こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本語訳をお願い致します。

The daylight withdrawal to the Green Line, over almost 14 km (9 mi), was completed gradually, assisted by the defence of the Ricardo Redoubt whose garrison did not surrender until 16:40. During the retreat, Engineers blew the bridges across the Canal between Ham and Ollézy but the railway bridge at Pithon suffered only minor damage. The Germans were soon over the river and advanced up to 15 kilometres (10 mi) to the Crozat canal.

Day 3, 23 March

Early on the morning of Saturday 23 March, German troops broke through the line in the 14th Division sector on the canal at Jussy. The 54th Brigade were holding the line directly to their south and were initially unaware of their predicament, as they were unknowingly being outflanked and surrounded. The 54th Brigade History records "the weather still favoured the Germans. Fog was thick over the rivers, canals and little valleys, so that he could bring up fresh masses of troops unseen". In the confusion, Brigade HQ tried to establish what was happening around Jussy and by late morning the British were retreating in front of German troops who had crossed the Crozat Canal at many points. All lines of defence had been overrun and there was nothing left to stop the German advance; during the day Aubigny, Brouchy, Cugny and Eaucourt fell.
Lieutenant Alfred Herring of the 6th Northamptonshire Battalion in the 54th Brigade, despite having never been in battle before, led a small and untried platoon as part of a counter-attack made by three companies, against German troops who had captured the Montagne Bridge on the Crozat Canal. The bridge was recaptured and held for twelve hours before Herring was captured with the remnants of his platoon.
The remnants of the 1/1st Hertfordshire Regiment were retreating across the southernmost edges of the 1916 Somme battlefield and by the morning of 24 March there were only eight officers and around 450 men left. The war diary read,
Before dawn the Bn marched to BUSSU & dug in hastily on the east side of the village. When both flanks became exposed the Bn retired to a line of trenches covering the PERONNE–NURLU road. After covering the 4/5th Black Watch Regt on the left the Bn withdrew to the ST. DENNIS line which was very stubbornly defended.

投稿日時 - 2018-02-02 01:31:57

QNo.9424707

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>The daylight withdrawal to the Green Line, over almost 14 km (9 mi), was completed gradually, assisted by the defence of the Ricardo Redoubt whose garrison did not surrender until 16:40. During the retreat, Engineers blew the bridges across the Canal between Ham and Ollézy but the railway bridge at Pithon suffered only minor damage. The Germans were soon over the river and advanced up to 15 kilometres (10 mi) to the Crozat canal.
⇒緑線(地図マーク)部への昼間の撤退は、リカルド砦の守備隊の防衛援助を受けながら、ほぼ14キロ(9マイル)にわたって徐々に完了した。守備隊は16時40分まで降伏しなかった。後退中に工兵らがハムとオレジーの間の運河に架かる橋を爆破したが、ピトンにある鉄道橋はわずかな被害しか受けなかった。ドイツ軍はすぐに川を越えて、クロザット運河まで15キロ(10マイル)進軍した。

>Day 3, 23 MarchEarly on the morning of Saturday 23 March, German troops broke through the line in the 14th Division sector on the canal at Jussy. The 54th Brigade were holding the line directly to their south and were initially unaware of their predicament, as they were unknowingly being outflanked and surrounded. The 54th Brigade History records "the weather still favoured the Germans. Fog was thick over the rivers, canals and little valleys, so that he could bring up fresh masses of troops unseen".
⇒第3日、3月23日
3月23日土曜日の早朝、ドイツ軍はジュシーの運河にある第14師団地区の戦線を突破した。第54旅団は、彼らの南側に直接して戦線を保持していたが、知らないうちに側面包囲されていたので、当初は自らのまずい状況に気づかなかった。第54旅団の記録係が、「天気は依然としてドイツ軍にとって有利であった。川、運河、小渓谷上で霧が濃く、目に見えない軍隊に変身することもあり得た」と記録している。

>In the confusion, Brigade HQ tried to establish what was happening around Jussy and by late morning the British were retreating in front of German troops who had crossed the Crozat Canal at many points. All lines of defence had been overrun and there was nothing left to stop the German advance; during the day Aubigny, Brouchy, Cugny and Eaucourt fell.
⇒混乱の中で、旅団本部はジュシー周辺で何が起きているのかを確認しようとして、昼近くのころ英国軍は多くの地点でクロザット運河を通過するドイツ軍の前線内を退却していた。すべての防衛戦線が蹂躙され、ドイツ軍の進軍を止める手立ては何も残っていなかった。その日のうちにオービニー、ブルーシー、クニー、およびオクールが陥落した。

