は除かれて、テレメトリのみとなった」とされています。
セキュリティ更新でも、機能の更新でもないので、インストールは不要だと思いますが、どうしてもということでしたら、Microsoft Updateカタログからダウンロードして、スタンドアロンインストールを試してください。
http://www.catalog.update.microsoft.com/search.aspx?q=kb2952664

KB890830 も
http://www.catalog.update.microsoft.com/Search.aspx?q=kb890830%20windows%207
こちらからダウンロードして実行してみてください。
ダウンロード候補が二つ表示されますが、下段の方が良いと思います。
windows-kb890830-x64-v5.55-delta_d2f8ba4a54704d52869bac616988f7f0efe11fc5.exe
windows-kb890830-x64-v5.55_002eeab3d8dfd883f3f50b82f58a78f3bbb64134.exe

投稿日時 - 2018-02-21 20:59:02

お礼

回答ありがとうごさいます。
結果を先に書くと、とりあえず解決しました。

しかしなんだかよく分からない結果でした。


教えていただいたとおり、さっそくexeファイルをダウンロードしてみたのですが、下記のメッセージが出て実行できませんでした。

『このファイルのバージョンは、現在の実行中のWindowsのバージョンとは互換性がありません。コンピューターのシステム情報を確認して、x86(32ビット)またはx64(64ビット)のどちらのバージョンのプログラムが必要であるかを確認してからソフトウェアの発行者に問い合わせてください。』

exeファイルを2つともダウンロードしてみても同じでした。

書くのを忘れていたのですが、私のWindows7は32ビットです。
しかしこれは64ビット向けのexeファイルですよね。探しても32ビット向けのexeファイルは配布されてないですし…。

なので次はyakan9さんから教えていただいた単独でアップデートを実行するというのをやってみようとおもい、アップデートの確認をしました。

すると何故か更新プログラムが『Windows7更新プログラム(KB2952664)』だけになっていて、『悪意のあるソフトウェアの削除ツール(KB890830)』が無くなっていました。

これってもしかしてマイクロソフト側の配布ミスなのでしょうか?
64ビット向けのプログラムを32ビットのパソコンにも配布したという…。
あるいは自分で更新プログラムをダウンロードして実行したのがよかったのか…。

とりあえず解決はしたもののモヤモヤする結果となってしまいました。

投稿日時 - 2018-02-22 11:21:24

あなたにオススメの質問