こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

電波塔の影響について

電磁波が悪影響とよくネットで見ますが、恥ずかしながら基本がよく分かっていないので教えていただきたいです。
・大阪市内に住んでいます。近く(500m)くらいの所に鉄塔があり、それが電波塔のようです。たぶん携帯の電波塔だろうという事ですが、このような鉄塔の電波塔からは、400~500mほど離れたらあまり影響はないくらいの大きさになるのでしょうか?距離の二乗とよくネットで見ますが、元々の電波塔からの大きさが分からないのでお伺いしたいです。
・周辺にはビル(オフィス・マンション)も多く、よく屋上に携帯アンテナを見かけます。うちのマンション隣にもPHSのアンテナだったり、反対側の隣には携帯アンテナがビルの屋上にあります。
これは普通の光景なのでしょうか?中心部の梅田だったり難波でもこういった携帯アンテナはビル屋上にあるのでしょうか?
・近くにテレビ局もあります。テレビ局からも電波がでていると聞きました。鉄塔の電波塔・テレビ局ではどちらの方が大きい電波が出ているのでしょうか?
・実際に、大阪市内(区内)の中でも電波の大きさの違いはけっこうあるのでしょうか?鉄塔の隣となるともちろん影響は大きいと思いますが、ビルの上に電波塔などもたくさんありますし、果たして鉄塔から離れても回りは電磁波だらけなのでは?と思ってしまいます。

素人すぎて、何を言いたいのか分からない質問もあるかと思いますが、お分かりになる範囲で教えていただきたいです。

投稿日時 - 2017-09-28 16:18:03

QNo.9379735

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>近く(500m)くらいの所に鉄塔があり
近くありません、この上もなく、とつくくらい遠いです。
>距離の二乗とよく
電磁波の基本的な性質として、出力は「発生源からの距離の2乗に『反比例』」します。
100m以内ならば25倍、10m以内ならば2500倍です。
500m「も」離れてて影響があるならそれよりもっと近いほうが問題が起きています。

>これは普通の光景なのでしょうか?
普通の光景です。
大体において、気にされているような中継施設『から』の電磁波の強さは全く問題ないとされています。
http://www.who.int/peh-emf/publications/facts/bs_fs_304_japaneseV2.pdf
なぜならば、仮に数十m以内にあるアンテナから電磁波が出ても、
手元で使う携帯電話の「通信のための」電磁波のほうがはるかに強いからです。

>・近くにテレビ局もあります。テレビ局からも電波がでていると聞きました。
放送施設かどうかによりますが、普通テレビ局から出るようなものは非常に微弱です。
といっても携帯などのものよりははるかに高出力ですが、大型施設でせいぜい数キロワット程度です。
それでも、出力としては確かに高いほうなので、稼働中は「半径1m」以内の立ち入り制限が定められています。
なお、携帯基地局などの出力はせいぜい数十ワットです。

>果たして鉄塔から離れても回りは電磁波だらけなのでは?と思ってしまいます。
質問者様の年齢にもよりますが、はるか昔から自然由来の電磁波はあたりにいくらでもありますし、
近年でもラジオ波などの電磁波もいくらでもあります。

>鉄塔の隣となるともちろん影響は大きいと思いますが、
と書かれていますが、そもそも「影響がある『可能性がある』」強さの100分の1がそうしたものの規制値で、大体はその規制値の1/10にも届いていないような強さです。

大体において、こうした質問者様が心配されるような内容は、もうかなり昔に置く最適な調査の結果などを踏まえて、
かなり厳しい値で規制を行っています。
まれにスウェーデンなどと比較されますが、
世界1位と2位の規制の厳しい国(3位とは規制値が約10倍差)という、極端なものをもっての比較です。

http://www.emfs.info/limits/world/
こちらのSummary of exposures limits in countries worldwideに収められている表を見ますと、日本はQuantitative limits markedly lower than ICNIRP、
つまりICNIRP(国際非電離放射線防護委員会)の基準値よりも厳格に規制が行われているということがわかります。

投稿日時 - 2017-09-29 20:19:01

お礼

ありがとうございました!

投稿日時 - 2017-10-23 00:18:41

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.5

影響は、ほぼありません。

距離の二乗というのは、強くなるのではありません。
距離の二乗に反比例します。

つまり、離れるに従って劇的に影響はなくなります。

そもそも携帯電話の基地局なんて10W程度しか電波の出力はありません。
携帯電話が2W程度です。


携帯電話の送信機の高さは25m程度です。
距離の二乗に反比例するわけですから、考えてみてください。

あなたの携帯電話から1m離れたものよりも、アンテナの下側は、影響を受けないのです。
つまり、セカンドバックなどに入れている携帯電話の方が、携帯電話の基地局より、ずっと強い電磁波の影響を受けることになるわけです。

で、ここで結構理解が間違えている方も多いのですが、
自分の携帯電話は、いつも使ってないんだから、比較にならないでしょ!と思われると思います。

でも、携帯電話というのは、通話していなくても、定期的に基地局と通信をしていますのでその時に電波を勝手に発射しているんです。
つまり、基地局なんかより、ずっとあなたの携帯電話やスマホの方が影響が強いということなんです。

TV局などの送信所は、携帯電話の基地局より大きな電波を出していますが、実はアナログ放送の頃よっり出力は弱くなっています。
あ、高さの規制なども携帯電話より厳しく、高い位置に設置されているなどの対策が取られています。
なので、現実的にあなたが持っているスマホや携帯電話よりよほど良い状態になっています。

その手の電磁波が危険だと思われるのであれば一番先にやるべきことは、スマホや携帯電話を持たない。ということになります。

投稿日時 - 2017-09-28 17:23:08

お礼

ありがとうございました!

