こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

個人が法人成りした場合、使っていた工場はどうする?

法人成り(1人)を考えているのですが、個人時代に銀行借入で建てた工場(住宅ローン利用で土地、建物を取得したのちに、事業融資を受けて庭部分に建築)があります。

銀行が言うには、債務含めてすべてを法人に引き継いだ方が会社の資産になるから、その方がいいというのですが、建物を法人にすることによって建物の登記などの費用がかなりかかると思います。

例え高額な登記費用等がかかったとしても、建物を法人名義にして減価償却をした方が節税面でもいいのか、現状のまま個人名義で賃料収入をもらった方がいいのか、費用やその後の節税面のトータルで考えて決めたいと思います。

もちろん法人からの給与所得のほかに、賃料収入があるわけですから、所得税と住民税も増えますし、確定申告もしなくてはならないことは理解しています。

また、法人と賃貸借契約を結ぶ場合、個人は不動産賃貸業としての届け出が税務署に必要でしょうか?
減価償却は現状のまま個人の所得から控除できるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2017-10-24 00:04:31

QNo.9389257

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

>、建物を法人にすることによって建物の登記などの費用がかなりかかると思います。

このような時には、「思います」ではなく、実際にいくらかかるか?を正確に確認すべきです。
 総額でどれだけの投資が必要でどのようなリターンが受けられるのか?
それがわかれば判断に迷うことはありません。

>また、法人と賃貸借契約を結ぶ場合、個人は不動産賃貸業としての届け出が税務署に必要でしょうか?
減価償却は現状のまま個人の所得から控除できるのでしょうか?

届け出は必要ありません。
減価償却はもちろん控除できます。

投稿日時 - 2017-10-24 09:13:51

ANo.1

> 債務含めてすべてを法人に引き継いだ方が会社の資産

 ここの「すべて」とは、どのことでしょう。住宅ローンで買った土地、建物(自宅?)は含みませんよね?、事業融資を受けて建てた「工場の建物」と「事業融資債務」ダケですよね?

 それだけなら、登記は高額にはならないと思いますけども・・・

 法人の物にしたほうがいいのか自分の物にしておいたほうがいいのか、一得一失があります。

 政府の調査では、起業後5年以内に75%くらいの新規企業が倒産しているようです。工場が会社の財産だと、倒産時には工場建物は盗られますよね。

 そうなると、それを取得した第三者と質問者さんの間で、敷地などを巡って争いになりそうな気がします。

 逆に、個人として事業に失敗すると、自宅等も含めて本当に全部盗られることになりますが。

 私は、登記費用がどうこういうのではありませんが、経営が安定して、存続に自信が持てるようになるまで法人成りそのものを待ったほうがいいような気がします。

 もう何年も個人事業として経営していらっしゃって、黒字をこれからも出し続ける自信があるなら、法人成りして、会社の物にしたほうがよさそうです。

> 建物を法人名義にして減価償却をした方が節税面でもいいのか

 建物を法人のものにすれば、賃料は支払えなくなります。賃料は、払った分がまるまる経費になります。経費にできる原価償却額はどれくらいなのでしょう?

 引用部が質問だとしても、賃料と減価償却額を比べないと、回答できませんね。

> 法人と賃貸借契約を結ぶ場合、個人は不動産賃貸業としての
> 届け出が税務署に必要でしょうか?

 庭に作った工場1つくらいでは、事業的規模ということはないので、税務申告さえ間違えなければ、個人の側には届け出はいらないと思います。もちろん、賃貸に宅建免許は不要です。

 新たに賃料を支払うことになる法人に、支払った額などを税務署に知らせる「支払調書」の提出義務が生じるカモしれません。年末に税務署にお尋ねください。

> 減価償却は現状のまま個人の所得から控除できるのでしょうか?

 法人の物にしなければ、これまで同様に減価償却して、減価償却費は個人の「収入」から控除できます。家賃収入から減価償却費など経費を引いた残りが、不動産所得になります。

 法人の所有物になれば、法人のほうで減価償却することになるので、質問者さん個人は減価償却できなくなります。

投稿日時 - 2017-10-24 03:38:18

あなたにオススメの質問