こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

アメリカはなぜイランと敵対する?

ISとの戦いもほぼ一段落したと思ったら、中東ではこれまで隠れていた問題が吹き出して今後の状況が懸念されます。それに絡んで質問・疑問がいくつもあるのですが、今回はその中のひとつ、アメリカvs. イラン問題。
質問:トランプはなぜイランを敵対視するのか?

質問の背景:
1979年のイラン革命以降の経緯を見れば、関係回復に向けたオバマ前大統領が異例で、トランプの方向性の方が一貫性があるとも言えます。ただトランプ政権では欧米6カ国とイランの核合意が遵守されていることをその後の調査で認めた上ではっきりした理由もなく経済制裁を強化していて、欧州から非難されています。イランの現ローハニ政権が穏健派であり欧州や日本もイランとの関係回復を喜んでいる中でやはりトランプのイランへの敵対的な対応は異常に見えます。
一方で米国の同盟国で、イランと敵対するサウジアラビアはここのところイエメンへの非人道的な攻撃が問題になっており、レバノンへの介入やカタールへの一方的な国交断絶と経済封鎖などおさえが効かないように見えます。アメリカの友好的な姿勢をよそに原油や経済的には中国への急接近をしていて、今後の石油の流れがアメリカ、日本から中国に大きく奪われかねない状態になっているどころか、アメリカが輸出を禁止しているドローン兵器まで中国はサウジに売り始めました。そんな中で先日のエルサレムの首都認定問題もあって、サウジアラビアもアメリカを批判しています。
外交戦略的に見て、イランと敵対することがアメリカに何のメリットも生み出しておらず、どちらかと言うと中東に取ってもアメリカに取ってもマイナスにしか働いていないように見えるのです。
経済封鎖されているカタールに対して、アメリカの仲介は殆ど功を奏してない中でイランからカタールを物資の支援し、兵糧攻めを凌ぐことができています。また、イラン国内では他の中東諸国のように人道問題があると言われていますが、一方でアメリカが継続的に戦闘しているアフガンからの難民を大量に受け入れていて、そう言うところを見ると、むしろイランの良い面が見えるのですが。

投稿日時 - 2017-12-14 22:08:28

QNo.9407898

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>イランと敵対するサウジアラビア
これはイスラム教の「シーア派」と「スンニ派」の対立と言い換えることができます。イスラム教国の多くは「スンニ派」が多数派なのですが、サウジアラビアにとっては目の前の海峡を越えたところに宿敵・「シーア派」の総本山であるイランが存在しているのは許しがたいのでしょうね。1979年のイラン革命までは両国とも親米政権でしたので仲が良かったのですが・・・。で、その親米的なサウジアラビアが様々なルートを使って、アメリカにイランと敵対するよう持ちかけた可能性が高いと思っております。原油価格・生産量の調整もサウジアラビアとアメリカの出来レースのような気がしてなりません。

>エルサレムの首都認定問題
これはむしろアメリカの国内問題と言えると思います。アメリカ在住のユダヤ組織の支持を得るため、トランプは大統領選挙公約で「エルサレムを首都と認定する」と発言していましたから。その結果として、「シーア派」・「スンニ派」を問わずすべてのイスラム教徒を敵に回すことになるのは明らかなのですが・・・。

>アフガンからの難民を大量に受け入れていて
イランがアフガン難民を受け入れているのは、彼らを自国の兵士にするためだそうですよ。戦死しても自国民と違って弔慰金を支給する必要もないですからね。

投稿日時 - 2017-12-15 13:09:22

お礼

考えても見れば、トランプが最初に外遊した国はサウジアラビアでしたね。確かにサウジ、イランは中東の覇権を争っていると言われているので、サウジからトランプにイラン制裁の再開(と言うか、トランプの公約の履行)を要求した可能性はありますね。また引き換えにトランプはイスラエルに対するサウジの中立性、あるいは支援を要求した可能性はありますね。
シーア派 vs. スンニ派に関しては良く報道でも言われていますが、どちらかと言うと、国や地域の対立に利用されているような気がします。アメリカがシーア派主流のイラクを支援してもサウジも誰も文句言いませんから。
イランのアフガン難民が兵士として期待されているとは知りませんでした。
エルサレム問題については別途質問しますのでまたお願いします。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-12-15 17:56:40

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

軍隊を巨大化しすぎたけど縮小して何割リストラと言ったらまたいつかみたいに暗殺されそうですし
軍事力以外で他国との関係を作れない国なので外国の基地をやめたら国際社会での発言力がガタ落ちです
一度暴力で生計を立てると決めて実行したら薬物患者のように死ぬまで注射器(自衛隊)を持ち歩くしかありません

投稿日時 - 2017-12-15 16:53:36

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2017-12-15 17:57:46

ANo.6

トランプはなぜイランを敵対視するのか?
  ↑
1,中東がゴタゴタすれば、石油の価格が上がります。
 これはシェールオイルを推進しているトランプさんに
 とっては好都合です。
 そんで、ごたごたの相手ですが、今のところイランしか
 ありません。


2,後は、米国の国内問題があるんだと思います。
 支持率が低迷しているトランプさんにとっては
 ユダヤを味方に付けたいのでしょう。
 イスラエルに敵対している有力な国家は
 イランです。
 