>Lieutenant Alfred Herring of the 6th Northamptonshire Battalion in the 54th Brigade, despite having never been in battle before, led a small and untried platoon as part of a counter-attack made by three companies, against German troops who had captured the Montagne Bridge on the Crozat Canal. The bridge was recaptured and held for twelve hours before Herring was captured with the remnants of his platoon.
⇒第54旅団内の第6ノーサンプトンシャー大隊のアルフレッド・ヘリング中尉は、これまで戦闘経験がなかったにもかかわらず、クロザット運河に架かるモンターニュ橋を攻略した。ドイツ軍に対して、3個中隊による反撃の一環として経験のない小さな小隊をよく指揮した。ヘリングは彼の小隊の生き残り兵とともに攻略されるが、その前に12時間もの間橋を死守して、橋は(英国軍に)奪還された。

>The remnants of the 1/1st Hertfordshire Regiment were retreating across the southernmost edges of the 1916 Somme battlefield and by the morning of 24 March there were only eight officers and around 450 men left. The war diary read,
 Before dawn the Bn marched to BUSSU & dug in hastily on the east side of the village. When both flanks became exposed the Bn retired to a line of trenches covering the PERONNE–NURLU road. After covering the 4/5th Black Watch Regt on the left the Bn withdrew to the ST. DENNIS line which was very stubbornly defended.
⇒第1/1ハートフォードシャー連隊の生き残り兵は、1916年のソンム戦場の最南端を横切って後退したが、3月24日の朝までにわずか8人の将校と約450人の兵士が残った。戦争日誌は次のように述べている。
 夜明け前に大隊はブッスに行進し、村の東側に急いで塹壕を掘った。両方の側面が露出されると、大隊はペロンヌ‐ヌルル道をカバーする塹壕の戦線へ退去した。左翼の第4/5ハイランド連帯を援護した後、大隊は非常に頑強に守られるサン・デニス戦線に撤退した。

☆既回答分について(お詫びと訂正):前便の「3月2日、22日」は、「第2日、3月22日」の誤りでした。また、3回前の便の「3月1日、21日」は、「第1日、3月21日」の誤りでした。お詫びして訂正いたします。

投稿日時 - 2018-02-22 18:07:47

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-02-22 23:26:06

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

グリーンラインへの昼光の撤退は、約14km(9マイル)をかけて、16時40分まで降伏しなかったリカルド・リダウトの防衛を援助して徐々に完了した。後退中、エンジニアはハムとオレジの間の運河を横切って橋を爆破したが、ピトンの鉄道橋はわずかな被害しか受けなかった。ドイツ人はすぐに川の上にあり、クロザット運河まで15キロ(10マイル)進んだ。

3日目、3月23日

3月23日土曜日の朝早く、ドイツ軍はJussyの運河沿いの第14師団部門のラインを突破した。第54旅団は、彼らの南に直接ラインを保持していたが、彼らは知らないうちに外に立って囲まれていたので、最初は彼らの苦境を知らなかった。第54回旅団記録は、「天気は依然としてドイツ人を支持しました。霧は、川、運河、小さな谷間で厚く、目に見えない軍隊を生み出すことができました。混乱の中で、旅団本部はJussy周辺で何が起きているのかを確認しようとしました。そして、午前遅くまで、イギリスはCrozat運河を何度も通過したドイツ軍の前で退却していました。すべての防衛ラインが暴走し、ドイツ進出を止めることは何も残っていなかった。 Aubigny、Brouchy、CugnyおよびEaucourtの日の間に落ちた。
第54戦闘隊の第6ノーサンプトンシャー大隊のアルフレッド・ヘリング隊長は、これまで戦闘経験がなかったにもかかわらず、モンターニュ橋を捕獲したドイツ軍に対して、3つの企業による反撃の一環として、クロザット運河。橋は捕獲され、12時間放置されていたが、彼の小隊の残骸と捕獲された。
1/1ハートフォードシャー連隊の残党は、1916年のソンム戦場の最南端に後退し、3月24日の朝までに僅か8人の将校と約450人の男性が去った。戦争日記は、
夜明け前に大隊は村の東側に急行してぶつと行進しました。両方の側面が露出されると、大隊はPERONNE-NURLU道路を覆う一連の溝に引っ越した。左の4 / 5th Black Watch Regtをカバーした後、大隊はSTに撤退した。非常に頑強に守られていたデニスのライン。

投稿日時 - 2018-02-22 05:00:44