こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

Ubuntu udflabelの使い方 UUID

udflabelでファイルシステムがUDFのHDDの
UUIDを変更する仕方がよく分かりません。

例えば、
Ubuntu(17.10.1)で、
ディスクユーティリティーで
あるHDDの内容がUDFでUUIDの値が
4c35767854534252
と表示されている場合、
テスト的にもう1台別のHDD(このHDDも内容はUDF)のUUIDを、
このUUID(4c35767854534252)に書き換える場合、

udftool2.0-1
https://lwn.net/Articles/742502/
をインストールして端末から
sudo udflabel --uuid=4c35767854534252 /dev/sdb
を実行すると
yy@yy-H87M-S01:~$ sudo udflabel --uuid=4c35767854534252 /dev/sdb
udflabel: Warning: Disk logical sector size (512) does not match UDF block size (2048)
udflabel: Warning: Second and third Anchor Volume Descriptor Pointer not found
Updating device: /dev/sdb
udflabel: Error: Reserve Primary Volume Descriptor is damaged
yy@yy-H87M-S01:~$
というエラーになります。

なお、
2台のHDDのファイルシステムはどちらもUDFで、
UUIDを変更するHDDのデバイス名は /dev/sdbで、
nautilus、ディスクユーティリティー,GPartedなどが起動していない状態で、
アンマウントした状態で実行しています。
(UUIDを変更する時はアンマウントした状態で行う必要があるため)

対象HDDのUUIDを変更するには
udflabelをどのように指定すればよいのでしょうか。

-------------------------------------------------
yy@yy-H87M-S01:~$ udflabel -h
udflabel from udftools 2.0
Usage:
udflabel [encoding-options] [block-options] [identifier-options] device [new-label]
When all Identifier Options and new UDF Label are omitted then show current UDF Label.
Otherwise set new Identifier Options. New UDF Label is synonym for both --lvid and --vid.
Options:
--help, -h Display this help
Block Options:
--blocksize=, -b Size of blocks in bytes (512, 1024, 2048, 4096, 8192, 16384, 32768; default: detect)
--vatblock= Block location of the Virtual Allocation Table (default: detect)
--force Force updating UDF disks without write support (useful only for disk images)
--no-write, -n Not really, do not write to device, just simulate
Identifier Options:
--uuid=, -u New UDF UUID, first 16 characters of Volume Set Identifier
--lvid= New Logical Volume Identifier
--vid= New Volume Identifier
--vsid= New 17.-127. character of Volume Set Identifier
--fsid= New File Set Identifier
--fullvsid= New full Volume Set Identifier, overwrite --uuid and --vsid
Encoding Options:
--locale Identifier options are encoded according to current locale (default)
--u8 Identifier options are encoded in 8-bit OSTA Compressed Unicode format
--u16 Identifier options are encoded in 16-bit OSTA Compressed Unicode format
--utf8 Identifier options are encoded in UTF-8
yy@yy-H87M-S01:~$
-------------------------------------------------

投稿日時 - 2018-02-18 17:21:19

QNo.9430300

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

:>ディスクユーティリティーではUDFと表示されているのですが?
正確に言うと、UDFフォーマットのHDは存在しますが、
あくまでもUDF(iVDR)などTV録画用などの特殊な用途向きであり、
Windows OSからは認識できません、
Linuxでは認識できてもフォーマットすることは出来ません。
 私の知る限りHDをUDF Formatできるのは”I-O Hard Disk Formatter”ぐらいです。
http://www.iodata.jp/lib/manual/io_format/htm/format.htm
 ということで、PCではOSがLinuxであってもフォーマットさえ出来ないので
UUIDを弄ることは不可能です。
 因みに、UUDIに関わるコマンドは”blkid”です。
http://www.linux-cmd.com/blkid.html

投稿日時 - 2018-02-19 23:34:23

お礼

いろいろ調べて頂きましてありがとうございました。

投稿日時 - 2018-03-23 21:56:53

ANo.2

:>udflabelでファイルシステムがUDFのHDDの
:>UUIDを変更する仕方がよく分かりません。
"UDF"とは、ISO 9660に代わるファイルシステムとして策定された
光ディスク用のファイルシステムのことです。
正式名称は”Universal Disk Format”です。
 従って”UDFのHDD”などというものは存在しません。
「ハードディスクのパーティションの”UUID”」の意味であれば、
↓の記事を参考にして下さい。

参考URL:https://kledgeb.blogspot.jp/2012/10/ubuntu-gparted-19-uuid.html

投稿日時 - 2018-02-18 18:13:18

お礼

回答ありがとうございます。

>従って”UDFのHDD”などというものは存在しません。

う~ん。変ですね。

ディスクユーティリティーではUDFと表示されているのですが?

また、
udftools 2.0に関するサイト
https://www.spinics.net/lists/linux-fsdevel/msg119895.html
に、
UDF is a filesystem mostly used on optical media, but can be used also on hard disks
というようなことが書かれているので、
HDDでもUDFができるように思われるのですが?

投稿日時 - 2018-02-19 19:59:50

ANo.1

 Ubuntu(17.10.1)の32ビット版は存在しないはずなので、
amd64を使いましょう。
 それと、質問をくろーずせず連発するのはマナーに反します。

投稿日時 - 2018-02-18 17:54:19

お礼

了解しました。クローズします。
amd64でやってみます。

投稿日時 - 2018-02-19 19:53:20

あなたにオススメの質問