こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

飛行機の空路は天気によって経路と言うか

飛ぶ道が変わるのでしょうか?
それによってぶつかったりしないのですか?

投稿日時 - 2018-01-16 20:36:55

QNo.9419095

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

飛行機が教えてくれるから、ぶつからない。
空中衝突防止装置(TCAS)が付いてて
飛行機同士で見張ってる。
ホントにピンチならば、上に行け・下に行けと教えてくれる。

翼の左右、赤と青色のライトが付いています。
左が赤、右が青。
例えば、前から飛行機が来た
自分から見て右が赤い・左が青い・・・ならばこっちに
向かって飛んでる、なんとかしなきゃ。
逆に左が赤・右青ならば、自分と同じ方向に行くんだな。

飛行機同士で交信することもあります。
例えば情報交換したり
コッチはもっと下に行きたい
わかった、じゃ俺は上に行くわ
なこともあると思います。

など

投稿日時 - 2018-01-17 00:33:59

ANo.5

飛行機の飛ぶ位置と言うか場所と言うかは「航空路」という
形である程度決まっています。なので、天候やその日の他の
飛行機の飛び具合によって、管制官が「今日はV23のルート
でどこまで飛んで」などと指示します。
http://www.mlit.go.jp/koku/15_bf_000343.html
http://www.mlit.go.jp/koku/15_bf_000344.html

なので、「空にも道がある」「道は途中では交差しないので
衝突することもない」です。

衝突するのは

1.航空路を無視して飛ぶ軍用機などとぶつかる
2.空港近くで航空路が複雑入り組んでいる所でぶつかる

という場合ですね。

投稿日時 - 2018-01-17 00:17:36

ANo.4

CAさんは飛行高度のデータを持っていますので、着陸して下りる時に聞いたら「今日は何フィートでした」と教えてくれますよ。

燃費の良い高度で飛びたいけど、気流が悪いと低く飛んだりするそうです。

高度が高いと気圧差が大きくなるので耳がより痛くなります。

投稿日時 - 2018-01-16 22:14:05

実際にぶつかったら、新聞の1面で報じられる大ニュースになるでしょう。
そういうニュースがないわけですから、ぶつかっていないことになります。
航空機はどれも航空管制を受けて、それに従って高度や速度、経路を決めて飛行しています。
離陸するときだけでも、前に離陸した飛行機の影響を受けない程度に間隔を空けています。
また、旅客機が飛ぶ空路はおおよそ決まっています。地上に道路があるように、決められた経路で飛行するものなので、天候によって変わるにしても、そう簡単にぶつかるものではありません。

投稿日時 - 2018-01-16 21:24:57

気象状況や風の強さや向きによっても変わります。
極端な話、飛行場の滑走路への離着陸の向きも変わります。
ぶつかったり、ニアミスを起こさないため管制官がいて、航路を誘導します。

投稿日時 - 2018-01-16 21:09:13

ANo.1

 
積乱雲や台風は避けます
航空管制があるので干渉はありません
 

投稿日時 - 2018-01-16 20:46:44

あなたにオススメの質問