 ユダヤ人は、伝統的に民主党支持ですが、白人の
 キリスト教福音派のほとんどは共和党支持です。
 その福音派は、イスラエルを支持しています。
 

投稿日時 - 2017-12-15 15:56:35

お礼

原油価格に関してはおっしゃる通り米国は原油安でガタガタになったシェールオイル開発を復活させたいと思います。とは言え、中東の原油確保には中国や新興国が積極的に乗り出していて、米国だけが制裁を再開してEU、日本が慎重になるだけだと、中国などの国々に漁夫の利が行くだけでアメリカに有利には働かないように思います。イスラエルに関してはいずれまた質問しようと思っていたのでその時はまたお願いします。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-12-15 17:41:55

ANo.4

 #2です。補足です。

>>でもなぜイラン?サウジアラビアでは小学校でユダヤ教徒、キリスト教徒は皆殺しすべきと教えているそうです。BBCのドキュメンタリー番組でやっていました。

 ご指摘の通りです。イランもサウジもあの辺りみんな同じ「十字軍」の行き先で未だにキリストを信じない人々だからと、お互いに敵対視しているのでしょう。

投稿日時 - 2017-12-15 08:51:05

お礼

補足回答、ありがとうございます。

投稿日時 - 2017-12-15 12:27:01

ANo.3

「手の内を知られることは最悪だ。相手の意表を突けば戦いに勝てる。だから相手に行動パターンをさとらせないことが重要。私は予測不能な人間でありたり」とトランプは著書で語っています。

こういう持論を持つ人間はたまにおり、この手の人が権力を得ると非常にたちが悪い。
カルト教団の教祖、ブラック企業の社長、猟奇殺人犯などで、こういった行動をとる人間は徹底的に周囲を精神的に追い込み、従属させます。ある時は右だと言われて右に進むと殴られ、左だと言われて左に進むと殴られ、じっとして何もしないでいるとまた殴られ、しかし突如、褒められ優遇され期待しご褒美を与えたりもする。これらが繰り返されることで従属した者は権力者がすべて正しいと心底思い込んだりします。カリスマですね。
トランプはこの手のパターンで権力を得てきた人と思われます。ホワイトハウスはトランプによりかき回すだけかき回されているでしょう。
トランプ政権は知性や論理で政策が進められているとは思えません。
ジョージ・ブッシュは絵本しか読んだことがない人でした。それでもアメリカの大統領を8年続け、しかもイラクへの侵略戦争まで行いました。アメリカとはそういう国であり、トランプも何もしらずただただ権力志向だけが強い人物として大統領を続けることになりそうです。
自分の行動を周囲にさとらせないために大きな決断をする人であるのがトランプ大統領ということです。時に「いくらトランプでもやらないだろう と周囲が思っていることを実行に移す」、そのことで周囲を従属させるのがドナルド・トランプということです。

投稿日時 - 2017-12-15 08:44:46

お礼

説得力がありますね。
トランプは就任以来、ティラーソン国務長官とのギャップが際立っていて、マチス国防長官とも一枚岩と言えず、最初はわざと「良い警官、悪い警官」作戦で、悪い景観のトランプが他国に悪態をついて脅かして、良い警官のティーラーソンやマチスが出てきて、「まあまあ」と相手をなだめて米国よりも物事を引っ張ろうとしているのかとすら思いました。ただ、どうも本当に戦略が一致いなさそうで、思いつきだろうが個人的な指向性だろうがトランプが言ったことが正しいと言う論理で動いている所はありますね。でも北朝鮮にせよ中東にせよそれでは世界を危険に晒すだけなので、国連加盟国の首脳で取り囲んで辞任させるべきだと思います。

投稿日時 - 2017-12-15 12:34:29

ANo.2

 質問:トランプはなぜイランを敵対視するのか?

 敵対視の根の深さと性格を知らないからです。

 もともと2000年前はキリスト教のない世界でした。英国のような周辺にまで広がるのは8世紀頃で、14世紀には騎士の余暇は十字軍で中東へ行くことでした。

 目的はキリスト教に改宗しない異教徒を殺すことでした。「十字軍」はいい言葉と思う西欧と、最悪の言葉と見る中東の対立はブッシュの失言でもわかります。

 アメリカ合衆国の建国には、新教の新天地を目指した宗教的避難民が一役買っていますから今もアメリカ中部では人より 教会の数が多いほどの地域もあります。

 石油は欲しい、住民は異教徒で憎い、一部を手なづけ、一部にはこじつけで攻め込む、トランプは、こういう矛盾で漠然と踊っているのかもしれません。 

投稿日時 - 2017-12-15 04:19:46

お礼

ありがとうございます。
でもなぜイラン?サウジアラビアでは小学校でユダヤ教徒、キリスト教徒は皆殺しすべきと教えているそうです。BBCのドキュメンタリー番組でやっていました。

投稿日時 - 2017-12-15 06:56:11

ANo.1

トランプがイランに敵対政策をとるのは、国内で支持率を上げるためです。
外に敵国を作り強いリーダーシップをアピールすると国内で支持率が上がるため、多くの国の政治家が行います。
トランプはイラン問題でも な~~~にも 知りません。

投稿日時 - 2017-12-15 00:15:44

お礼

ありがとうございます。
>トランプはイラン問題でも な~~~にも 知りません。
それだけのことかもしれませんね。でも、イランへの強硬政策の結果これまでのところ中東でかなりまずい状況になってきているので、冷静にトランプを止める人がいても良さそうですが。
トランプはイランとの核合意破棄を宣言したので、議会はその正式な手続きについてある期間内に審議することができたのですが、その動きが無いまま期限を過ぎそうです。

投稿日時 - 2017-12-15 07:48:27

あなたにオススメの質問