こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

日本株が上がると円安になる理由

円安になるから日本株が上がるとも言えると思いますが、どちらでも構いません。
まず、円安と株高の相関係数は0,88と言われており、非常に関係が高いです。
そして、日本株を買う人の割合は外国人投資家が6割といわれています。
まず、普通に考えます。
日本人が日本株を買えば為替は関係ありません。外国人が買う時に初めて為替はへ変動すると思います。例えばドル→円に替えて(円高)日本株を買う(株高)。
これが普通に浮かぶ流れです。
しかし、実際は円安の時に株高になっています。
これが分かりません。
為替と株高の変動はどちらが先は分かりませんが、とにかく外国人が株を買う(株を売る)には円を買う(円を売る)ので、どう考えても円高株高(円安株安)だろうと思ってしまいます。
よく、外国人投資家はヘッジの為の両建てという話がありますが、それだと為替は相殺されて変化しないはずです。
一体どういう理由で、真逆の現象が起きているのでしょうか?
必ず、為替が変動する現象とセットで株高(株安)の現象をご説明して頂だければと思います。
よろしくお願い致しますm(_ _)m

投稿日時 - 2017-10-18 02:37:42

QNo.9387052

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

●日本株が上がると円安になる理由

★回答

本来 円安になるから日本株が上がる というのがほんとだ

日本は資源大国ではない 労働大国 多くの日本の主力企業は・・・・同じ構造グループに属する
日本企業は おもに資源産業ではない
輸入した素材に加工 付加価値をつけ 商売してるのが 多い
国民の労働力 創意工夫 技術 サービスで 食ってる
海外に出て行かないかぎり 円安のほうが儲かる
海外で儲けた金は 日本国内に還流するとき本社で儲かる

かりに 付加価値10パーセントなら ざっくり言って

100円で輸入 付加価値×1.1  110円で売る 10円分利益

円安10パーで
110円で輸入 110円×1.1=121円  21円分利益 11円分おとくでしょ


てなわけで 利益増えれば 事前に 想定して 株は動く
株は 価格予想のゲーム
みな すべての知識を 総動員して 当てるように 投資家は売買に動く
おもに6ヶ月先行性があると・・・・・言われる
どだいそれも 短期予想の知ったら しまい手仕舞いが多い
実際は 各企業 為替予約もしてるし 現地調達 現地生産もある
よって長く為替レートが変わったままでないど 企業業績に 強い影響はない!

★しかし価格変動に 現物以外の  投機分  先物 借金 ゼロサム分の 価格上下動がのってくる

この部分が 225先物 FX連動のぶぶんよ! ゼロサムゲーム ヘッジ分など

ようするに多数の指標 225 を含め  総合的に見て
より超短期で 売買を繰り返し さやとりをする
それを マシーンプログラムで 自動でやってるわけ
FXと先物のほうが動きは早いのだ・・・・・・借金 レバレッジだからよ チキン投機だから
部分的に 株の価格みて 動くことになってるだけ
レバレッジは びびりの根源 だれも倒産したくはねーよ 高速損切り 反対売買
だれも プロはクビになりたくねーよ
だれも プロは 個人みたいに 1年以上~寝てて様子見はできねーよ クビになる

個人はリーマンみたいな混乱待ちでもOKよ! お茶でもすすりながら
何年でも現金ながめれてばいいだけ!
そのうち にんまり笑いがくる仕組み

これが仕組み!

●円安と株高の相関係数は0,88と言われており、非常に関係が高いです

★回答

相関係数 で 経済を考えるのは 危険よ・・・・・ほんとはまちがえ


波形の相関は 確率 や信号理論で すべて考えられない
どだい 作為的に作られた信号に この計算はきかないと見るべき!!


電気信号など 電子の流れ のように ランダムに動く物理現象 信号ではないからよ!

自己相関関数  フーリエ変換などで 分析できないのと 同じ仕組み

電気信号など物理現象 ならOKよ 信号理論として 工学的手法として確立してる!

投稿日時 - 2017-10-18 19:27:22

ANo.1

その公式が常に当てはまるのではなく、バブル崩壊は円安で始まりました。
今の状況では、円安によって日本株高の傾向が強いというだけです。
理由付けは色々ありますが、円安によって輸出企業のバランスシートが改善する事も大きな要因のようです。トヨタは1円の円安で、、えっと1千億だか1兆円だか利益が上がるそうです。海外生産比率の高い企業はそこまででもないでしょうが、やはり海外の利益を日本へ持ち込む際には円安が非常に有利になります。
片や、輸入企業は円安で大打撃を受けるのですが、国内不景気、つまりどっちにしても売れない、売上高が少ない、影響も少ない、という図式になっているようです。ですから、個別銘柄を見ていくと、内需関連は不調で、輸出関連に重点が移っていると思います。プラマイでプラスに傾いているだけですね。
もちろん、他にも色々要因はあると思います。
もちろん、いつまでこの傾向が続くかは何とも言えません。永久ではない事は言えますが。
円安が先か、株高が先か、という問題はどっちでもよくはないのです。それによって要因の解釈が全く違ってきます。

投稿日時 - 2017-10-18 08:06:21

あなたにオススメの質問