投稿日時 - 2017-10-25 00:28:43

100mのところに住んでいます。何ら障害ありません。ただ、電波塔と言ってもそれほど高くありませんが。80mぐらいの高さかな。パラポラアンテナが張り巡らしてあります。
かえって感度がいいくらいだ。こちらは20階のマンションです。

投稿日時 - 2017-09-28 17:12:10

お礼

ありがとうございました!

投稿日時 - 2017-10-25 00:28:51

ANo.3

まったく影響ありません。
影響のあるようなものは建築許可が出ません。
テレビやラジオの電波は強くないと遠くまで飛びませんが、だから鉄塔を高くしています。
都市伝説ですね。

投稿日時 - 2017-09-28 16:55:18

お礼

ありがとうございました!

投稿日時 - 2017-10-25 00:29:00

ANo.2

携帯電話の基地局は余り強い電波を出していません。
基地局からの電波が電話機に届いたとしても、電話機からの電波が届かなければ通話が成立しませんので、携帯電話より少し強い程度の電波になります。
それを沢山設置する事でくまなく電波が届くようにしていますので、あっちこっちに基地局が乱立してます。(しかも3社がそれぞれに設置するから)
携帯電話に関しては、周りに電話機を持っている人が沢山いるので電磁波はそこらじゅうに溢れています。

テレビ局やラジオ局は局舎から電波を発している事は滅多にありません。
放送波は見晴らしのいい所に送信所を作って送信しています。
また、各テレビ局がバラバラに送信所を設置すると、各家庭のアンテナが複数ないと全局受信できなくなってしまいますので、共同で1箇所にまとめています。
テレビの電波は比較的出力が強いので、送信所に近いほど電磁波は強いでしょうね。

でも電波以上に高圧送電線の傍の方が電磁波が強いと言っている人もいますよ。

あと、テレビや携帯電話の無線通信の電波だけが電磁波ではなく、厳密に言えば光も電磁波の一種ですから、天気のいい日は電磁波だらけです。

投稿日時 - 2017-09-28 16:42:45

お礼

ありがとうございました!

投稿日時 - 2017-10-25 00:29:12

ANo.1

難しいところですが、一応、世界中の技術者や国が、自国の人間に悪影響が出ないように影響範囲や問題が起きないやりかたを研究し、その結果をうけて、街の中やあちこちにアンテナなどを作っていますので、「基本的には」あまり心配することはないと思います。

ただ、やはり人間相手なのでいろんなものの影響を受けることに対して個人差はありますので、心配だ、不安だと思われるのであれば

・避ける
・きっちり勉強して対応を検討する

のいずれかをなさるしかないかと。

ちなみに電波(電磁波)は、強さや波の勢い(周波数)によって特徴があり、強い電磁波や特殊な電磁波は人体や生き物に影響を与えます。たとえば電子レンジが食べ物を温めるのも電磁波の仕組みですが、電子レンジは、周囲にその電磁波が漏れないように処置されていたりします(だから、素人が分解などしないように、と説明書に強く書いてあります)。また、携帯電話やテレビも電波で情報をやりとりしており、個人のスマートフォンは受信もすれば、みずから電波を発信もします。でも、人間に影響を与えるほどの強さではないので、みんな無事でいますよね。というわけで、我々の周囲は電磁波に満ち溢れています。

それをすべて避けることは不可能ですので、「なかには危険なものもある」ということと、できればどういうものが「一般的に危険とされているか」を調べられれば良いかと思います。極端な例だと、核兵器の爆発や原子力発電所の事故で発生する「放射線」も電磁波です。これだって、短期間に大量に浴びれば死んだり病気になりますが、生き物の身体はある程度耐えられるようにできています。

一応、総務省が比較的分かりやすく情報をまとめていますのでリンクを貼っておきます。携帯電話のアンテナは、比較的「方向を定めて」電波を飛ばすようなので、わざわざ鉄塔やビルの屋上に上がって正面に立ったりしない限りは問題ないと思います。
また、マンションなどの屋上にアンテナが立つのもよくあります。うちのマンションもKDDIから設置しませんか?と案内が来たことありました(その代りに月額いくら、で場所代を払うというものでした)。やはり電波が不安という住民と、そもそも1トン、2トンという重さのものを屋上に乗せることが大丈夫かどうかわからなかったので管理組合が断りましたが……。そういうわけで、携帯電話ネットワークを広げるためにあちこちアンテナ設置は進めているようですよ。

参考になれば。

参考URL:http://www.soumu.go.jp/soutsu/tokai/denpa/jintai/

投稿日時 - 2017-09-28 16:38:54

お礼

ありがとうございました!

投稿日時 - 2017-10-25 00:29:24

あなたにオススメの質問